子供の結婚親がすることは知ってる?毒親と言われないマナーはこれ!

子供の結婚が決まると、親としての対応を求められますね。

結婚するのは子供だから自主性に任せて、、、

と言っても親としてやらなければいけない事も出てきます。

親は何をしたらいいのか確認したり、どんな所に気を付けるのかなどの心構えはしておきましょう!

スポンサードリンク

子供の結婚への親の口出し


子供の結婚に親はどこまで口出しする?

子供が結婚の準備を始めると、親としてもうちょっとこうしたら?
それはちょっと、、、と口出しをしたくなってしまう事もしばしば。

子供の結婚 親の役割は?

親としての子供の結婚へのかかわり方はとにかく見守り、様子を見る
いつでも助けるよと伝えておき、助けを求められたら助けるというスタンスを心掛けるというのがいいです。自分達でやろうとしていることに対して口だ出しするのは嫌われる元になります。「若い人と自分では感覚が違う」という事を念頭に置いておきましょう。その上で、間違っている場合は、正しい方向に向くようにサポートしてあげるというスタンスがベスト。

<関連記事>

親のご祝儀

子供の結婚に親はご祝儀っているの?

親が子供の結婚に対してご祝儀を渡すかどうかは結婚式へのかかわり方で大きく変わってきます。披露宴の費用を親がすべて負担して行う場合はご祝儀は渡す必要はありません。新郎新婦が自分達で払うという場合のみご祝儀を渡すケースが多いです。

親からのご祝儀っでどうやって渡してる?


親は、子供の結婚式の日に、「受付をしてご祝儀を渡す」という事はありません。

ご祝儀は前日までの間に渡すケースが殆ど。

ご祝儀の金額や渡し方は様々あります。

高額になる事が多いので、気を使う事が多いですね。

無理せずできる範囲でお祝いの気持ちを表してあげましょう。

結婚式での親の服装

新郎新婦の親はどんな服装なの?

結婚式の親の服装は正装が基本。洋装でも和装でも問題はないですが、両家の格を合わせる事が大事。事前に打ち合わせて、バランスが取れるようにしてみるといいです。

スポンサードリンク

親の服装は正装じゃないとダメ?

新郎新婦の親の服装は基本「正装」です。結婚式のテーマやロケーションによっては正装ではなくて、略正装で出て欲しいという場合があります。新郎新婦の意向で略礼装を希望する時は略礼装でも問題はありませんが、あくまでもホスト側だという事も考えて決めるようにするといいでしょう。

<関連記事>

結婚式親の服装は?両家バラバラでもいい?費用は誰が持つの?

親族紹介

親は親族紹介を担当!

挙式の時などに親族紹介をする役目が親にはあります。厳かな雰囲気の中親族を紹介するのは緊張しますよね。

失敗しないように事前に確認しておいてくださいね。

親族紹介の順番や敬称に悩むことも

親族の紹介は目上の方から順に紹介していくのがマナーこの場合は誰が先だっけ?敬称も、こう呼んだらなんだか失礼に当たらない?

と心配になるケースも。

悩まないように事前に確認しておきましょう!

<関連記事>

披露宴での親の挨拶まわり

披露宴で親は挨拶まわりするもの?

披露宴では「ゲストの方達に親としての挨拶まわりって必須?」と悩みますよね。

基本的には、ゲストに「来てくれてありがとう」という感謝の意味を込めて挨拶に回るのは親の役目の最も重要な役目です。

是非お相手側のゲストも含めて挨拶まわりをするのがベスト!

親の挨拶まわりは順番やタイミングも重要!

挨拶まわりの基本は主賓から回る事。

大事なゲストから回るのがポイント。夫婦二人もしくは手分けしながら飲み物片手に回るのが基本形ですが、式場によっては飲み物を持って回れない所もあります。なにかの役目をしてくれる方にはお礼の言葉も忘れずに添えるようにするといいでしょう。

<関連記事>

まとめ

親として子供の結婚には関心があるものですよね。うるさく口出ししがちですが、結婚するほどの大人の二人です。

新郎新婦を尊重しながらサポートに回ってあげるとトラブルにもなりません。

親としてこなさなければいけない役目はしっかりと引き受けてあげながら、子供の結婚を楽しみ、祝福してあげてくださいね!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました