婚約指輪はシンプルで普段使いを!重ね付けでおしゃれと選んだのは、

現在結婚している夫と初めて出会ってから、たぶん3ヵ月後くらいに、両家顔合わせの日取りを決め、その足で婚約指輪のお店巡りを京都でしていました。

夫からは「どんなのが欲しい?」「どこのブランドのかいい?」から「いくらくらいのがいい?」といったことまで事前に聞かれていました。
スポンサードリンク

婚約指輪はシンプルで普段使い出来そうなものを!と希望しました

婚約指輪といえば、結婚前に付けるもので、結婚してからは、誰かの結婚式などでしか登場することがないので
「ブランドものでなくていい」
「高いのはいらない」
「シンプルでかしこまったところでなくてちょっと良いお店でもつかえるようなものがいい」
と折角、買ってもらうのに使わないと意味がないので使用頻度が高くなるようなものがいいと伝えていました。

しかし、実際にお店巡りをすると、そういった装飾品に全く興味がなかったので、婚約指輪の相場に目が飛び出るほど驚きました。

「こんなに高いものなんだ!!!」
ダイヤモンドにも色々ランクがあり、そのランクによって同じデザインでも値段がかなり違うことにも驚きました
自分が今まで生きてきた世界からかけ離れすぎたことばかりで、目の前がチカチカして、決められず、色々なお店を巡りました。

帰ってから家でパンフレットを見ても、似たようなデザインばかりで、どのお店のどのデザインの商品が良かったのかも分からず、頭の中もまとまらず・・・・

世の女の子ならば、キャーキャー言って喜ぶところかもしれませんが、当時の私はもう、アラサーと呼ばれる年齢で、もうすぐ30代半ばまでやってきていたので、「これぞ婚約指輪!」というような大きなダイヤモンドが中央にどーんと付いてるようなものを選ぶ勇気もありませんでした。
今の夫からは「雑誌を見て、参考にするとか」とも言われましたが、雑誌に掲載される凄い婚約指輪は、値段も凄いものばかりで、売っている場所といえば、百貨店の上のほうの階の絨毯がひかれたようなフロアーにあるお店ばかりです。

当時の私は「浮かれる」というよりも、訳が分からなさ過ぎて悩みに悩みまくっていました。
スポンサードリンク

婚約指輪と重ね付けするとおしゃれと結婚指輪も進められ、、、



そんなときに見つけたのが、京都に本店のある「NIWAKA」というお店です。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

NIWAKA 俄 かれん ダイヤモンド 0.21ct E-VVS2-3EX リング Pt950
価格:90000円(税込、送料別) (2019/9/8時点)

楽天で購入

 

 


有名どころのお店は、一粒ダイヤモンドがやっぱり一番人気らしく、それ以外を探すことが難しい感じでしたが(いや、あとから落ち着いて探したらたくさんあったんですが!)、他のお店とこの「NIWAKA」さんが違う、私が目に付いたのは、指輪の個々のデザインにデザインの名前が付いていて、「○○○○○なイメージで作っています」という、作品のような扱いをされていることにとても惹かれました。
そこからどんどん私のきもちは「NIWAKAさんの指輪が欲しい。
婚約指輪ももちろん、結婚指輪もここのものがいい。」とリクエストをしてしまいました。
「NIWAKA」さんの戦略だとは思いますが、「婚約指輪と結婚指輪を重ね付けすると尚おしゃれですよ」という言葉にまんまとひっかかってしまいました(汗)

そんな「NIWAKA」さんの商品はHPでもひとつずつ、個々の指輪のデザインとそのデザインは何を連想してつくっているのか、指輪に込めた作り手の思いなども紹介されていて、それをチェックしては、「お店で実際に見てみたい」と思うようになりました。
装飾品に全く興味のなかった私が、です。

その中で、一番最初に目に付いたのが「エタニティリング」でした。

スポンサードリンク

婚約指輪にエタニティーリング!と希望してみたら、、、


エタニティリングは一般的な婚約指輪に比べて華やかさに欠けます。
「エタニティリングの婚約指輪が欲しい」と今の夫に伝えたところ、一番最初に言われたのが「エタニティリングってなに?」でした
ファッション系に詳しい(と自分でいっている)夫ですが、その当時はまだあまり「エタニティリング」というものが世間一般に認知されていなかったようで、「『永久に』っていう意味があるらしくて、小さなダイヤモンドが並べられて一周しているやつです」と伝えました
デザインもシンプルで、でかでかとこれ見よがしに「私、凄いのもってるの!」とアピールするようなものがいやで、なにより、日々の生活で使うのは無理だけれど、ちょっといいところにつけていけそう…とおもったのです。
どうしてもたんすの肥やしにしたくなかったんです。
年齢も年齢で、20代とは違うので、「少し抑え気味に」とも考えました。

そのとき私は、「華やかで大きな一粒ダイヤが付いているほうが当然高いはず」と考えていました。
しかし、実際にお店にいって、店員さんに色々とお話を伺っていると、エタニティリングは、そのシンプルさゆえにやっかいなことも多く、ぐるっとダイヤモンドが一周しているので、はめる指の左右となりにある指の側面が痛くなる、ということが分かりました。
石がこすれて皮がめくれるんです(泣)
そして、買う時の指のサイズから、年齢を重ねると、やはり指が太くなり入らなくなってきてしまうときがやってくるそうです。
そうなると、他の指輪はサイズ変更ができても、ダイヤモンドを並べたエタニティリングは「サイズ変更ができない」、ということでした。
そしてなにより、ダイヤモンドをいくつも並べるので、「見た目よりも相当お高くなる!」ということを聞き、あきらめました。

そんな価格的な問題にも直面し、最終的に私の選んだものはエタニティリングのようにダイヤモンドが指を一周するものでもなく、少しならんでいるもので、ひと粒ダイヤのように大きすぎない中央に少し大きめのダイヤが付いていっるものを買ってもらいました。
これで、価格も抑えられて、いつかのときのためにサイズ変更もできます!

夫と一緒に買いに行きましたが、私はレジへはいかず、椅子で待っていたので正しい価格は私は知りません。

しかし、その後に夫へ婚約指輪のお返しを購入しないといけなくて、「価格がわからないので買ってもらった婚約指輪に見合うだけの、あなたが欲しいものを選んでください」と伝え、数日後に某百貨店へその買い物をしにいくと、なんと『20万のトートバッグ(皮製)』と『5万の名刺入れ』が欲しいといわれたので、それを買いました。

「あの、婚約指輪50万もするんだ」と恐怖に慄きました

ちなみに、その婚約指は結婚して3年。一度も登場の機会がありません。

そして、夫に購入したバックも使っているところを一度もみたことがありません。

スポンサードリンク

コメント