披露宴の余興アイディアに困ったら動画メッセージ!やり方はこれ!

結婚式披露宴での余興は、何度か頼まれたことがあります。

また、お呼ばれした結婚式披露宴で他の人がやっていた余興も何度か見たことがあります。

見たことがある人も、自分が結婚するときに誰かに頼んだ人も、いざ自分が余興を行うとなると何をしたら良いか悩むものです。

私がやった余興と、見た余興をまとめるので、この記事が参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

披露宴の余興は動画メッセージがおすすめ!

まず、余興を行うにあたって、頼んできた人はどんなタイプの人でしょうか。

女性の場合は、普段からおとなしい人か、サプライズが好きな派手なタイプの人、

または自分が目立つのが好きな人や、どちらかというと新郎新婦が楽しむよりもゲストの方々に楽しんでもらいたいと思っている人など、いろんな人がいると思います。

男性の場合でも同じことが言えます。自分が前に出て目立ちたいタイプの人や、あまり目立たず縁の下の力持ち的な存在の人、男性にも色々なタイプの人がいます。

色々なタイプの人がいる中でも、まず無難に皆が喜んでくれそうな余興は、ずばりメッセージビデオだと思います。

実際に2回ほど結婚式披露宴でメッセージビデオを上映させてもらいましたが、新郎新婦だけでなく見ているゲストの方々も楽しんでくれました。

まず、どんなメッセージビデオにするかという内容より先に、なぜ他の余興ではなのかを書いていきます。

メッセージビデオ以外のの余興でも無難ではないというわけではないのです。

余興で歌ったり、ダンスをしたりする人たちもたくさんいると思いますし、実際に見たこともあります。

ただ、歌やダンスはリスクがあります。

自分たちが踊って盛り上がらなかったら、会場がしらけてしまったらというリスクや、当日に緊張して間違えてしまうなどのリスクもあります。

間違えてもまわりの優しい方々は大目に見てくれるとは思いますが、せっかくの晴れの日に贈る余興であれば失敗したくないと思う人がほとんどです。

また、フラッシュモブなど人気のサプライズ的な余興もあります。

これは、正直準備が本当に大変です。

一度、新婦側の余興をする代表が取り仕切って、ゲスト全員で新郎新婦へ向けた余興としてフラッシュモブをしようという提案に参加したことがあります。

そもそも披露宴に呼ばれるゲストは、新郎側の友人や会社の人、新婦側の友人など、一度も顔を合わせたことがない人がいても不思議ではありません。

そんな中で全員でやるとなると、練習のスケジュール調節からして本当に難しく、少ない練習期間の中でレベルの高いフラッシュモブをやるなんてことは不可能に近いことが、誰でも考えればわかると思います。

実際できたらとても盛り上がるかもしれませんが、実はフラッシュモブをやられるのが苦手だという人もいます。

新郎新婦のタイプによっては、フラッシュモブのような派手なパフォーマンスをしたからといって、必ずしも喜んでくれるとは限りません。

その点で、メッセージビデオが無難だという理由は、そういった余興と比べてリスクが少ないからです。

祝福のメッセージをもらって嬉しくない人なんて居ませんし、こんな時でないときちんとお祝いの言葉を残す機会なんてなかなかありません。

スポンサードリンク

余興が終わっても物として残り、何度でも見返すことができるメッセージビデオはおすすめです。

メッセージビデオの内容は作る人それぞれで考えるのがもちろん良いですが、どんなものを撮ったら良いか悩んでしまうという人のために、オススメの内容をいくつかあげます。

披露宴の余興のメッセージのおすすめの内容はこれ!

インタビュー形式

1つ目は、新郎新婦の友人や恩師など、関係のある人たちにインタビューをする形式です。

これは撮影するのが少し大変かもしれませんが、協力してくれる人を何人か集めて撮影すれば必ずできます。

お祝いのメッセージだけでなく、学生時代の様子や、付き合いたての様子、こんな癖がある、実はこんな秘密を知っているなど、色々なことをインタビューしまとめるといった内容です。

カメラ目線ではなく、密着取材風にどこか遠くを見ながら語ってもらう、という撮り方で進めていくと、ドキュメンタリー風のメッセージビデオに仕上がり新鮮で面白いです。

字幕をつけたり、BGMをつけたりすると、よりテレビ感が増し、クオリティが上がります。

一言叫んでもらう!

2つ目はシンプルに、お祝いメッセージをボードに書いて持ち、一言叫んでもらうという内容です。

わかりやすくシンプルなので、テンポよくたくさんの人のお祝いメッセージを流すことができると思います。

また、これは撮影者が居なくとも、自撮りで様々な人に撮って送ってもらうことで素材がたくさん集まると思います。

スライドショーでテキストメッセージにする

3つ目は、新郎新婦との思い出写真などをスライドショーにし、メッセージをテキストで流すという内容です。

写真を集めることを頑張れば、比較的作業は他の2つと比べて楽かと思います。

新郎新婦との懐かしの思い出写真は、ゲストで来ている会社の同僚たちから見れば、プライベートの新鮮な姿が見れて面白いですし、本人たちからすれば思い出に浸れて感慨深いものがあると思います。作り方によっては、新郎新婦のお涙頂戴できるかもしれません。

このように、ひとことでメッセージビデオといっても様々なパターンで作ることができます。

余興をする自分たちにあった作り方、贈る新郎新婦にあった作り方ができ、なおかつ事前に準備することができるので本当にお勧めできます。

結婚式披露宴の余興は、「これをやらなければならない」といった決まりごとはどこにもありません。

なので、基本的には頼んで来た新郎新婦のタイプに合わせたり、結婚式の雰囲気に合わせたり、自分ができること・やってあげたいことをするのが一番です。

様々な余興があるので、このような体験談などを読み、何が自分たちにあっているのか考えることも大切な時間だと思います。

また、余興の内容が決まったとしても、式場によってはできることとできないことがあるので、事前に新郎新婦や式の会場に確認しておくことをお勧めします。

音楽を使いたい場合、CDを用意したり式場にある曲なのかを確認したり、どの場所でどのタイミングでどのような演出をするのかを打ち合わせたりすることも、余興をする側の大切な仕事です。

準備段階から大変なことは色々あるかもしれませんが、最終的にはどんなものでもきっと新郎新婦は喜んでくれると思います。

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました