ジューンブライドとは?由来と広まった理由は?利点を知り賢く挙式!

結婚式を挙げる時に、ジューンブライドって聞いたことあるけど、そもそもなに?

どんな意味があるの?

と思う方もいますよね。

ジューンブライドとはなに?

ジューンブライドの由来って?

解説していきましょう!

スポンサードリンク

👇 注目! 👇 

結婚についてのあれこれはこちら

結婚前にすることや決めておくことはこれ!不安はこれで解消!

ジューンブライトとは?

ジューンブライドは「六月の花嫁」ともいわれています。

六月に花嫁になると幸せになるという言い伝えがあります。

その大きな理由として、

結婚を司る守護神が六月を守護している

と言われているからです。

六月に花嫁になると幸せになると言われ、欧米で六月に式を挙げる事が多かったといわれています。

ジューンブライドは由来以外にも広まった理由が!

六月に結婚すると幸せな花嫁になれるよ~ という言い伝えがある事だけが6月に結婚をする理由ではなかったんですよ。

当時欧米では

農繁期には結婚が禁じられていて、農繁期明けの6月に結婚する人が多かった
気候がいいため式を挙げる人が多かった

というのも六月に挙式する大きな理由としてありました。

では、なぜ日本に根付いたのか、、

当然、欧米の言い伝えの通り、

少しでも幸せな結婚をするためにあやかりたい

という人もいます。

でも、日本の六月は、梅雨の時期という事もあり、

天気が不安定
湿気がある

など天候を気にして挙式を敬遠する人が多かったといわれています。

そのため、結婚式業界では、売り上げの落ち込みに悩み、なにか打開策はないか、、、と模索していたところ、ジューンブライドに目を付けた結婚式場が戦略として押し出しブームになっていきます。

ジューンブライドとは入籍のこと?挙式のこと?

ジューンブライドは挙式か入籍かって疑問ですよね。

基本的には、どちらも当てはまります。

なので、ジューンブライドを狙う場合は、入籍でも挙式でもどちらかが六月であればOKです。

狙いやすい方を狙ってみましょう!

スポンサードリンク

ジューンブライドのメリットやデメリットは?

ジューンブライドにもメリットデメリットが存在します

解説していきましょう!

ジューンブライドのメリット

暑くも寒くもない

季節的には暑くなり始めですが、比較的快適に過ごせる温度で、寒くも暑くもない丁度いい気候です。

最初から雨かもと考える

そもそも、天気がいいと想定しているので、雨降りだと、雨降ってやだな~と思うんですよね。

ですが、梅雨の時期という事は分かっているので、雨が降るかもという覚悟はできています。

新婚旅行先がベストシーズンの事も

欧米などへ新婚旅行へ行く場合などは、六月はベストシーズンともいえます。

新婚旅行を欧米に選ぶ場合はおすすめです。

費用が安い

雨などで敬遠しがちなシーズンなので、料金設定が安くなっていることもあります。

ジューンブライドのデメリット

屋外での演出ができない

雨が降る事を考えると、外での演出は積極的に考える事はできません

なので、屋内で完結するような演出にするか、あえて雨や梅雨を意識した演出などを心掛けてみるといいでしょう。

傘を使った演出などはおすすめですが、梅雨をイメージした紫陽花の花をテーマにするのはおすすめしません。

紫陽花の花言葉は「移り気」「浮気」「無常」です。

その理由は、紫陽花は、土の成分や時期によって色が変わる為です。

可愛いからどうしても使いたいという方もいますよね。

その場合は

青は 辛抱強い愛情
白は 寛容
ピンクは 元気な女性

という花言葉なので、そちらを使ってみるといいでしょう。

雨で洋服が汚れるかも

雨が降ると考えられるのが衣装の汚れです。

ドレスなどは裾が汚れる事は十分考えられます。

汚れるのは新婦だけでなく、ゲストもそうです。

親族などであれば、着物で出席するという方も多いですよね。

友人などもドレスアップして出席します。

なので、濡れてしまう事を気にする人も多いです。

髪のセットが決まらない

湿気が多いと、髪の毛のセットが決まらない、、、
という人も多いですよね。

せっかくおしゃれして出かけたいのに、髪がまとまらないのは残念です。

天気の対策はある?

ジューンブライドにしたいけど、天気は気になる、、、

という場合は、入籍を六月にして、あとは好みの時期に結婚式を行うという方法です。

これが一番手っ取り早いですね。

あとは、

六月に挙式をするのであれば、

雨対策が万全な会場を選ぶ
海外で挙式をする

などの方法があります。

まとめ

ジューンブライドとは、六月に結婚する花嫁の事をいいます。

六月に結婚すると幸せになるという言い伝えがあり、日本でもその言い伝えのロマンティックさで定着していきました。

雨が想定されるので屋外での演出がしづらい
服が汚れるのが気になる

という一方で

気候はいい
雨を逆手にとればいい

という利点もあります。

ジューンブライドを狙う場合は、良い所を十分に活用しながら行って幸せを掴んでくださいね!

 

<関連記事>

ジューンブライドは結婚式と入籍どっち?費用は変わる?ジンクスは?

紫陽花は結婚式のブーケに使ったらダメなの?花言葉以外にも注意点が!

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました