披露宴の演出にこだわり!新郎が歌うなら新郎新婦両家に配慮が必要!

自分の結婚披露宴で一番こだわったのは食事でした。

味の美味しさはもちろんのことですが、乾杯をするまでの時間に軽く一口で食べられる前菜の前菜のようなものを準備してもらいました。
スポンサードリンク

披露宴の演出 食事にこだわり!


今は、そのようなスタイルも出てきているかとは思いますが、10年前は珍しかったと思います。

ゲストたちに新鮮さを与えられたとは思いますが、戸惑いも大きかったようです。

「乾杯前に食べていいの?」という確認のしあいが各テーブルであったようで、そのあたりは、アナウンスやわかりやすい説明が必要だったと感じました。
お菓子が大好きな私にとって、デザートビュッフェは必ずやりたいものでした。

スイーツの種類も、少なければビュッフェの意味はないと思っているので、そのあたりの確認もしっかりしました。

取りに行く順番で、遅い人にはケーキが残っていない、などということもないようにしてもらいました。

自分でお菓子作りをすることも好きなので、ゲストのお見送りのプチギフトは自分で作ったクッキーの詰め合わせを用意しました。

ラッピングもして用意していたクッキーの詰め合わせですが、披露宴後にカゴに入っているものを手渡されると、ほとんどが割れてしまっていました。

ラッピングの仕方を割れにくいように工夫すべきだったこと、割れにくい焼き菓子を選ぶべきだった、と反省しました。

しかし、披露宴はすでに終わり、あとはお見送りだけという状況でどうすることもできず。。。

「割れてしまってすみません」と謝りながら渡すことになってしまいました。

手作り、ということもあってか、割れていることを気にする人はあまりいなかったのでホッとしました。
スポンサードリンク

披露宴で新郎が歌う演出に新婦が困惑



残念といえば、披露宴中にもありました。

主人が、私のために歌を歌ってくれました。

盛り上がり、感動もあり、の場面だと思うのですが、私は違う意味で泣きそうになりました。

最初は私の隣で歌い始めた主人ですが、気分がよくなりテンションもあがってしまったのか、会場中を歩き回り、アイドル並にゲストと握手を交わしはじめました。

その姿に、主人の友達や親族側は大盛り上がり。

しまいには、主人ではなく、見知らぬ方が歌いはじめました。

新婦側はというと、シーン・・・と冷めている、という状態でした。

私は一人ポツンと取り残されてしまいました。

友人たちは心配そうに私に視線を送ってくれましたが、それでも、いつ主人が戻ってくるかわからない中、席を立つに立てないといった感じ。

私も、友人たちのテーブルまで勝手に出歩くわけにも行かず、その場から動けず。

来てくれた自分のゲストに申し訳ないのと、一人取り残された惨めさ、寂しさ、と、色々な感情が沸き起こりましたが、それでも、この場では笑顔で喜んでいる姿を見せないと、と必死でした。

誰のため、なんのために歌っているのか、疑問でしかない時間でした。

披露宴の演出は新郎新婦両家で楽しめるものを!


しかし、主人の親族にとっては、一番の素晴らしい時間だったようで、10年たった今でも「あの時間は楽しくて盛り上がった」と話題に出されます。
私の兄の結婚披露宴では、余興として兄の友人が行った芸人の真似に、兄は爆笑。

しかし、新婦である義姉の顔は明らかに引きつっていました。
新郎新婦それぞれの価値観や好みが違うことは当たり前だと思うのですが、片方だけが楽しんだり、どちらかが嫌な思いをするようなことは絶対にさけてもらいたいと思います。

例えば、私達のように歌でなくても、なにかをプレゼントする場合、「絶対に相手のことを忘れてはほしくない」と身をもって感じました。

そもそも、結婚披露宴なのだから、2人が別々の場所にいることが普通ではないと思いました。

2人寄り添って常に隣にいてほしい。

これから披露宴を挙げる人たちに、強く願います。
スポンサードリンク

披露宴の会場にあったスペースを有効活用!



私達が結婚披露宴を上げた会場には、中央に正方形のソファーで囲まれたスペースがありました。

せっかくであれば「そのスペースを有意義に使いたい」と思いました。

ケーキカットの時には、そのスペースまで移動しました。

四方を囲まれてのケーキカットは、ゲストとの距離も近くて嬉しかったです。

そのまま私がお色直しで退場。

主人は、そのソファーでくつろぎながら友達と話をしていたようです。

また、お色直し後には、そのソファーでテーブルごとの集合写真を撮り、その後はまるでフリータイムのようにリラックスして友人たちと話すことができました。

会場の中心にあるそのソファースペースをなくすこともできたのですが、なくさずに有効活用することができたと思います。

そのソファースペースを囲むように、ゲストのテーブルがあったために、私達がそこにいる間はゲストとの距離がとても近くて、とても楽しい時間を過ごすことができました。

披露宴後には「斬新な発想だった」という感想ももらいました。

「会場の特徴を活かすことができたのではないか」と感じています。

ソファー席を作ってそこでの写真撮影やフリータイムの設定など、友人たちには好評でした。

しかし、ゲストに毎回その場まで来てもらうことになります。
式場内のすぐ近い距離とはいえ、食事をしたり、お話をしたり楽しんでいるゲストに移動してもらうことが多かったのではないか、と後々反省しました。
ケーキカットなどで写真を撮るために新郎新婦の近くまで行くことや、挨拶をしに行くことは当たり前のようにありますが、それ以外で歩き回ることは披露宴ではあまりないかもしれません。
実際、私が参加させてもらった披露宴では、座っていることのほうが多かったと思います。

ゲストのことを考えていないわけではありませんでしたが「ゲストにもう少しゆっくり座っていてもらうこともできたのではないか」と、終わってから思いました。

私達の結婚披露宴で皆が口をそろえて言ってくれたことは「私が常に笑顔だった」ということです。

確かにずっと笑っていました。
準備の段階では披露宴会場のことや内容に色々な工夫を凝らしたり、ゲストに楽しんでもらうために考えた
り、大変な部分もありました。
実は、ストレスで結婚披露宴1週間前に、右耳が聞こえなくなってしまったのです。
披露宴のときも左耳しか聞えない状態だったので、介添さんには左側から声をかけてもらえるようにお願いをしていた程です。
それでも、ずっと笑っていました。
主人が気持ちよく歌っていて惨めに一人取り残されても笑顔だけは崩さないようにしました。
一番大切なのは「新郎新婦の幸せそうな姿なのではないか」と思っていたからです。
それは、今も同じです。
色々と試行錯誤をして、皆それぞれ素敵な披露宴を挙げますが、何よりも素敵なのは、新郎新婦の幸せな姿、笑顔だと思います。
スポンサードリンク

コメント