結婚式の二次会のマナー行く?行かない?から服装や持ち物まで!

結婚式の二次会は

行こうか行くまいか、、、
服装はどんなものなの?

そんなお悩みから

幹事や受付をお願いされたりして、

なにやるんだっけ?

というお悩みまで様々ありますね。

こちらで確認しておきましょう!

スポンサードリンク

二次会の出欠

二次会の出欠のマナー

二次会の出欠って意外に迷う事もあります。

出席するメンバーに友人がいなかったりすると特に迷いますよね。

一人でくることは分かっているので、新郎新婦も気を使ってくれる可能性は大です。

都合が悪くない限りは出席して盛り上げてあげましょう!

披露宴はできる限り断らないのがマナーと言われていますが二次会は披露宴と違って、お断りするのはマナー違反という事もないです。

どうしても気が進まない場合はお断るする事も考えてみましょう。

二次会を欠席する時のマナーは?

どうしても欠席する場合は、出欠確認の事を考えると迅速に返事をするのがマナーです。

お祝いは事前にお渡しするようにします。

電報などを送ってあげると喜ばれるので、事前に手配しておきましょう。

 

<関連記事>

結婚式の二次会のみ欠席は失礼なの?返事はメールでもいい? 文章は?

 

二次会の服装

二次会の服装ってマナーはあるの?

二次会の服装は、披露宴の服装よりもフォーマル度が緩くてもOKと言われています。

二次会から出席される場合は、

どこで開催されるのか
二次会からの流れで来る人がどの位いるのか

などを考慮して服装を決めてみましょう。

二次会の服装 披露宴からの出席だと着替える?

披露宴からの流れで出席する場合はそのまま着替えずに出席する方も多いです。

ですが、

二次会からの出席者が多い
会場が居酒屋などのラフな感じの所
二次会までに時間がある

などの場合は、着替えて出席するという場合もあります。

二次会からの出席者がほとんどなどの場合はフォーマル度が高くない服装で出席する方が多い可能性もあるので、その場は着替えるといいですね。

 

<関連記事>

結婚式二次会の服装は?カジュアルはダメ?披露宴と服装は変えるの?

 

持ち物

スポンサードリンク

二次会の持ち物はコンパクトに!

二次会に出席するときに

なにを持っていったらいいの? と悩みますよね。

基本的には、会費だけあればOK

持ち物は少なくコンパクトにしてスマートな形での出席を目指しましょう!

二次会の持ち物って?

必要な持ち物のメインは

会費
招待状
ハンカチ
ティッシュ
カメラ

などです。

帰りは持ち物が多くなるかもしれないので、サブバックなどがあると便利ですね。

 

<関連記事>

結婚式の二次会持ち物はこれ!あれば便利な物は多いけどコンパクトに!

幹事

幹事をお願いされることも

二次会は、友人などが幹事を務める事も多いですね。

二次会の幹事をお願いされたら、快く引き受けてあげましょう。

二次会の内容を決めたり、会場の手配をしたり、買い出しをしたりなどの役目があります。

新郎新婦の意向を聞きながら進めていきましょう。

幹事の仕事は?

幹事は、

打ち合わせ
買い出し

などを行う事が多いです。

時間を取られることも多いですが、

お互いにお願いし合う

などすれば、自分の時も頼みやすいですね。

 

<関連記事>

結婚式の二次会幹事は何するの?打ち合わせはする?内容は誰が決める?

 

受付

受付をお願いされることも!

二次会に出席すると、受付を頼まれる事があります。

受付を頼まれると、

幹事などと打ち合わせするケースもあれば、当日などに幹事に説明だけ受けて行う場合もあります。

受付は何をする?

二次会の受付は、会場で出欠の確認や会費の回収などを行います。

出欠を確認して、会費を「お預かりします」とか「ありがとうございます」と受け取り、座席などが決まっている場合は座席を案内するなどしましょう。

人数チェックと会費の収支が終わったらお仕事は終了です。

受付をするだけなので、二次会が始まるまでのお仕事なので、あとはみんなと一緒に二次会を楽しみましょう。

 

<関連記事>

結婚式の二次会受付の仕事って?打ち合わせはある?準備するものは?

まとめ

 

基本的には、結婚式のマナーとあまり変わらない二次会

ドレスコードなどはやや緩めと考えてもOKですが、それ以外はあまり変わらないと考えていいでしょう。

友人などが中心になって行うものなので、気兼ねなく参加して新郎新婦を盛り上げてあげてくださいね!

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました