1.5次会は会費制で好評!ビュッフェは着席にするべきだったと後悔も。

親族だけで挙式を挙げていたので、彼の会社の方や私たちの友人にカジュアルにお披露目をしようと思って1.5次会をしました。

パーティ自体は自由な雰囲気を心がけたので、食事はビュッフェスタイルで、ご祝儀ではなく会費制を選びました。

1.5次会にはご祝儀制と会費制との2種類が存在するのですが、会費制にしたことで友人達が気軽に参加できるかなと考えたからです。

スポンサードリンク

1.5次会は会費制で自己負担を低く設定することで参加しやすく!

私たちの考え通り、友人達は会費制だから参加しやすかったと後で言っていたので、これから1.5次会を行う方は会費制をお勧めします。

会費制は一般的なご祝儀の3万と比べて費用が少なく設定できるので、友人達には非常に喜ばれました。

ちなみに私たちは1.5万に設定しました。

また、招待客の服装もフォーマルすぎなくても良いので、ワンピースにヒールなどカジュアルな格好で参加できるようにしたのも良かったと思います。

ケーキ入刀や食べさせ合い、キャンドルサービス、中座、お色直しなどを体験したかったので、そのプランは入れました。

それらを含めたことは普通の披露宴と同様だと思います。

実際の1.5次会ですが、結論から言うと大成功でした。

友人達には参加のしやすさや参加費があまりかからない点、気を張ることなく参加することができた点、それでいて披露宴のようなキャンドルサービスやお色直しの姿を見ることができた点で喜ばれました。

1.5次会という知名度はあまりなかったのですが、これを機に知ってもらうことができ、友人達は「私たちもこんな感じで1.5次会したい!」と興奮していました。

彼の会社の方の評判も良かったようです。

スポンサードリンク

1.5次会はビュッフェで着席じゃなかったことに後悔、、、

唯一の反省点としては、ビュッフェスタイルにしてしまったことです。

私たちはお客様に気軽に食事を楽しんで欲しくてビュッフェスタイルにしました。

親戚のお子さんや一部の友人は「ビュッフェスタイルで良かったよ」と声をかけていただいたのですが、雰囲気はあまりだったなと感じています。

その理由は、ビュッフェスタイルにすることでどうしても立っている時間が長くなってしまうからです。

一応会場内にはテーブルも椅子も置いてあったのですが、あまり座っている人はいませんでした。

多くの人が立ってお喋りやお食事を楽しんでいたので、こちらとしては少し申し訳ない気持ちになってしまいました。

また、彼の会社の方や私の友人、親戚のお子さんなど様々な年齢層の方が参加するので、ビュッフェでお食事を取り分ける際に気を遣ってしまったようです。

乾杯直後のタイミングではお料理を取りに行くのに列ができてしまっているのも見えました。

家族も参加したのですが、お料理を取りに行くタイミングを逃してあまり食べられなかったそうです。

皆さんに気を使わせてしまう結果となったので、私はコース料理にしていれば良かったと後で思いました。また、披露宴のように中座やケーキ入刀など、会場のメインとなる場所でお披露目があります。

その度にアナウンスをしてくださるのですが、立食パーティということでお話も弾み、またビュッフェのお料理を取り分けている最中だったりするとなかなか会場前方に注目してもらえず、ザワザワした雰囲気のままの時もありました。

そのため注目されるのが少し苦手な私は緊張がほぐれて良かったのですが、盛大に自分たちの姿をお披露目したい場合などにビュッフェスタイルは向かないかなと思います。

私たちのように進行をきっちりとスケジュールしたい方などは、コース料理にしてゆっくりと進めるのが良いのではないでしょうか。

コース料理にすることで、スタッフの方がお料理を出すタイミングと中座やケーキ入刀などのメイン演出のタイミングをずらしてもらうことができるのでお勧めします

スポンサードリンク

1.5次会でビュッフェスタイルでもメリットはあった!



しかしビュッフェスタイルの良い点ももちろんありました。

ずらっとお料理が並ぶ光景を見るのは私たちはもちろんお客様の気分も上がりますし、実際に友人達は「インスタ映えする!」と言って写真をたくさん撮っていました。

親戚のお子さん達のテンションもかなり上がっていました。

また、彼の会社の上司に食べ物のアレルギーを持つ方がいらっしゃったのですが、自分で食べたいものを食べるビュッフェスタイルでは安心して食べることができたようです

コース料理にすると、アレルギーの食材を使うお料理の場合はその方だけ別のメニューで提供することになってしまうので気を使わせてしまうのですが、ビュッフェスタイルではそのようなことはありませんでした。

色とりどりのお料理があちらこちらに並ぶので光景も良かったです。

1.5次会のコストを少しでも抑えたかったので会場に本来置くはずの造花を置かなかったのですが、ビュッフェでカラフルなお料理がたくさん並ぶことで会場が華やかになっていました。

ビュッフェスタイルだと新郎新婦本人はあまり食べられないのではないのかと思われるかもしれませんが、会場のスタッフの方が私たち用にお料理を取り分けてくださっているので、その点は問題ないと思います。

また、お客様も会場の好きなところで食事やお喋りを楽しんでいましたので、私たちも会場内をたくさん移動して挨拶に回ることができました。

普通の披露宴だと私たちはずっと前に座っているイメージがあったのですが、カジュアルに会場内で友人達とお喋りできたので良かったと思います。

ビュッフェスタイルにすることでコース料理の時よりもカジュアルに楽しい時間を過ごすことができた点は非常に良かったです。

メリットもデメリットもどちらもあるので、進行のスケジュールに合わせてコース料理かビュッフェスタイルかを決めるだけではなく、お客様の年齢層やアレルギーを持つ方がいるのかどうか、お子さんや高齢の方がいるのかどうかによって決めても良いかもしれません。

私たちのお客様に高齢の方はいらっしゃらなかったので良かったのですが、高齢の方や車椅子の方がいらっしゃる場合はコース料理の方が良いと思います。

また、私たちは余興やビンゴ大会などのゲームは工程に加えなかったのですが、より2次会に近い雰囲気でカジュアルに楽しい会にしたい方でしたらこういったゲーム要素を入れても面白いと思います。

私たちは、友人達はゲームなどで盛り上がるのですが会社の方や上司などは盛り上がりに欠けてしまうと判断したので入れませんでした。

その点も考慮して決められる良いと思います。

スポンサードリンク

コメント