婚活バスツアー恋するバスコン一人参加ってどう?楽しめたかの体験談!

私はアラサーの時に恋するバスツアーに参加しました。
バスツアーの内容は横須賀市にある長井海の手ソレイユの丘公園→横浜中華街にて中華を食べる→横浜港クルージングという内容でした。

婚活バスツアー 恋するバスコン体験記!

まず初めに横浜駅近辺のバス停広場にて集合します。

その後、バスツアーを運営するスタッフの方のところに行き、受付を済ませます。

バス乗車時まで広場にて待機となる為、この待ち時間に男性も女性もどんな方が参加されているのかなと様子を伺っている感じでした。

年代は男性も女性も20代から40代位の方がバランス良く参加されていたように思います。

受付がすべて終了すると男性と女性が隣同士になるように誘導され着席します。

着席すると名前や出身地・趣味等、出席者全員の簡単なプロフィールが書かれた紙が手渡されます。

会話が苦手な方や人見知りの方も、この紙を見ながら会話を進めていく事が出来るので、婚活バスツアーもプロフィールカードというのは大切だなと思いました。

サービスエリアや目的地に到着する度に席は一つづつ男性が移動となっていました。

最初はなかなか話せていなかった方も時間とともに打ち解けて話せるようになってきていました。

最初の目的地長井海の手ソレイユの丘公園では、何グループかに分かれ、グループでの自由行動となりました。

恋するバスツアーというくらいなので、男性は女性、女性は男性に話すというのをイメージしていましたが、男女問わず会話していたのが良いなと感じました。

参加されている方の中には違う婚活イベントで何度かあっていて、友人になったと言っていた人もいたので、婚活イベントとはいえ、同性の友人が出来るのも利点だなと感じました。

初対面とはいえ、自由行動をしていると、その人その人の個性が垣間見えてくるので、短時間でも人間観察出来て楽しいなと思いました。

筆者は女性ですが、女性の参加者にさりげない気遣いをして頂いた時や優しい言葉をかけて頂いた事が多く、参加女性は素敵な方が多いなと感じました。

長井海の手ソレイユの丘公園が終了し、またバスへ移動しました。
自由行動の効果かバスの中は会話に花が咲いていました。
続いて、元町中華街にて中華を食べました。
ここでも、またグループ分けがあり、円卓を囲み食事をしました。
ここで、1点気になったのが、長井海の手ソレイユの丘公園でも同グループだった方とメンバーがさほど変わらなかったという点です。
食事の仕方はその人の人格が現れると言いますが、まさにその通りだなと思いました。
もくもくと食べている方や空いているコップを気にして水を入れてくれる方、美味しいと言って食べていない人がいても気づかずに人一倍多く食べてしまう方等、改めて自分の食べ方も考えさせられる場面でした。
お食事の最後には男性は何番の女性が気になっている、女性は何番の男性が気になっているという紙が配られました。
この結果をみて、今後どうアプローチをかけていくのかを皆様考えているようでした。

そして、最終目的地、横浜クルージングに向け、バスは出発しました。
天気は良かったものの風が少し強めでした。
ツアーのスタッフの方も乗船し、最後のイベントが始まりました。
基本的には自由行動となり、スタッフの方が皆様のフォローにまわられていました。
どなたにアプローチするのかは皆様もうだいたい決まっているような雰囲気で色々な方に話しかけに行くというよりは特定の方とじっくりお話されている方が多かったです。
たまに女性同士でお話する機会もあり、そういう時間もまた楽しい時間でした。
下船手前は船酔いで体調不良になっている方がほとんどでした。
夜景を楽しめるのは初めだけだなと感じました。

当ツアーの一番最後にカップリングした方の名前が呼ばれ、カップリングした方は順次二人一緒に下船という流れになります。
私はカップリング成立が出来たので、下船後、軽くカフェをして駅にて解散しました。

恋するバスツアーは出会いがあってもなくても楽しめるイベントになっており、イベント好きな方には凄くお勧めのツアーだなと思いました。
ただ、まったく同じグループにならない方とはなかなかお話する機会がなかったので、その点が残念でした。
自分から積極的に行ける方は良いのですが、待ちの姿勢だとやや厳しいものはあるように感じます。
ただ、男性も女性も婚活という目的で来ている方がほとんどの為、積極的に行くのが難しいということであれば、しっかりと話を聞く姿勢だったり、気になる方の近くを歩く等アピールする事で、全然また変わってくると思います。

横浜港クルージングに関しては、夜景は素敵なのですが、船酔いや天候をもう少し考えて頂けると更に良かったのかなと思います。

本来は出会いを求めていく場ですが、仲良くなれそうな同性の方もいたので、その方の連絡先も知りたかったなと思いました。
婚活戦友仲間という、このツアーに参加した事により知った事ですが、その仲間が是非欲しいなと感じた一日でした。

また、本来は認められていない行為かとは思いますが、カップリングにならなかった方とこっそり連絡先交換をされていた方もいました。
カップリング成立しなさそうもしくわ同グループにまったくなれず話す機会もなかった為カップリング判断すらしてもらえなさそう、だけれども、気になる方がいる方は、連絡先を手渡すのも一つの方法だと思います。
私はカップリングした方とは違う方で、気になる方が他にいたので、その方と連絡先交換をしました。
連絡交換出来た時は嬉しかったです。
もちろん、こっそりと交換しました。

ただ、じっくり時間をかけてその人を知っていきたい、グループ行動は面倒臭い、いきなり大人数よりは少人数でとお考えの方は1対1で出会えるイベントのほうが向いていると思います。

初めて参加した婚活イベントだったというのもあり、流れに任せ動いてしまったので、もう少し効率良く色々な方とお話出来れば良かったなと思いました。

出会いがあるか分からないから参加を躊躇されているという方は、行ってみた場所や食べてみたい物、体験したい事、楽しそうって思えるものがあれば、思い切って参加してみる事を是非お勧めします。

コメント