結婚式お呼ばれの靴妊婦はヒールなしでもいい?高さはどの位まで?

結婚式で女性はだいたい3センチくらいのヒールを履きますよね。

でも妊婦さんだったらどうでしょう?

結婚式だからヒールのあるものがフォーマルでいいのは分かる。
オシャレしたいからヒールのあるのを履きたい!

でも、つまずいて胎児にもしものことがあったらどうしよう。
って心配になりますよね。

妊婦さんは低いヒールでもいいのでしょうか?

そんなお悩みを解決します

スポンサードリンク

結婚式のお呼ばれの靴 妊婦はどんなのがいい?

結婚式ではヒールのある靴を履くのが一般的です。

ですが、妊婦さんは

転んだら危険

という心配があるので、無理をしてヒールのある靴を履かなくても大丈夫です!

もちろんフォーマルな場なので、カジュアル感のある靴はNGです。

安全性
履きやすさ

などを重視して選ぶといいでしょう。

大切な体を気遣い安全な靴を選びましょう。

やはり フォーマル感を出す為には多少の高さがあるものを選ぶ感じになってしまう場合もあります

多少の高さのヒールあれば、あまり負担にならないと感じるのであれば
ヒールのあるものを選んでもいいですが、慣れていない場合はやめておいた方がいいです。

披露宴会場は階段がある場合が多いですよね。

狭くて急な階段があることろなどもあります。

ヒールのある靴を履く場合は、

くれぐれも転倒には注意する
披露宴の時間以外はヒールのないものにする
階段は手すりにつかまりゆっくり

など慎重に行動するようにするといいでしょう。

結婚式の靴 妊婦はヒールなしでもOK? 

妊婦さんであれば、フラットのぺったんこ靴でも大丈夫です。

妊娠中は転倒による事故をふせぐために高いヒールは裂けた方がいいです。

ペタンコパンプスやヒールが低くて安全性の高い靴を履きましょう。

妊娠初期などでお腹が目立たない場合などは

マナー違反では?

と感じる出席者もいるかもしれませんが、
あまり気にしなくて大丈夫です。

表立って言われるようなことがあれば、

妊婦なのでヒールのあるくツ履けません

と伝えるといいでしょう。

ヒールのない靴はどうしても単調になりがちなのでヒールがない分デザインや素材にこだわってみるといいです。

結婚式のマナーはつま先を覆ったパンプスが基本です。

蛇柄やトカゲ柄などは「殺生」を意味するので履いてはだめです。

ヒールがなくてもサテンのようなタイプのパンプスを選んでコーディネートしてみましょう。

手持ちのペタンコパンプスじゃ地味すぎるという人は靴に着けられるキラキラのビジューやリボンが売っているのでそれを付けても大丈夫です。

リボンがついていたり、すこし派手目でも大丈夫です。


スポンサードリンク

結婚式のお呼ばれ 妊婦の靴のヒールの高さはどのくらいまでOK?

妊婦さんであればヒールが高いものはおすすめできません。

高くても3センチ程度までのヒールがいいのではないでしょうか。

もちろんピンヒールではなく、安定感のある太いヒールやウェッジソールのものがおすすめです。

安定性のある靴を選ぶようにしてみましょう。

あまり高いヒールのものを履くと浮腫んでしまうという事も考えられます、

ヒールのあるものを履くと浮腫む場合もあるので、
浮腫み防止のストッキングなどで対策をしてみるといいですよ。


まとめ

結婚式で履く靴はヒールのあるものがマナーとされていますが、妊婦さんの場合であれば、ヒールのないものでも問題ありません。

フラットな靴だと単調になりがちなので、上手にコーディネートしてフォーマル感を出してみましょう。

歩きやすい靴も必要ですが自分の体も大切にしてくださいね。

スポンサードリンク

コメント