結婚式ゲストの髪型マナーやお呼ばれ用に自分で簡単ミディアムはこれ!

0a76e3e329dbaf2f5ea7bdba650f4589_s

結婚式にお呼ばれすると衣装の次に悩むのが髪型ですよね?
ゲストの髪型や髪飾りってマナーがあるのをご存知ですか?
知らなかった!では済まされないマナーがあるんです。

アップにしたいけど自分でアップにするのは難しいと思っていませんか?
簡単にできる実践編です!
参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

 結婚式でのゲストの髪型のマナーって? 

髪が長いと下ろしたままよりもセットした方がいいのかな?と思いますよね。

結婚式はフォーマルな場なので髪型はアップするのがマナーとされています。

その理由としては、

下ろしている髪が気になって髪を触ってしまう
お辞儀をする度に髪の毛が邪魔になる

そんな髪型で出席するのは良くない行為とされているからです。

頭を動かしても髪が邪魔にならない髪型で出席する事が理想的です。

ハーフアップでも屈んだ時などに垂れてこないなら問題ありませんが、
お辞儀をしたり食事をしたりする時に髪が顔の周りに垂れてきてしまい、
手で避けなければならないようであればアップにするのがベストです。

ハーフアップよりアップの方が格式が高いとされていますので、出来ればアップするようにしましょう。

 結婚式の髪型 お呼ばれでも大丈夫!自分で簡単 ミディアムでもアップに出来るのはこれ! 

ミディアムだとアップするのって難しいと思いがちですが、意外に簡単にできる方法もあります。

ミディアムでもできる簡単なアップの方法です。

片側からねじり込んでいくので不器用な方でもできますね。

普段使いでもちょっとしたお出かけ時には使える方法です
ぜひ挑戦してみましょう!

ミディアムでもOK アップでもハーフアップでも可能な方法です。

三つ編みができれば器用な方は自分で比較的簡単にできます。

ハーフアップも可能でおしゃれに見える方法ですよね。
アクセサリー次第でおしゃれ感が増します

編み込みでしっかりとしたアップ感を出したい時におすすめです。

編み込みさえできれば、あとは後ろの余った髪の毛をあげていくだけです。

ゆるふわ感が少ないので、明るめのバレッタなどで若さを演出してみるといいでしょう。

結婚式の髪型 自分では難しいからシュシュでまとめたらだめ?

不器用だし難しい髪型には出来ない、、、
だったらシュシュとかで横ポニーテールとかにしちゃおうかな?
って方いますよね。

シュシュ自体はマナー的にはNGではないです。

素材やデザインなどによっては利用しても問題ない場合もあります。

しかし、シュシュの多くは普段使いのものなので、結婚式に向くかといえばそうでもない場合が多いです

その為、

シュシュはありえない、、、
シュシュはマナー違反でしょ?

という意見が多いです。

せっかくの披露宴なので、簡単にシュシュでまとめた髪で出席するのではなく、きちんとまとめてアップにするかハーフアップにするのがおすすめです。

自分でできないようであれば美容院でセットしてもらいましょう。

スポンサードリンク

結婚式の髪型 アクセサリーにマナーはあるの? 

髪に花のアクセサリーを付けるのは花嫁さんの特権だからゲストは付けちゃ駄目だよ!とか、カチューシャやバレッタは普段使いだから結婚式には向かないのでマナー違反だよ!とか、そもそも髪にアクセサリー自体付ける事がマナー違反という意見もあります。

そんなの誰が決めたの?
聞いた事がないですけど?
好きな物を付けて大丈夫ですよ!

というプロの方もいます。

基本は

”花嫁さんより目立たない””フォーマルな場にそぐわないものは使わない”

ですよね?

パールなどはマナー違反という意見はないので安心です。

お昼の披露宴であればあまり光るような装飾がされていないものを選べば問題ないです。

パール以外でも華美にならないものでアクセント的に付けるものであれば問題ないと考えていいのではないでしょうか?

これって違反なのかなあ〜 とびくびくしながら使うのって嫌だよね〜と思う方は、いっその事髪飾りを使うのをやめてピアスなどでアクセントを付けるようにしてみるといいででしょう。

まとめ

結婚式のゲストの髪型はフルアップにするのがマナーですが、難しければハーフアップでも問題ありません。
紹介した動画を参考に自分でアップしてみませんか?
自分でアップにする自信がなければ美容師さんにお願いしましょう!
この髪飾りってマナー的にはどうなのかな?と心配なのであれば飾りはなくて大丈夫です。
飾りなしでも寂しくないようにまとめてみましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする