プロポーズのサプライズと誕生日を別に!指輪なしかと思えばホテルで!

彼が私の誕生日に神戸旅行に連れて行ってくれました。
当日の朝はなかなか彼が起きず、私が起きてもまだ寝ていて「今日はどこも連れて行ってくれないのかな?」とさみしい気持ちになりながらも、一緒に誕生日を過ごせるだけで幸せなんだと自分に言い聞かせていました。
スポンサードリンク

プロポーズのサプライズを期待するも誕生日のサプライズだった、、、

誕生日前から彼が
「誕生日当日のプランなにも考えれてない」
「当日はどこへ旅行に行きたい?そんなにお金ないから遠くへは行けないけど」
「誕生日プレゼント用意できるかわからないけどいい?」
などといじってくることが多かったので、誕生日の日は期待しつつ、期待しないようにと半分イライラしながら誕生日当日を迎えていました。
朝、彼が起きて
「今日は神戸に行こう。ホテルは満室でビジネスホテルしかなかった。」
「神戸のディナーもどのお店がいいかわからなかったから当日見てお店を決めるか、なにかお惣菜とケーキを買って部屋で食べるのもいいよね」
と話していたので、ホテルは予約してくれたし、まあ神戸のケーキを一緒に食べれたらそれはそれで嬉しいと思っていました。
メリケンパークや南京町をぶらっと観光してホテルに向かおうとしていました。
彼は「神戸の海を一周見てからホテルに向かおう」と言って車を走らせたのですが、メリケンパーク近くの高級ホテルの駐車場へ入っていきました。
私がびっくりしていると「今日のホテルはここしか取れなかった」と言いながら、ホテルの中へ入りチェックインをしてくれました。
ロビーにはとても大きくてきれいなシャンデリア、高級な椅子やテーブルが並び、国内有数の高級ホテルでした。
もうその時点でサプライズだったのですが、サプライズはまだまだ続きました。
夕食はどうするのだろうと思っていたら、フレンチのコースを部屋食で食べられるプランを予約してくれたみたいで、豪華なフレンチを二人きりで周りに気を使うことなく部屋で食べることができました。
夕食の前に「お肉か魚どっちがいい?」だなんて聞いておきながら、コースの中にはお肉もお魚も両方入っているコースでお魚好きな私も、お肉好きな彼も食べられるコースでした。
普段からお店では個室があれば個室を利用していたので私たちにピッタリなプランで、その点も考えてくれていたことに驚きました。
そしてコースの最後に誕生日ケーキが運ばれてきてプレートにはお誕生日メッセージがかかれていました。
ケーキに驚いていると、彼が誕生日プレゼントとして高級な腕時計をプレゼントしてくれました。
「これから一緒に同じ時間を刻んでいきたい。ベタだけど」と言って、前から欲しいと思っていた腕時計をプレゼントしてくれたんです。
自分が持っている時計と同じメーカーの時計で、「ペアウォッチじゃないけど、メーカーが同じだからペアだね」と。
それから、綺麗なピンク系のブーケもありました。
お花がそんなに好きじゃない私ですが、彼からもらったお花は特別でした。
スポンサードリンク

プロポーズのサプライズはなしで指輪もなしかな?とがっかりしていると

これでサプライズは終わったものだと思ったので、やっぱり指輪はくれなかったと半分落ち込みつつ、プロポーズもまだしてくれないのかなと悲しくなっていたのが正直なところでした。
だんだんと日が沈み、綺麗になっていく神戸の夜景を少し悲しげに眺めていたら、彼が部屋の中でゴソゴソとなにかしていました。
あまり気にせず、テラスで夜景を見ていたら彼が隣に来て突然指輪が入ったケースを出して「結婚しようか。俺と結婚してください」とプロポーズしてくれました!
もうサプライズは終わった感じの雰囲気が流れていたので、プロポーズという最大のサプライズを最後にされました。
私たちは学生の時から9年以上付き合っていて長かったので、早くプロポーズしてくれないかなと心から待ち遠しく思っていたので本当にうれしくて、「・・・はい!」と答えて、私は号泣してしまいました。
すると彼も涙ぐんでいました。
以前に、「お金かかるし、婚約指輪はいらないよ。腕時計とかもらえたら普段からつけられるからうれしいなー」と話していたので指輪はもらえないだろうと自分が言ったことに後悔していました。
半年以上前に突然指輪のサイズを聞いてきたことがあり、それをしっかり覚えててくれたみたいです。
なので、指輪はもらえないと思っていたのにもらえることができて「指輪はいらないって言っちゃったのに用意してくれたの?」と聞いたら、「やっぱり女の子は指輪と一緒にプロポーズされたいだろうし、自分も婚約という証として指輪をプレゼントしたかった。誕生日プレゼントとプロポーズを一緒にしちゃうのは申し訳ないと思ったから、誕生日プレゼントと指輪は別で用意したよ」と言ってくれて、私の事をちゃんと考えてくれていたことに感動しました。
スポンサードリンク

プロポーズでサプライズをホテルにも伝え、終始お姫様に!

後から聞いた話ですが、3か月以上も前からホテルを予約してくれていて、ホテルスタッフさんには誕生日とプロポーズも考えていることを伝えてあり、ホテル側もそれにいろいろと対応してくださっていたみたいです。
彼とホテルとのメールのやり取りも残っていました。
私もあまり記憶にないくらいですが、指輪のブランドの話になったときにちらっと口にしたブランドの指輪を準備してくれていました。
今までネックレスを何度かプレゼントしてくれたことがあり、そのネックレスは全部同じブランドだったので、きっと指輪もここのブランドかなと思っていたら違っていました。
どうしてブランドを変えたのかと聞いたら「やっぱりプロポーズするときの指輪は特別感を出したいし、前にここのブランドがいいって言っていたのを覚えてたらからだよ」と。
私はプロポーズをなかなかしてくれない彼にやきもきしながら、「まだ?」「いつごろとか考えてる?」などと迫ってしまったこともあったので、その時の自分がとても恥ずかしいし、彼に申し訳なかったなと思いました。
それでも彼は自分の中でこの日に絶対プロポーズすると決めていたらしく、その芯がぶれない彼の強さにもまた惚れ直しました。
神戸まで長い距離を行きも帰りも車で運転してくれて、途中には私の大好きな抹茶で有名な京都にもよって一緒に抹茶パフェを食べてくれたりと、旅行に出発してから帰宅するまで終始、お姫様気分にしてもらえました。
スポンサードリンク

コメント