婚約指輪はけじめ!お店選びや重ね付けで普段使いできず後悔も!

主人からプロポーズをされ、後日2人で婚約指輪を見に行き購入しました。

プロポーズのときに指輪の箱をパカッという、よくある定番な感じではありませんでした。

私は結婚指輪は絶対に欲しいと昔から思っていましたが、婚約指輪は貰っても貰わなくても、どちらでも良いかなぁと思っていました。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

婚約指輪は男のけじめ!と購入を検討!


婚約指輪は値段もかなり高いですし、婚約指輪は月収の3倍~等と雑誌やテレビ等でも言われていましたし(実際に購入したものは月収分くらいでしたが、それでも十分高いと思っています。)、私の中の婚約指輪のイメージというのは、一粒の大きいダイヤが乗っているものだったので、結婚してからそういうデザインのものは、家事をするときなど邪魔になってしまって普段付けるには使いづらいと感じていたからです。

そもそも指輪にそんなにたくさんのお金をかけるくらいなら、その分結婚後の生活に使いたい、そして戸建ての注文住宅を建てるのが私の小さいときからの夢だったのでそこにお金を使いたい、何なら結婚式もこじんまりとした身内と本当に仲の良い友達くらいのもので全然構わないというタイプでした。

しかし、婚約指輪はどちらでも良いかなと思っていた私とは反対に、主人は一応男としてけじめとして購入してあげたいと言ってくれたので、ありがたく買ってもらうことに決め、それぞれの両親にお互い挨拶に行った後に、2人で婚約指輪を見に行き購入することにしました。

2人の婚約指輪に対する意見は違っていましたが、特に揉めるということも無く、購入しようという方向で進んでいきました。

もし女性側が婚約指輪を絶対欲しい、男性側が特に必要ないお金がもったいないと思っているようなカップルだったら、揉めてしまう場合もあるのかなと思い、そこは良かったかなと思いました。

婚約指輪はお店選びを早まった?


しかし婚約指輪を購入することに決まったものの、私は普段からアクセサリーをあまり付けるタイプでは無かったので、ティファニーやカルティエなどの超有名店は知っていますが、それ以外のジュエリーのブランドもあまり分からなくて、どこのお店が良いのか、自分たちが考えている予算くらいの商品がどのお店に置いてあるのか等もわからなくて、とりあえずゼクシィを購入して読んで、そこに載っているお店で良さそうなところに2人で訪れました。

初めて入ったお店で、気に入ったデザインやダイヤがあり、その場で購入することになりました

値段はたしか全部で32万円くらいだったと思います。

その当時は非常に無知でして、購入してからゼクシィに載っているいろいろなお店の評判をネットで見ていると、「上の者に相談してきます」とか、「今日購入していただいたら○○円値引きしますよ」等言って早く契約してもらうというお店もあります、みたいな意見も目にして、ついついそうなのかぁとその日に決断してしまったことが、ちょっと失敗だったかなと思います。

今思えば、もっといろいろなお店、商品を見ていた方が、あれが良いんじゃない?これが良いんじゃない?と2人であれこれ悩むのも、良い思い出になって良かったのかなと思います

もちろん買ってもらった婚約指輪は自分の気に入ったデザインを選ばせてもらったので不満も無いのですが、もう少しいろいろ知識をつけたり、何店舗か回ってみてから購入しても良かったかなとも思います。

プロポーズをしてもらってから結婚するまでが1年3ヶ月と結構時間があり、婚約指輪はプロポーズから3ヶ月後くらいに出来上がったので、結婚式を挙げるまでの1年ほどはお出かけするとき等に付けていました。
長い期間付けることができて良かったです。
スポンサードリンク

婚約指輪を重ね付けし普段使いすることに気付かず、、、

「別に要らないよ」と言っていたけれどいざダイヤの付いた指輪を貰うと、「あぁ婚約したんだ結婚するんだ」と嬉しくなり結構頻繁に付けていたように思います。

結婚式が終わると結婚指輪があることと、婚約指輪がウェーブしているデザインで結婚指輪がストレートのデザインなので、重ね付けするというのも何だかすき間ができてしまって変だなぁと思って、だんだんと付ける機会が無くなっていきました。
婚約指輪を購入するときには、そればかりを考えていたので今後重ね付けするかなとかもあまり考えていませんでした。
しかもなぜか結婚指輪はストレートのデザインが良いと思っていて、更に婚約指輪はウェーブのデザインが気に入ってしまったので仕方は無いのですが、もう少しじっくり考えていたら良かったかなとも思いました。

よく言われるので他のご家庭もそうかもしれないのですが、今は婚約指輪は箪笥の肥やしになってしまっています。
子供が産まれてからは、おそらく1度も付けた覚えがなく、指輪の箱すら開けてないような気がします。
私が持っているものの中で家、車の次に高価なものだと思うので、少しもったいないような気もします。
最終的にこうなるだろうなと思っていたので、初めから私はどちらでも良いと思っていました。
しかしせっかく買ってもらうことにしたのなら、婚約指輪イコール一粒のダイヤとばかり考えず、小さいダイヤがたくさん入っているものなど、普段にも付けやすいもので子供が産まれてからでも付けやすいようなデザインにするのも良かったのかなと思います

結婚指輪のデザインも、私は雑誌で見たハーフエタニティがキラキラしてキレイで良かったのですが、主人は妻の結婚指輪にあまりダイヤがたくさん入っているのはちょっと嫌かなぁと言っていて、結局ダイヤが三つ入ったものにしたのですが、それならなおさら小さなダイヤがたくさん入っている婚約指輪+シンプルな結婚指輪にして、重ね付けして使うのも良かったかなぁと感じています。

いろいろともっとこうした方が良かったなぁ、もっと下調べして考えてから購入した方が良かったかなぁという部分はあります。
しかしそれぞれ購入したときの思い出もありますし、買っていただいた指輪に不満も無いので、今は箪笥の肥やしですが大切に大切に置いておきたいと思っています。

夫婦間で嫌なことが起きたとき、相手にイライラしたとき等その指輪を見て、あの買ったときの幸せだった気持ちを思い出して永く夫婦でいられるように、これからも頑張っていきたいと思います。

スポンサードリンク

コメント