結婚式お呼ばれの服装のマナー アクセサリーや靴もマナーはあるの?

結婚式のお呼ばれって初めての方にとっては右も左も判らず、
何を着ていったらいいの?
靴やアクセサリーはどんなのがいいの?
と悩みは尽きませんよね。
とにかく普段とは違い、少しゴージャスな感じ?にしていったらいいのは判るけどマナーってどうなってるの?

知らないと恥をかいてしまう事もある結婚式の服装のマナー。
しっかりと確認して恥ずかしい思いをしないようにしましょうね。

スポンサードリンク

 結婚式にお呼ばれした時の服装のマナーって? 

初めて結婚式に招かれると何を着ていったらいいのか迷ってしまいますよね。

披露宴にお招きいただいた場合は、フォーマルな格好をして行くのがマナーです。

結婚式用に新しい洋服を購入を考えているのであれば、フォーマルな衣装を売っている所で購入するのがおすすめです。

店員さんも心得ていてマナーに詳しい場合があります。
どんなものがいいでしょうか?と相談してみるのも一つの方法です。

しかし、中にはマナーに反しているものでも
”最近は皆さんいろんな格好で出席されていますからどんなものでも大丈夫ですよ”
とマナー違反のものを大丈夫と思って進めていたり、
マナー違反と知っていても
”利益優先で売ってしまえ!”
という店員さんもいないとは限りません。

そんな方に惑わされずにマナー違反にならないものを選ぶようにしないといけません。

 結婚式のゲストの衣装は派手過ぎないないのが基本! 

あくまでも主役は新婦であってゲストではありません。

多少派手にした所でウェディングドレス姿の新婦より目立つはずはないのですが、新婦よりも目立たない衣装にするのは基本中の基本です。

華やかさは大事ですが、華美なものは避けるのがいいです。

シンプルなデザインながらも華やかさがあるものを選ぶようにしましょう。

 結婚式のゲストの衣装は色にも注意! 

  •  結婚式のゲストの衣装は白系はNGですよ
  • 白は花嫁さんの色なのでゲストは避ける
    というのは当たり前のように言われていますよね。

    しかし、実際にゲストの方の衣装を見ると、ちらほらと白の衣装を着て出席している姿が見受けられます。

    白だけではなくオフホワイトもマナー違反とされています。

    その他には

    うすい色で遠目には白に見えてしまうようなもの
    写真に写すと白く写るもの

    なども避けるのがマナーです。

  •  披露宴のゲストの衣装は黒も避けましょう
  • フォーマルな感じで!と言われると黒ならいいかな?と思いがちですが、黒ってお葬式のイメージありませんか?

    せっかくの結婚式なので華やかさを出すためにも黒は避けましょう。

  •  結婚式のゲストの衣装は2色使いもNGですよ
  • バイカラーと呼ばれれる色が2色に分かれているものもマナー違反とされています。

    上部分と下の部分で色が違っていたり、ワンピースではなくツーピースになっていたり見えたりするものなども駄目です。

    上半身が白でスカート部分が色が付いているものなどの場合、
    真っ白じゃないし大丈夫
    などと考える場合があるようです。

    しかし、着席している時は白しか見えないので真っ白を着ていると思われてしまう事もあります。

    バイカラーに関してはいろんな意見があります。

    2色使いであっても半々にくっきり分かれているものではない場合や、白と黒の2色使いなどでなければ許容範囲内だと考える場合があります。

    気になるようであれば出来るだけ単色使いのものを選ぶようにしましょう。

     結婚式のお呼ばれにミニは駄目ですよ 

    結婚式のドレスコードの一つとしてスカートの裾丈があります。

    一般的には膝が隠れるものだと問題無しとされています。

    若い方だと足も長いし細くて奇麗な方が多いので見せたいのはやまやまですが、フォーマルな場にはそぐわないのでさけるようにしましょう。

     結婚式が昼か夜かでも違うドレスコード 

    日中に行われる式はできるだけ露出を少なくして透け感のある素材は避けるようにします。
    逆に夜に行われる式は露出感があっても問題ありません。

    ただしタイトなものや露出が多過ぎるものやセクシー感があるものはおすすめできません。

    ここはどこ?キャバクラ?と勘違いされるようなドレスは避ける様にしましょう。

 結婚式 の呼ばれはアクセサリーにもマナーはあるの?

アクセサリーは付けるものによってイメージが変わってきますよね。
それぞれ確認していきましょう、

  • 結婚式のネックレスのマナーは?
  • フォーマルな場に一番ふさわしのはパールと言われています。

    パールは一連のものは、お葬式のイメージがあるので心配、、、
    という声もありますが、仏事、慶事 どちらでも問題なく使えるものです。

    2連、3連になっているものも、慶事用なので問題はありません。

    ちょっと派手かな?というものは避けるといいです。

    二連や三連のものは、重婚をイメージさせるという考えもあるので、
    気になる方は避けるといいでしょう。

    ストーンが着いたアクセサリーはお昼の披露宴であればあまり光らないもので、夜の披露宴であれば光るものでも問題ないとされています。

    着物を着る場合、ネックレスは合わないですし、擦れる事もあるので外すのがいいでしょう。

  • 結婚式にピアスはいいの?
  • ピアスはじゃらじゃらしたものでなければしても問題ありません。
    揺れるものなどは結婚生活が安定しないという事でNGです。

  • 結婚式に時計やブレスレットは?
  • ブレスレットや時計は食器にぶつかったり、時間を気にするのは失礼にあたるという事で付けないのがマナーとされています。

  • 結婚式にヘアーアクセサリーは?
  • ヘアーアクセサリーは基本的には付けない方がいいのでは?という意見が多いです。

    ショートの場合は付ける必要はないですし、アップする場合はアップにするだけでとくに寂しい感じでは無い筈なので、変にアクセサリーを付けるよりは、ピアスなどでカバーした方がすっとスマートな感じがします。

    着物などの場合はワンポイント的にパールなどの髪飾りをつけてピアスはしない方がいいです。

    髪飾りは付けたら駄目というマナーはないですが、花を付けるのは花嫁さんだけなので止めたほうがいいとか、カチューシャやシュシュは普段使いなのでNGという意見もあります。

    フォーマルな場なので普段使いに見えないようなアクセサリーを選ぶようにしてみましょう。

  • 結婚式の指輪のマナーは?
  • 指輪も厳密なマナーはありません、
    派手過ぎるものは避け、日中はあまり光らないもの、夜は光るものつけ、揺れるデザインのものは避けるようにしましょう。

    婚約指輪などは付けていっても問題はありません。

スポンサードリンク

結婚式のお呼ばれは靴にもマナーはあるの?

靴に関してはパンプスやハイヒールを履くが基本です。

サンダルやミュールなどはNGでつま先が見えるデザインも駄目です。
かかとは見えても問題ありません。

ブーツも場にそぐわない為NGです。

アニマル柄や皮の素材のものも避けるのがマナーとされています。

男性の場合はほとんど革靴なので、蛇柄やヒョウ柄など皮とわかるものでなければ問題ないでしょう。

ストッキングは必須で肌の色に近いものを選ぶのがマナーです。
タイツや網模様のものや柄物などは選ばないようにしましょう。

まとめ

結婚式に呼ばれた時の服装は白い服は駄目というのを知らない方は多いです。
洋服やアクセサリーは新婦とかぶらないように、派手過ぎないように気を配るといいでしょう。
人によっても考え方や感じ方が違う場合があります。
このくらいは許容範囲?とされる場合もあります
カジュアル過ぎず派手すぎないものを選ぶのがポイントです。
洋服と同じで靴もフォーマルば場に合うものを選ぶようにしなければなりません。
清楚で上品な感じに見えるよう身支度を整えて結婚式を楽しみましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする