紫陽花は結婚式のブーケに使ったらダメなの?花言葉以外にも注意点が!

ジューンブライドは結婚する女の子にとって憧れるものの一つですよね。

ジューンブライドに憧れて六月に結婚しようとすると、「六月らしい演出を!」と思いますよね。

こそで、六月の時期に咲く花の紫陽花ってどう?と思いますよね。

でも、紫陽花は結婚式に関しては、「タブー」と言われる事もあり、使うのに迷う、、、という場合もあります。

実際はどうなの?

そんなお悩みにお答えします!

スポンサードリンク

 

ジューンブライドに紫陽花は使っちゃダメ?

以前は結婚式に紫陽花を使うのはタブーと言われていました。

なので、使っていないものと思っていました。

その理由としては、

紫陽花が

時期によって色が変わる
土によって色が変わる

という事から、

花言葉に

「移り気」
「浮気」

という結婚には不向きな言葉が使われているためです。

ですが、今は、

あまり気にしない
色によって花言葉が違うので大丈夫

という感じで使う方も増えてきています。

なので、タブーと考えるか大丈夫と考えるかは、気持ち次第という感じです。

可愛いから好きだから使いたい
六月らしい花だから使いたい

という場合は工夫して使うといいでしょう。

紫陽花の色別の花言葉は?

では、それぞれの色の花言葉を確認していきましょう。

青の紫陽花

冷淡
無情
高慢
辛抱強い愛情
あなたは美しいが冷淡だ

ガクアジサイ(青)

謙虚

ピンクの紫陽花

元気な女性
強い愛情

白の紫陽花

寛容

色に関わらず

 

移り気
浮気
変節
和気あいあい
家族
団欒

結婚式で紫陽花を使わなかったのは花言葉以外にも理由が、、、

紫陽花が結婚式に不向きと言われているのは「花言葉がよくない」という事が理由なのですが、それ以外にも、

花の水揚げが悪い

という理由があります。

水揚げというのは、「水を十分に吸わせる」という事です。

水揚げがきちんとできていないと、すぐに花の中の水分がなくなってしまい、だらんとした状態になってしまいがちです。

水揚げが悪い花はブーケに使うのは敬遠されがちなのです。

スポンサードリンク

ブーケに使用すると水分を吸わせることができません。

なので、花の中の水分がすぐに抜けがちな花は、ブーケ作りには向かないと言われています。

使うのであれば、しっかりと水揚げする、水分を含んだティッシュなどを切り口に巻くなどの工夫をして使う必要があります。

ブーケの場合は、気を付けて使う必要がありますが、紫陽花を会場装花として使う分には得に問題はないと考えていいでしょう。

どんなブーケならいいの?

紫陽花を使ったブーケを数点ご紹介していきますね。

参考にしてみてください。

クラッチブーケ

ブーケの場合、

クラッチブーケと言われる、束にしてキュッと縛った感じのデザインにするのが一つの方法です。

この方法であれば、水に直前まで入れておくことが可能なのでしおれる可能性が少ないです。

この位の青の差し色はチャペルでも許容範囲です。

サムシングフォーとしても使えますね。

白い紫陽花のラウンドブーケ

丸い形をしたブーケです。

紫陽花はもともと丸い形をしているので、丸がしっくりきますね。

白い花だけをつかって丸く仕上げるとかわいい感じになります。

紫陽花と百合のラウンドブーケ

ジューンブライドには紫陽花だけでなく百合も似合います。

ちょっとクリーンを強くする事で、エレガントさや大人っぽさがでます。

ボールブーケ

ラウンドブーケは球体を半分に割ったような感じですが、こちらは球体そのものです。

持ち手はないので、リボンを持ちます。

青色を取り入れるとサムシングフォーにも使えます。

バラと紫陽花のラウンドブーケ

あえて白っぽい印象の紫陽花を真ん中に持ってきている所がポイントですね。

オレンジや赤などの花と組み合わせるとモダンな感じになります。

ドレスによっては濃淡をつけた色合いにしても素敵な感じになります。

紫陽花がしおれてしまうのが心配だ、、、

という場合は、

プリザーブドフラワーや造花をつかってみるのがおすすめです。

プリザーブドフラワーは「フリーズドライ」状態になっているものなので、色や形はそのままなので、生花の雰囲気のままです。

紫陽花とバラはプリザーブドフラワーではよく使われているので、組み合わせて使ってみるといいです。

ブーケを作っている人は花の扱いによくなれています。

紫陽花を使いたいけどと相談してみましょう。

まとめ

 

紫陽花は結婚式に使うものではない!

と言われてきたので、使う事を気にするケースはあります。

色によって花言葉も違うので、気になる場合はいい花言葉の色を選ぶといいでしょう。

ジューンブライドの雰囲気を出すのにはおすすめのアイテムなので、気にしない場合は大いに活用するといいでしょう。

ブーケに利用する場合は、メインに使う場合と小花として利用する方法があります。

紹介したブーケを参考に好みのものを見つけてみてくださいね!

 

<関連記事>

ジューンブライドとは?由来と広まった理由は?利点を知り賢く挙式!

 

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました