結婚式お呼ばれの靴オープントゥはダメ?ヒールの高さは?履き替えは?

結婚式にお呼ばれしたときはどんな靴が失礼にならないのか?
って悩みますよね。

フォーマルな靴だとなんでもいいの?と思いがちですが、オープントゥのものはだめなのでしょうか?

ヒールの高さや履き替えはどこでするのでしょう?

そんなお悩みを解決します!

スポンサードリンク

結婚式 お呼ばれの靴 オープントゥはダメなの?

フォーマルの場では

「足の指を見せない」(つま先が出てる=妻が出るというこじつけのため)

というマナーがあり、つま先部分が開いているサンダルやミュールといった靴はだめです。

本狙いはフォーマル靴であるパンプスですがつま先の開いている「オープントゥのパンプス」は避けるようにしましょう。

カジュアルな結婚式や二次会から参加する場合やカジュアルウエディングの場合は大丈夫です。

ただし、人生経験豊富な新郎新婦の関係者がいる場合、

「なんて非常識な人だろうと思われるかもしれません。

基本的には一般的な「つま先」や「かかと」が隠れるパンプスがいいでしょう。

結婚式 お呼ばれの靴 ヒールの高さに決まりはある? 

結婚式にはどれくらいの高さのヒールがふさわしいのでしょう?

オススメなのは「3センチ以上」のヒールです。

それ以上低いヒールのパンプスだとカジュアルなイメージになってしまい、フォーマルな場である結婚式にはむいていません。

それにあまりに低いパンプスだとせっかくのドレスにはみすマッチですよね。

フォーマルなワンピースには高めのヒールがぴったりです。

高めのヒールだと足が長い全体のバランスも整うといううれしい効果が!

スタイルアップを狙うなら5センチから10センチほどの少し高めのヒールをチェイスしましょう。

何回か従姉妹の結婚式に出席したことはありますが、ローヒールのパンプスだった気がします。

私がよくこけるため、母が選んだのがローヒールのものでした。

あまり、パンプスを普段履かない方が履くと、猫背になったり足を引きずって歩いたりするいことになります。

高めといっても自分がきれいに歩ける、転ばずに歩ける高さのヒールを選びましょう。

太さは高いヒールだと太さが安定するし、歩きやすいです。

実は結婚式では太いヒールは避けた方がいいです。

太い靴はどうしても周りをカジュアルな雰囲気になり、フォーマルな場にはありません。

厚底デザインの「ウェッジソール」のパンプスが無難です。

結婚式用のパンプスは細めのヒールを選ぶとエレガントで女性らしいですよね。

「1つくらいは結婚式用のパンプス買おうかな」

という方は

  • 飾りのない黒色 
  • ヒールの高さは3センチから5センチ程度
  • ヒールの幅は普通のもの

というものを選んでみてください。

これなら慶弔両方に使えるので便利です。


スポンサードリンク

結婚式 お呼ばれの靴 履き替えのタイミングは? 

足が痛くなってしまったり、天気が悪くて汚れるのを防ぐのもは履き替える用の靴をもっていくことがありますよね。

ここで気になるのは靴を履き替えるタイミングです。

結論から言うと一番スマートなのは

式場についてから化粧室にいって靴を履き替える

ことです。

挙式が始まる前に女性は絶対に化粧室にはいくと思うのでここでさっと履き替えるのがベストです。

でも、実際にはほかの場所で履き替える場合もあります。

私の従姉妹が結婚したとき遠方から来たので挙式のホテルで1泊し、そこで挙式した後着替え室みたいなところでドレスを
脱ぎ、普段着に着替えて帰りました。

普通の土日だったので結構強行スケジュールでした。

結婚式場には基本的には荷物を預けるクロークという場所があります。

式場や披露宴会場にはパーティーバックでいくのがマナーなので

履き替える用の靴もこのクロークなどと一緒に預けてください。

ということはクロークに預ける前に靴を履きかえるのがベストですね。

化粧室で靴を履き替える

クロークに荷物を預ける

受付をする、または式まで待機

こんな感じの流れになります。

また、挙式前はクロークがない場合もあるので履き替える靴を入れるバッグは、きちんとしたものに入れていくようにしてくださいね。

履き替えるのを見られるのはあまりいいことではありませんが意外とロビーでさっと空き替えてしまう人もいます。


まとめ

さきほど思い出したのですが従姉妹の結婚式に出たとき、たしかぺったんこ靴でミュールだったような気がします。

母が選んでくれたのですがまだパソコンも普及してない時代だったのと私がそういう知識がなかったこともあり、そのまま参列してしまいました。

今度からはそのようなことがないようにしたいと思います。

靴を履き替える必要があるときは、タイミングも大切ですが何より時間に余裕を持ってください。

服装も慣れていない恰好なので、万が一のことがあってもあせらず行動できるように気を付けてください。

スポンサードリンク

コメント