ガーデンウェディング寒さ対策やアイディアが素敵!素材にこだわりも!

友人の結婚式がまさにガーデンウェディングでした。
 
場所が軽井沢だったので、その自然を生かしての、森の中のレストランといった雰囲気で、絵本の中に迷い込んだような、そんな雰囲気のあるちょっとヨーロッパの田舎風なレストランでのウェディングパーティーでした。
着いて早々、うわぁと溜息がでるような外観で、中がどのようなインテリアなのか、わくわくしながら中に入っていったのを覚えています。
スポンサードリンク

ガーデンウェディングは寒さ対策も重要!

 
10月末の挙式だったので、しかも夕方からのスタートだったので、かなり肌寒かったのですが、寒さ対策にガーデン内にはちゃんと暖かいストーブのようなものが用意されてあり、外だけだと寒いので室内でも食事がとれるようになっていました。
 
また各テーブルに暖かいひざ掛けも用意されていて、かなり寒かったけれど、このような配慮があってか、とても快適に過ごせたと思います。
 
コートもすぐに脱ぎ着ができるように、コートかけがガーデンと室内の行き来する場所に設置されていて、それもとてもよかったように思います。

ガーデンの机には、小さなキャンドルが沢山いくつも置かれていて、暗くなるごとにその灯りがとても幻想的に輝いてロマンチックな空間になっていきました。
 
よくよく見ると本物のキャンドルではなく、電池式のキャンドルてました。
 
やはり外で風もあるので本物のキャンドルは危ないとのことで、電池式になったとのこと。
 
でもよくよく見ないと気付きませんでした。
 
電池式のキャンドルでも、本物の火の灯のように見えました。
 
スポンサードリンク

ガーデンウェディング アイデア満載!

 
 
食事はガーデンにキッチンスペースがあって、そこでお肉を焼いてくれたり、温かいスープをだしてくれたり、また、2箇所ぐらいにバイキングスペースもあり、ケーキや飲み物、デザート、おつまみ系の小皿などがバイキング形式で楽しめるようになっていて、自由にとりにいくことができました。
 
食事もとても凝ったものが多く、美味しいものばかりでした。
 
軽井沢産のものを使っていて、メニュー表にも記載されていました。
 
軽井沢産のものだから美味しいってのもあると思いますが、やはり森の中で、小鳥のさえずりが聞こえたり、虫の鳴き声が聞こえたりする中での食事だったので格別に美味しく感じたのではないかなと思います。
 
また、引き出物が選べる形式になっていました。
 
ガーデンの脇に引き出物スペースがあって、そのスペースもなんとも可愛らしい作りで、森の木の実屋さんみたいな雰囲気の可愛らしい木製のワゴンに何種類か引き出物用のこれまた可愛らしく包装された小包がならんでいて、その中から3つ選んでくださいとなっていました。
 
スポンサードリンク

ガーデンウェディング 素材にこだわりながら楽しむ!

 
 
1つは軽井沢産のジャム・コンポート、もう1つは菓子折、もう1つは開けてからのお楽しみということでした。

最初のジャム・コンポートも沢山種類があって、りんごのジャム、杏のジャム、ミルクジャム、洋ナシのコンポート、他にも何種類か用意されていましたが、とにかくその1つを選ぶのにも全部美味しそうでかなり迷ってしまいました。
 
おそらくすべて長野県産のもので作られたものだったと思います。
 
二つ目の菓子折はクッキーの詰め合わせでした。
 
これも何種類かあって、箱の形が違ったのでおそらく中身も違ったのかなと思うのですが、一緒にいた友人も同じ形の箱を選んでいたため、中身の違いは残念ながらわからずでした。

さいごの3つめは中身知らされず何かなぁと楽しみに家に帰ってから開けたら、中身は「バームクーヘン」でした。

秘密にする必要があるのかなと最初は思ってしまいまさかたが、食べてびっくり、本当に美味しいバームクーヘンでした。
 
この結婚式を挙げた夫婦は本当に食にうるさい、といったら失礼ですね。
 
食にこだわりのある夫婦で、このバームクーヘンはかなりお気に入りのバームクーヘンだったようです。
 
引き出物といえば、もらって困るようなものがけっこう多いのですが、食べ物オンリーで、ひとつひとつにこだわりのあるものを引き出物に詰めてくれて、帰り道ジャムの瓶やらバームクーヘンもちょっと重かったけど、今までもらった引き出物のなかで一番よかったように思います。
 
ただの食べ物なのに、名前入りコップとかよりも何十倍も彼らの個性が引き出されていた引き出物でした。
 
みんなに選んでもらう、そのエンターテイメントな感じも心地よく、本来あまり記憶に残らない引き出物も、渡し方、見せ方によって、こうも記憶に留まるものなのだなぁと感心しました。

やはり後々花嫁さんに式の準備等々の話を伺ったら相当大変だったようで、飾り付けや今回の引き出物スペースのアイデア、机のキャンドルも全部が全部何度も話し合いを重ねてようやく形になったものだと聞きました。
 
やはり素晴らしいウェディングパーティーにするには、それだけ労力が必要なのだなと改めて感じました。
 
でもそれだけ入念に準備されたものはやはりゲストに感動を与えます。
 
寒いときにガーデンウェディング?って最初は思っていましたが、このガーデンウェディングに出席してから考えが180度変わったように思います。
スポンサードリンク

コメント