婚活パーティーで緊張し会話続かず!失敗の原因も認識し諦めない!

本日は私が婚活をして上手くいかなかったお話をさせていただきます。

現在私は46歳の男性で過去に結婚歴はありません。

周りの仲間達は早い人ですと20代半ばで結婚をしていましたので羨ましい反面で同じ男性としてどうして婚期がこんなに違うのだろうかと日々悩んでいました。

流石に40歳を過ぎると職場恋愛をするにしても、うちの会社は若い女子社員が多いので相手にしてもらえないだろうと言う思いもありましたので結婚は諦めようと思った事もありました。

スポンサードリンク

婚活パーティーで緊張しタジタジ


因みに婚活にも色々な種類がありますが、私の親も流石に私が40歳を過ぎたら「あんた結婚はする気はあるの?」と聞いてきて必要であればお見合いをセッティングするとも言われた事がありましたが、気持ちの中で「今どきお見合い結婚だなんて古臭い」と言う気持ちがあって断ってしまいました。そんな中で私が選んだのが今の流行りのお見合いパーティーでした。

今の時代ですのでインターネット上でも参加を募っている婚活パーティーもありますし、ちゃんとした男女の出会いを目的とした婚活アプリであれば広告などで世間的にも認知されていますのでそんなに変なメンバーもいないであろうと言う気持ちがありましたので、最終的に私は婚活アプリに登録をしてパーティーに参加をする事にしたのです。

場所は都内のあるレストランを貸し切って行われました。

実は私は学生の時にも合コンと言う物に誘われた事はあったにしろ参加をした事がありませんでした。

ですので合コンとは違って真剣に結婚を目的にしている男女が集まるパーティーだなんで緊張をしてしまって会場に着くと先ずは受け付けで予約番号と名前を言うのですが、タジタジで舌が回らない程度になっていました。

ですので今の考えると終始自分的には最高の笑顔がで接してきたつもりだったのですが、きっと相手から見たら緊張している事がバレバレだったのではないかと思います。

そして婚活パーティーでは先ず男女がそれぞれ一列に並んで1人3分〜5分位の感覚で入れ替わってお互いの自己紹介をしたり、相手の事を聞いたり自己アピールをする程度の時間があります。

私の参加した婚活パーティーは男女合わせて40名の会でしたので20名の女性と話をする事が出来るのでした。

またタイムキープは運営している方々が測って時間が来たら司会をしている方に交代を告げられるのですが、特に最初の1人目の女性と話をすると時なんかは今の考えると相手の目は見ない(正確に言うと恥ずかしくて見れない)ですし、せいぜい「初めまして」や「こんにちは」程度の挨拶はできたとしてもその次の会話がぜんぜん出てこないのがオチでした。

特にこう言う場合の会話の間と言うのはほんの10秒や20秒だとしても物凄く長く感じる物なのです。

ですので女性側もそれを察してか「今日は良い天気ですね」とか「スーツが素敵ですね」などと言うセリフを言ってくれた人もいました。

スポンサードリンク

もうこの時点で女性に気を使わせてしまっている事になりますのでよっぽど背が高くてオシャレなタイプの男性でとかじゃないと「またこの男性と話してみたい」とは思ってくれないはずです。

婚活パーティーの失敗の原因はこれか?


そんな事も分かりながら少しずつ男女が入れ替わっていく中で、女性によっては積極的に話してかけてくれる人もいました。その中で私も少しずつ挨拶や天気の話を、また仕事や趣味の話をする事ができる様になってきました。

我々が集まっているパーティーは単なる友達を作る為の物ではなく、また合コンとも違うので結婚相手を探すと言うお互いの目的が一致している中でどれだけ自分をアピールする事が出来たり、また結婚観をどう考えているかを相手と共有できるかと言う事が最大のポイントになるはずです。

例えば相手から「将来子供は何人欲しいか」や「理想の家庭像は?」と言う質問をされた時にパッと答えられない自分がいたのです。

そうすると女性からすると自分と言う男性は意見を述べなかったので結婚相手として最適なのかどうなのかのフィルターにすら引っかからない事になってしまうのです。

そんなこんなでアピールタイムが終わった後はフリータイムとなりまして、会場内にはいくつかのテーブルがあり、そこに先ずはグループでも良いですしアピールタイムで双方気に入った人がいた場合にはいきなりツーショットでお話をすると言う流れもありました。

また最悪の場合には男性だけのテーブルや女性だけのテーブルが出来てしまう事もあります。

そう言う場合には運営側がそれぞれのテーブルに声をかけてかけて一緒にお酒を飲んだり食事をしたりする様にセッティングをしてくれるのですが、私はそのパターンにハマってしまいました。

また不思議な物で女性の前ではタジタジで何にも話せなかったのですが、アピールタイムが終わった安堵感があったからなのかも知れませんが同性同士だとスラスラと話す事ができました。

きっと自分と似た様なタイプの男性が集まったのではないかと思いますが、その後女性陣のテーブルとくっ付いた後は目の前に美味しいお料理やお酒があると事もあって双方に何とか話をする事が出来ました。

でもそれでもどちらかと言うと私は相手が話をしているのをずーっと笑顔で頷きながら聞いているのだけで、本命となる家庭の理想像や結婚観については相手からも話をして来ませんでした。

またこの段階でも積極的に結婚について話を持ちかければ良かったのかも知れませんがそれもしませんでしたので、女性からしても今回の婚活パーティーは諦めて自分の愚痴やストレス発散の為に話を聞いてくれる程度の男性が見つけられたと思って接していたのかも知れません。

この様な事から私は婚活に失敗をしてしまいました。

もちろん今更でも結婚を諦めている訳ではありません。

反省点としてはもしも婚活パーティーで相手見つけようとするのであれば最低でも将来はどの様な家庭を築きたいかや、子供な何人欲しくて家族でどんな所に遊びに行きたいか。

また奥様に希望する事がなどがあれば自分の意見として考えておき、事前に家でスムーズに話ができる様に練習をしておくと更に緊張もしなくなりますので婚活パーティーで成功する確率が上がるのではないかと思っています。

<関連記事>

お見合い会話の流れは?タブーやコツはある?つまらない時はどうする?

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました