結婚式の準備に親は口出しする?役割ってある?打合せはいく?

子供の結婚式の準備って見ていると、
なんでそこわかんないかなあ~~
どーしてそーなってるの?
って進め方してることありますよね。

思わず口を出してしまいたくなってしまいますが
親が口出しするのってどうなの?

親の役割ってなに?

打合せって出席するの?

そんなお悩みにお答えします!

スポンサードリンク

 結婚式の準備に親は口出しするもの?   

最近は新郎新婦が自分たちだけで結婚式の準備を進めるケースも多いですよね。

親を頼りにしないで準備を進めるという事はとても関心なことですね。

でも、親からみると、

ちゃんと進んでいるの?
決め忘れていることはない?
間違った進め方してない?
失礼にあたるようなことはしていない?

など心配になって
ついつい口出しをしてしまいがちです。

でも、新郎新婦が自分たちだけで準備を進めていると、
口出しをしていいものか悩みますよね。

新郎新婦が主体になって準備を進めている場合、親が口出しをしてしまうと、

うざがられる
混乱する
準備が進まない
親子の間が険悪になる

というマイナス面のみが多く目立ちます。

自立を尊重するためにも任せたのであれば、あまり口出ししないのが得策です

これは間違ってる!

という事だけ、口出しするのではなく、
上手く正しい方向に誘導する感じでアドバイスするといいでしょう。

 結婚式の準備 親の役割って?   

新郎新婦手動で準備をしていると、

親は何をすればいいの?

と悩みますよね。

親がすることといえば、

衣装決め
両家代表のあいさつを考える

位ですよね (笑)

親の役割としては、

準備がスムーズにいくようにサポートする
必要であれば費用の援助をする
親族関係の出欠確認や引出物選び

などです。

親族は親の方が連絡が取りやすかったり、話しやすかったりする場合が多いので、担当してあげると新郎新婦の負担を軽減することができます。

どこまで手出しするのかは相談しながら決めると揉めることもないです。

しっかりとコミュニケーションをとるようにしましょうね。


スポンサードリンク

 結婚式の打合せに親はいくものなの?  

式場とのうち合わせに親がどの程度ついていくのかというのは結構悩みますよね。

ブライダルフェアーなどは新郎新婦二人で行くケースが多いですが、

式場決め
料理の試食
衣装決め

などは一緒にいって内容を確認したり、アドバイスをしたりという事は多いです。

私の家も、

最初に式場を見に行く時
衣装合わせ

などの時は一緒に行っていました。

式場と契約する時などは高額になることも多いです。

会場の下見をしながら、契約の内容を確認して、

おかしい所がないか
見落としてるところがないか
改善してほしいのに言えずにいることがないか

などをチェックしてあげるといいです。

若い子の場合

気が回らなかったり、言えずにもじもじしてしまったりすることもあります。

不利な契約内容にならないようにするためにも契約時など重要な時は同席するといいです。

ただ、

いつまでも親に頼っているのはダメだ
親離れしていないと思われるのは嫌だ

という理由で一緒に行くのを嫌がるケースもあります。

あまりにも普段から口出ししている場合は、
口出しされるのが嫌だからという理由で連れて行ってもらえないという場合もあります。

いらない!
という場合は無理についていかなくても問題はありません。

新郎新婦にお任せしておきましょう!


まとめ

親としては、子供の結婚式の準備って
どうなってるの?
と気になる部分も多いですよね。

ですが、

新郎新婦が主体になって準備を進めている場合、
本人たちに任せて、あまり口出しせず、
間違ったりしているところだけ、軌道修正してあげる感じにするといいでしょう。

どこまで手伝うのは悩むところですが、親戚たちの出席や引出物など、親が行った方がスムーズにいくようなものや、子供たちが望むものを担当してあげ、あまり余計な手出しはせず、困ったときにサポートする感じにしてあげましょう。

打合せは、自分たちが行かないと決められない所や、大事な時は出席するというスタンスでいいです。

あとは、相談しながら進めるようにしてみましょう!

スポンサードリンク

コメント