お見合いの交際や結婚の決め手になるものって?好きは重要じゃない!

お見合いをすると、今後の交際をOKするのかしないのかを決めなくてはいけませんよね。

会ってみたけど、今後どうするべきなのかわからず悩んでしまう事ってありますよね。

そして、交際したとしても、数か月後には結婚するかどうかも結論を出さなければいけません。

そんな時、決め手になるものってなに?って悩むことありますよね。

なにを決め手として考えればいいのか、そんな決め手になるものをご紹介します。

スポンサードリンク


注目!

👇 お見合いについてのあれこれはこちら 👇

お見合い大作戦!お見合い結婚の流れやマナーを知り成功率を上げる!

お見合いで交際の決め手って?


お見合いをして、「交際をするかどうか」「結婚をするかどうか」というのをなかなか決められないという方がいますよね。お見合い後に交際するかどうかの決め手は価値観や考え方が似ている
経済力がある
もっと相手のことを知りたいと思ったというのが良く聞かれるものです。でも、アラサーあたりになると、早く結婚したい
いい加減結婚しろと圧を掛けられているなどで、切羽詰まった状況になっていて、これ以上の人には会えないかもしれない
今が最後のチャンスかもしれない

と、「特別気になるような欠点がないし、、、」と妥協して決めてしまうという事もあるかもしれません。

でも。

一見諦めとも思われる中に「気になるような欠点がない」って大きな決め手があるんですよね。

これって、とっても重要です。

欠点がないという事は、付き合っていく中でストレスを感じずに過ごしていける可能性が大きいですよね。

これから長い付き合いの中で、ストレスなく付き合っていけるという事はとても重要なポイントの一つです。

自分にとって悪い人ではなさそうであれば、一緒にいて安心できるという感覚にもなってきます。

食べ物の好みが似ているという事もそうですね。

どこに食べに行こうか?という話になった時、食の好みが全く違っていると、お店選びも難航するし、「いつもラーメンばっかり?」と不満も出てきます。

でも、食の問題であれば、

ラーメン党VSご飯党であれな、ラーメン屋の中でも、中華料理系のお店を選べば、ラーメンとご飯ものがあるので、問題解決(笑)。

中華VS和食であれば、ファミレスのようななんでもありの所を選ぶと好きなものを選べます。

こうすることで多少の解決はできます。

あとは、性格の問題。

ありがとうごめんねを素直に言えるかどうかも大きなポイント

ありがとうやごめんねを言ってくれるだけで気持ちが落ち着く事があります。

その気使いができるかどうか。

気遣いができない人は交際していても、イラっとする発言をしたりすることがありますからね。

言葉に出すことが苦手な人もいるかもしれませんが、「にこっと笑った顔が愛らしかった」りすると、それも「思わず許しちゃう」ってことにも(笑)

スポンサードリンク

お見合いの結婚の決め手って?

交際が進んでくると、今度は結婚をするかどうか決める段階に入りますね。

交際は順調であっても、結婚に踏み切れるかどうかというのは又別問題だったりします。

最悪のケースを想定したときにこの人とやっていけるかどうかという事を考えて決めていくといいでしょう。

結婚の決め手になるもをご紹介していきましょう。

  • 一緒にいても嫌いにはならなそう
長く一緒にいる相手なので、嫌いになりそうな人は無理ですね。
  • 共通の趣味があって会話が尽きない
共通の趣味があるのは強いです。
二人で楽しめるものがあるとうまく行きますよ。
  • どうでも良い話題でもけっこう面白く会話ができる
二人の会話って重要ですよね。
結構どうでもいいことを言ったりします
それが、つまらない、、話しかけないで、、、聞きたくない、、、
と思う様であれば長続きしません。
  • 会話が途切れて沈黙しても気まずくならない
交際が長くなってくると、長時間一緒に言る事も増えていきますよね。
遠くまでドライブで出かけたり、泊まりで出かけたりなんてことも。
長時間一緒にいる間、ひっきりなしに話せるだけ話題があればいいですが、そんな人はあまりいません。
絶対に沈黙の時間というのが出てきます、
それが気になるようであれば結婚生活を送っていくのは難しいかも。
  • 料理が美味しくて家に帰りたくなる
女の人は相手の胃袋を掴めと言われたりしますよね。
男の人でも料理が上手だと女の人は嬉しかったりします。
料理上手な人が家にいると変なお店に行くよりまっすぐ帰って手料理食べよう!と思うので、まっすぐ家に帰りますね。
  • 食べ物の味にうるさくない
男の人でも女の人でも、食にこだわりがある人がいますよね。
うるさいのは想定内だったとしても、
自分にも強制する
作った料理にいちいち文句を付ける
何も言わずに味もみず味を変える
などをされると引きますよね。
  • 箸使いがきちんとしている。食事をおいしく残さず食べる
食事の仕方などを気にする人も多いですよね。
くちゃくちゃ食べる、食べ方が汚い 好き嫌いが多い
というのも気になったりします。
気持ちよく食事ができるのが生活には欠かせません。
  • 掃除洗濯を当たり前のようにしてくれる
家政婦を選考しているということではないという事を念頭に置く必要はありますが、掃除洗濯を自然にしてくれるような人は、快適な家庭生活を送る為には必要な事です。
  • 自分の事を大切にしてくれる
相手を大切に思えるという事は
優しい
気遣いができる
という事ですね、
  • 飲みに行く時も気持ちよく出してくれる
飲みに行ってくるね~と出かけるときに浮気を疑うよに、
誰と行くの?
異性はいるの?
何時に帰ってくる?
など細かい事をいちいち言ってくるようであれば、監視されているようで嫌ですよね。
  • ケンカした時でもすぐ仲直りできる
交際をしていると、喧嘩をすることも出てきます。
いつまでも引きずっていると険悪さが増してきますよね。
さっと仲直りできるような間柄だと長続きします。
  • 喧嘩になった時や自分が弱っている時や困っている時、相手の言動が嫌じゃない人
自分が行き詰っている時などに、相手にさらに追い打ちをかけられるような態度を取られると幻滅しますよね。
力になって欲しい時になってくれるような人を選びましょう。
  • 家の中で多少だらしない格好してても幻滅されなさそう
一緒に生活をしていると、どうしても色んな姿を見せる事になります。
どうしても楽ちんな恰好をしたり、他人様には見せられない恰好で寛いでしまう事もありますよね。
  • 金銭感覚がまともでしっかりしてる
金銭感覚が合うかどうかって本当に重要だと思います。
浪費家
倹約すぎる
などの違いもありますが、
これにはお金かけたいという所とこれは節約したいという部分などお金の使い方なども大きなポイントです。
  • 賭け事をしないか
いろんな賭け事がありますよね。
借金しない程度なら、、、
お小遣いの中でなら

という意見もあるかもしれませんが、私ならすべてNGです。

  • 相手の親がやさしい
相手の親を見る事は重要と言われています。
親に似てくるので、将来の姿が垣間見えます。
両親がやさしいかどうかで嫁姑問題が起きるかどうかも決まります。
  • 家族同士が仲良い
家族同士が仲悪いと間に入って苦労することもあります。
本人達がしっかりしていれば問題ないかもしれませんが、何かを押し付けられたり、嫌な事を言われたりなどすることがあるかもしれません。
  • 相手の家族に会話に笑いが有るか
数回御邪魔しただけだと、家族のうわべしかわからなかったリもします。
よーく観察してみて、それぞれに会話があるのか見てみましょう。
よく会話や笑いがあるということは仲いい証拠です。
すぐに打ち解けて仲良くやっていける可能性は大ですね。
  • 友達が多い人かどうか
友人が多い人がいい!という人もいますね。
人付き合いが上手い
社交的
皆に好かれている
という事で明るい人柄が見えます。
  • 仕事を続けることを認めてくれる人
結婚後も仕事を続けたいという意向がある場合、それを尊重してくれる人じゃなきゃという人もいます。
そこが最重要点であれば交渉してみる必要がありますね。
  • いいお父さんになりそう
これから子供を産んで育てていく世代であれば、将来の子育てにパパが参加してくれるかどうかは気になる所。
ワンオペで苦労したくないなら子供と一緒に言る所などをしっかり観察して、(なければ子供の輪に放り込んでみる?(笑))子供との関わり合い方などをかんさつしてみましょう。
  • 将来病気になってしまった時すべての世話をできるか
一生添い遂げるつもりなら、将来相手が病気になって面倒を見なければいけないという事もあり得ます。
その時、何もかも看護師任せというわけにもいきません。
排泄の介助や処理までしてあげる自信があるかどうか考えてみましょう。
  • 勢いがあるかどうか
結婚に至るまでは、勢いも大切
なぜか、結婚に至る人とは勢いがあるので、するするっと決まったりします。

何で決められない?

決められない背景には結婚後の生活を想像できていない
性格が優柔不断
この人でいいのか?と結婚を前にマリッジブルーになっている
周りにやめろと言われている

などがある可能性があります。

結婚する為の交際や結婚を決めるのは重大な決断という気がしてなかなか決められない方も多いです。

見極める時の注意点ってある?

お見合いで相手を見極めるのって難しいし悩みますよね。

でも、相手と真剣に向き合ってみてください

結婚について真剣に話し合う事で結婚後の相手との生活が見えてきます。

それをしないとこんなはずじゃなかったという事が出てきます。

そして、スペックにこだわりすぎない事です。

譲れない条件に会っている人を探すのは大切ですが、こだわりすぎるとなかかな決められません。

最初から好きは重要じゃない

お見合いで出会った場合、出会ってから結婚を決めるまでの時間って短いんですよね。

なので、もっと相手の事を知っていくうちに「あんまりタイプじゃなかったはずなのに、好きが大きくなってる」というケースも結構あるんです。

なので、タイプかどうかは問題ではなかったりします

デート中に感動的な場面があれば、それが背中を押してくれる事にもなります。

お見合い相手が、もし別の人と結婚してしまった時、その夫婦が手をつないで歩いている姿を後ろから見ている自分自身を想像してみてください。

幸せそうでよかったなと思って見ているか、それは自分だったはずなのになと思ってみているか。

そんな考え方もあります。

誰にも渡したくない!

そんな風に思ったらもう決まりですね!

まとめ

お見合いでの、交際や結婚の決め手

様々紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

交際は、交際してみてから結婚を考えるという感じなので、最初から結婚ありきで交際するかどうか決める必要はありません。

また会いたいという気持ちがあれば、会ってみるといいでしょう。

結婚するかどうかに関しては、本人のみならず、家族も関係してくることなので、家族がどうかというところも決めてになってきますよね。

お見合い結婚までは勢いも大切です。

この人だ!と決めたら勢いを作って流れに乗っていきましょう!

<関連記事>

スポンサードリンク

コメント