好意を勘違いから発展再婚や子供を諦める彼女にプロポーズ両親も参戦!

妻と結婚して10年が経ちました。

今でも妻には感謝の言葉しかありません。

今思えば妻との出会いも偶然だとは言え、私にとってはサプライスでした。

営業先で毎日顔を合わす彼女でした。

スポンサードリンク

好意を勘違いから始まった

約3か月間、彼女とは話すこともなく、営業として企業挨拶をした際に、入り口から近くの彼女はあいさつをする私に毎日欠かさずに笑顔を返してくれました。

ある日、商品の納品日に立ち会いするためにクライアントへ赴いた時でした。

約束の時間に納品されるはずの商品が来ない。

クライアントには謝罪をしなければならなくなったうえ、商談予定時間としてスケジュールしていた2時間もなくなってしまいました。

予定した帰宅時間より早く帰れるようになったので、クライアントからそのまま直帰しようとしたところ、彼女も帰宅するところでした。

私はいつも笑顔を返してくれる彼女に好意をもっていました。

しかも、彼女も私のことがきっと好きであると、あろうことか勘違いをしていました。

普段の私なら絶対にしないことである、見知らぬ女性に声をかける、いわゆるナンパをしました。

しかし、彼女はまったく私のことを覚えておらず、はじめましてもいいところでした。

このことがきっかけで私と妻は知り合うことができました。

スポンサードリンク

結婚も子供も諦める彼女にプロポーズはサプライズでと決めていました

出会いがサプライズだったのでプロポーズの時も必ずそうしようと思っていました。

妻の母、彼女が20歳の時にすでに他界しており、妻の両親は父親だけでした。

また、妻はバツイチだったので、私との結婚も考えていませんでした。

もちろん妻の父も、娘の結婚、孫についてもあきらめており、私があいさつをしたいと言っても聞いてもくれませんでした。

1年交際した妻に対して、結婚するならこのひとしかいないと思うようになり、私は彼女に内緒で、妻の父の職場まで押しかけました。

妻の父に会えるまで、1週間かかりました。

職場まで行けども会うことはできずにいました。

営業という立場を利用して、妻の苗字と同じ男性を探し続けて、ようやく会えることができました。

理由を話しました。

彼女が私との結婚はあきらめていること。
私が真剣に交際していること。
妻の父に会いに来たことを内緒にしておいてほしいこと。
今までつらい思いをしてきた彼女にとびっきりうれしい思いをさせたいこと。

妻の父は承諾してくれました。

私の計画は、

妻に絶対に断らせない。

喜ばせる。
驚かせる。

という事でした。

大変だったのは、妻の父がいつか話してしまうのではないかと不安でした。

しかし、男の約束は守ってくれました。

スポンサードリンク

プロポーズは両親を巻き込んでサプライズを!

サプライズの内容は、妻は30歳の誕生日をすごく気にしていたので、プロポーズをするなら誕生日の日にすること。

私がプロポーズするときには、すでに妻の父から承諾得ており、断る理由もありません。

妻の誕生日に合わせて、以前から食事をしたかった、懐石料理店を予約しました。

大変だったのは、妻の父の予定と、私の両親の予定を合わせることでした。

何があってもこのサプライズを成功させたいと思っていた私は、私の両親には仕事を休んでもらい、3日間の休暇を取ってもらうことにしました。

理由は私は関西で妻は関東だったので、両親が遠い場所に住んでいたのです。

私の両親への日ごろからの感謝も兼ねて、3日間の旅行を同時にプレゼントしました。

ついでに私の両親が喜んでくれたこともうれしかったです。

サプライズ当日ですが、妻の父が困っていました。

会社が休みで家にいるのはいいが、同じ時間に家をでるのは怪しまれてしまうという内容でした。

私は妻の父に会社からの電話という名目家から出るように仕向けました。

彼女には、仕事で帰宅するのが夜になるので、電話をするから家にいてほしいと言いました。

思惑通りことが進み、懐石料理店に行ったときに思った通り、妻はびっくりしていました。

個室の扉を開けるとそこには、私の両親と妻の父が座っていました。

普通であれば、何事かと思うところですが、ここもサプライズでした。

妻は部屋を間違えたと思っており、仲居さんに部屋を間違っていると告げに離れしまったので、私は大慌てになりました。

追いかけた私は、実は話をしたいことがあると告げると察したのか急に黙り込みました。

さっきの部屋に連れていき、妻の父がいることに気づくと、ようやく事情が呑み込めたのか、笑顔になり始めました。

妻の父と私の父を保証人として署名してもらった婚姻届けをその席で出しました。

普段は自分の両親にも見せることがない顔で私は妻の父に、彼女と結婚させてほしいと言いました。

妻の父は、すこし面白い方でしたので、すでに私と話がついている内容にもかかわらずに、考えさせてほしいとギャグをいいました。

さすがに妻はびっくりしたのか、疑問を妻の父にぶつけました。

この時、本当は妻も私と結婚したい気持ちであるということを知りました。

私の父も調子に乗るところがあり、妻の父に便乗して冗談を言い始めました。

私はかなり焦りました。

予定とは違うシチュエーションに困惑してしまい、どうしていいのかわからない状況になってしました。

私が困った顔をしていると察したのか、私の両親と妻の父は笑いながら冗談だといいました。

私たちが来るまでの間に私の両親と妻の父は話し合いをして、私をびっくりさせようとしていたようです。

そんな両親から生まれた私は、生まれながらサプライズをする運命にあったのかもしれません。

そのことを思うとサプライズをして本当によかったと思いました。

食事が終わった後は、妻はほっとしたのか今までこらえていた感情一気に押し寄せ、笑いながら泣き始めました。

これに誘われて私もほっとしたせいか、涙がでました。

翌朝、婚姻届けを提出しました。

今でも私が思う大変だったことは、ずっと妻が結婚については語ろうしなかったこと。

結婚してから知ったことですが、私の妻は私が初婚であることが非常に負い目で、私に悪いと思っていたそうです。

そんなことは気にしない私にとっては、思ってもみませんでした。

妻は年齢の割には、考え方が昔の人のようで、世間体を気にする人でした。

今は10年経って、普段は感謝の言葉すら恥ずかしくて言えない関係になってしまっていますが、いつかこの思い出が死ぬまでに笑い話になればいいと思っています。

スポンサードリンク

コメント