モーニングのズボンにベルトはダメ?サスペンダーは必要?色は?

新郎の父は正装して出席するのがマナーですが、正装する場合の細かいマナーって意外にわからないことが多いですよね。
モーニングのズボンには、ベルトダメなの?
サスペンダーが必要なの?
サスペンダーの色って何色なの?
そんなお悩みにお答えします!

スポンサードリンク

モーニング ズボンにベルトはダメなの? 

ズボンを履く時にベルトをするのが慣れている方の場合、

モーニングのズボンもベルトででしっかりと押さえたい!
というかたも多いですよね。

でも、

モーニングってベルトでいいの?

と悩む方も多いですよね

結論からいうと、サスペンダーを利用するのが基本なので、ベルトはいりません。

タキシードのズボンに

そもそもベルトの通し穴がついていない

という場合が多いです。

なので、必然的にサスペンダーを付けることになります。

ベルト通しがある場合でも、サスペンダーを利用した時に、ズボンをすっきりと格好良く見せるデザインになっている場合が多いので、ベルトはつけません。

そして、

また、カマーバンドをウエストのところに着ける場合も多いですよね。

カマーバンドを付ける場合、ベルトを付けてしまうと厚みがでて見た目がよくないです。

ゴロゴロしてカマーバンドが綺麗に見えない場合もあります。

なので、

フォーマルのズボンはベルトは付けない方がすっきりして見えるようになっている

ので、つける必要はありません

ズボンのサイズがあわないからベルトで締めたい、、、

という場合であっても、サスペンダーがしっかりとベルトの役割をしてくれるので、サスペンダーを利用してみましょう。

モーニングにサスペンダーは必要? 

モーニングなどのフォーマルな衣装を着る場合、

サスペンダーをするのが基本

となっているので、つけるのが望ましいです。

カマーバンドを付ける場合でも、ベルトのようにゴロゴロすることも、見た目が悪くなることもないので、つけて問題ありません。

特別な理由がない限り、サスペンダーを付けて着用するといいでしょう。

ベルトとサスペンダーを一緒の着けちゃダメ?
という声も聴きますが、

バックルが見える場合もあります。

みっともないので両方使いはやめましょう。

スポンサードリンク

結婚式でつけるサスペンダーの色に決まりはある? 

サスペンダーをつけなきゃいけないのは解ったけど、
サスペンダーの色って何色を付けるべきなの?
って悩みますよね。

モーニングの時につけるサスペンダーの色は白黒のストライプを選ぶのが基本です。

あまり見えないし、、、

とは思いますが、見える事もあるので、白黒のストライプを選ぶようにしましょう。

ちなみに

燕尾服の場合は白
タキシードの場合は黒

と決まっています。

サスペンダーには

ボタン留め
クリップ留め

の二種類があります。

着用するズボンに

サスペンダー用のボタン

が付いているか付いていないかで選び分けます。

ボタンが付いている場合は、ボタン留めがついているもので問題ありませんが、
ボタンが付いていない場合、ボタン留めのサスペンダーを用意してしまうと、利用出来なくなります。

どちらのタイプなのか事前に確認しておくといいでしょう。

確認できない場合は、クリップ留めを選ぶようにしてみましょう。

まとめ

モーニングを着用する場合、ベルトをしないのが基本です。
フォーマルな服にはサスペンダーを利用するのが基本です。
サスペンダーを利用するようにしてみましょう。

モーニングの場合のサスペンダーの色は、白黒の縞を利用するのが基本です。
燕尾服は白、モーニングは黒と決まっているので、間違えないようにしましょう。

スポンサードリンク

コメント