披露宴のヘアアレンジロングでも簡単に!ハーフアップやバレッタは駄目なの?

 

披露宴にお呼ばれするとご祝儀代やドレス代など出費がかさみますよね。

ヘアメイクまでお願いするとまたまた痛い出費に、、、。

自分で簡単にヘアアレンジしてまとめる事が出来たら素敵ですよね?

そこでロングでも自分で簡単にできるヘアアレンジをご紹介します。

参考にしてみてくださいね。

披露宴 のヘアアレンジ ロングでも簡単に!

最近の流行は何と言ってもくりんぱですね。

くるりんぱの技法と三つ編みさえできればなんとかまとめる事ができます。

くるりりんぱしたあと残った髪を三つ編みしてアップにする方法です。

 

 

ネジリとくるりんぱと編み込みを駆使して作るアレンジです。

ちょっと難しそうにも見えますが、三つ編みなどになれているとそう難しくはなく、美容院でやっ

てもらったのではないかと思ってもらえるアレンジの一つです。

 

 

アップといっても上がっていない、、、でもハーフアップのような感じに完全にむずばないとい感じでもないゆるーい感じのまとめ髪。

シンプルなドレスに合うまとめ髪です。

 

 

披露宴のヘアアレンジ  ロングのハーフアップはこんな感じで!

 

髪型のマナーとしてはロングの場合はアップするのがマナーですが、「髪が顔にかからない」、「お辞儀をした時などに髪が邪魔にならない」ようなアレンジであればハーフアップでも問題ありません。

アップは意外に地味に見える場合もありますよね。

そんな場合はハーフアップにしちゃいましょう。

ハーフアップの方法もいくつかご紹介しましょう。

くるりりんぱしたあと残った髪を三つ編みしてアップにします。

 

 

リボン結びが可愛いアレンジです。

 

 

ツインテールにするのも可愛いです。

こちらはくるりんぱを三回して根元を三つ編みでまとめるアレンジです

編み込みなど苦手な方でも簡単にアレンジできます。

 

 

ふんわり感をだしたいのであまりアップにはしたくない!

でも結婚式だしハープアップ程度にはしたい!という場合におすすめです。

こちらは主に後ろ側がアップになっているのでもう少し前側からアップするといいですね。

 

 

こちらもふんわり感を出すアレンジです。

 

スポンサードリンク

披露宴のヘアアレンジ バレッタは駄目なの?

 

結婚式でのヘアアクセサリーは「何も付けないのがマナー」とか、「パールだったらいい」など諸説あります。

カチューシャやシュシュやバレッタは普段使いのものなので「結婚式では使うものではない!」という意見もあります。

同じカチューシャやシュシュやバレッタであっても、派手なものから普段使いのものまでさまざざまありますよね。

たしかに普段使いのものであれば結婚式向きではないので、あまり好ましくありません

かといって派手なものだといいかというと、派手過ぎるものは上品さがなくなるので好ましくありません。

ヘアアクセサリーを選ぶのであれば、「大きすぎず派手すぎないもの」で「付けた時に上品に見える」ものを選ぶといいでしょう。

ヘアアレンジで紹介したものを見て頂くとわかるとおり、ヘアアレンジするだけも十分華やかになります。

無理してアクセサリーで飾り立てる必要なありません

どれがいいのか悩む場合や「これってマナー的にどうなのかな?」と迷う場合は付けない事をおすすめします。

 

スポンサードリンク

ミディアムの髪型のアレンジはこちら

 

まとめ

 

結婚式ではロングヘアの方はアップかハーフアップにして出席するのがマナーです。

ハーフアップでも、髪が邪魔に見えなければ問題ありません。

自宅でも簡単にアレンジできる方法はあります。

工夫してアレンジしてみましょう!

ヘアアクセサリーは付けないのがマナーという説もあります。

極力付けず、付けるのであればシンプルで上品に見えるものを付けるようにしましょう。

 

スポンサードリンク

コメント