結婚式の礼服にポケットチーフは必要?色や折り方はどうするの?

結婚式に出席する時に男性の胸元にちらっと覗くポケットチーフでおしゃれを演出しているのを見かけますよね
結婚式に出席する時はポケットチフーって必要なの?
ポケットチーフの色に決まりはあるの?
折り方はどうするの?
そんなお悩みにお答えします!

スポンサードリンク

結婚式の礼服にポケットチーフは必要なの? 

礼服やおしゃれなスーツなどを着て結婚式に出席する場合、ポケットチーフをつけている方を見かける事がありますよね。

ポケットチーフをつけなければマナー違反という事はありません。
その為、出席者の殆どが付けているという訳ではありません。

ポケットチーフは必須ではないですが、あった方がフォーマル感がでると感じる場合が多いです。

ポケットチーフがある事でおしゃれな印象を受ける方も多いのではないでしょうか?

ちょっとおしゃれに見せたかったり、フォーマル感を出したいのであればポケットチーフを付けてみてはいかがでしょうか。

ポケットチーフがあると華やかにもなるので喜ばれる可能性があります。

ポケットチーフは手を拭いたりして使うもの?と思う方もいるかもしれませんが、実際は手を拭いたりなどして使用するものではありません。
あくまでも飾りです。

手を拭くためのハンカチは別に用意しておくようにしましょう。

 結婚式の礼服 ポケットチーフの色に決まりはあるの?

使用するポケットチーフの色に決まりはありません。

ポケットチーフと言えば白のイメージを抱く方が多いのではないでしょうか。

ポケットチーフの色は白でなくてもかまないですが、披露宴に出席する場合ワイシャツの色は白がマナーとされていますので、ポケットチーフもワイシャツの色に合わせて白にするのがおすすめです。

ワイシャツの色に合わせる以外であれば、ネクタイの色と揃えるとかスーツの色に揃えるのが良いという意見もあります。

ポケットチーフの色をネクタイやスーツの色と揃えた方がいいという意見がある一方で、ネクタイの色などと揃えるのは野暮ったい、、センスがない、、、という意見もあります。

ネクタイとポケットチーフは同じ色や同じ柄のセットで販売されている場合などもあるので必ずしも駄目という訳ではないです。

好みやバランスをみて判断するといいでしょう。

 結婚式の礼服 ポケットチーフをハンカチで代用したら駄目なの? 

ポケットチーフをしていきたいけど無い!という場合はハンカチでも代用できないのかな?と考える方も多いようです。

基本的にはハンカチの代用でも問題ありません。

結婚式に出席するのであれば、ポケットチーフは絹のものがおすすめですので、ハンカチで代用する場合も絹のものを選ぶといいでしょう。

必ず絹でなければいけないという事ではないですが、光沢のある素材のものの方がフォーマル感が出たりおしゃれ感があります。

ごちゃごちゃと模様の付いたものなどは合わないですし、厚手のものなどはポケットがパンパンになってしまうので、薄めの小さめのものを選んで利用する様にしてみましょう。

ハンカチの代用では”ん?”となる場合もあるので、それほど高いものではないので一枚購入を検討してもいいでしょう。

 結婚式の礼服 ポケットチーフの大きさは? 

ポケットチーフの大きさはさまざまあります。

25cmの小振りなものから45cm程度の大判のものがあります。

スーツのポケットのサイズなどにもよるかもしれませんが、25センチのものなどは、小さすぎて下に沈んでしまったり、大判のものはパンパンで入らない事などもあります。

35センチ程度のものを選ぶといいでしょう。


スポンサードリンク

 結婚式の礼服 ポケットチーフの折り方は?

ポケットチーフの折り方にもさまざまな種類があります。

折り方を動画で説明していますので確認してみてくださいね。

フォーマルの中でも華やかさがあるスリーピークスと呼ばれる折り方です。
結婚式やパーティー向きです。

スクエアフォールドと呼ばれる折り方です。
オールマイティーな折り方です。

トライアングラーと呼ばれる折り方です
シンプルな感じで、ビジネスシーンやパーティーなどの時に向いています。

クラッシュドという折り方です。
ちょっとカジュアルな感じになるので、二次会などに向いています。

まとめ

フォーマルな場ではポケットチーフを利用している方を多く見かけます。
ポケットチーフは必ず必要というものではありません。
ですが、ポケットチーフはあったほうがおしゃれ感やフォーマル感が高まります。
おしゃれに着こなすためのものなので、ワンンランク上のフォーマル感を演出したい場合などは利用するといいでしょう。
ポケットチーフがない場合はハンカチを代用しても問題ありませんが、
大きさや厚さ、生地の質感や模様などに気をつけて選んでみましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です