婚活の体験談失敗の原因は相づちの仕方?有料会員がハイレベルで安心

数ある婚活サイト、恋活サイト、出会い系サイトの中で、有料サイトと無料サイトがあると思うのですが、私はそのどちらにも登録をして、どちらでもいわゆる「出会い」がありました。

中でも、「あー! 失敗したなぁ!」と思っているのは、無料の恋活サイトで知り合った「4歳年上の元ヤンキーで、とんかつ屋に勤めている調理師」という男性との出会いでした。

スポンサードリンク

婚活の体験談 失敗した相手は元ヤンキー

元々、その人(仮にAさんとします)からメッセージをもらった時期には、私は好きな人がいて丁度フラれた頃で、サイトにログインしていませんでした。

Aさんからメッセージをもらって、2週間ほど経った頃にやっとログインをして、「メッセージをもらってる!」ということに気付いたほどでした。

お返事をしないのも失礼かと思い、失恋して凹んでたということは伏せたまま、「忙しくてログインしてなかったので、メッセージに気付けませんでした! ごめんなさい!」という内容のメッセージを送ったところ、「返事がないのはよくあることなので、逆に事情を話してくれて、嬉しかったよ」という返事がきました。

そこからは、私が簡単に自己紹介をして、それにAさんが応える形で自己紹介をしてくれて……、と、思っていたよりもやり取りが弾みました。

お互いに、サイトに写真を載せていなかったのですが、私自身は余り外見にこだわらない(勿論、清潔感がある人が良いとかそういうことは、プロフィールに書いていましたが)タイプなので、話が弾むのがとても楽しかったのです。

比較的、真面目一辺倒で生活してきた私と、元ヤンキーで早くから社会に出て働いていたAさんは、別の世界で暮らしていたと思うのに、メッセージを送り合っているととても楽しく、毎日仕事から帰ってくるのが楽しみになるほど、生活にハリが出るのが分かりました。

サイトを通してのメッセージを2週間ほどやり取りして、Aさんの方から、「ねえ、もう直接電話で話してみない?」と言ってくれたので、携帯のメールアドレスを教え合ってから、携帯で話すようになりました。

Aさんは、仕事の都合で夜10時以降でないと電話することが出来ませんでしたし、休日が金曜日だけで、調理師なので土日も仕事だったので、毎日電話することで距離を縮めていると思えました。

婚活の失敗の原因は電話での会話の切り替えし?


ただ、元ヤンキーということもあってか、楽しく話しているのを聞いていて、「うん、うん」と頷いているだけだと、「話聞いてる? 何か返事が単純なんだけど」と言われて私にとっては聞く話が面白くて「もっと聞きたい」という気持ちで、「うん、うん」と聞いていたのですが、話を聞いていないようにとられていたのが、かなりショックでした。

他にも、電話は毎日していたので、いつもの時間に携帯が鳴ってもたまたま取れなかった時に、若干責められるようなことを言われたりして、少し、傷ついたりしていました。

スポンサードリンク

自己紹介メッセージを送ってから1か月くらいして、「会ってみる?」という話になったので、一も二もなくOKしました。

その日は元々は、Aさんは休みではなかったのですが、有給申請してくれて土曜日に休みを取ってくれて、県内の真ん中の方に住んでいるAさんの地元から、西の方に住んでいる私の市の駅前まで、車で迎えに来てくれました。

そのまま海の方までドライブに行って、車の中で話したり、途中のレストランで食事したりして、夕方にはまた、駅に送ってくれました。

帰り際に、「また電話するね」と言ってくれたので、電話してくれるものだと思っていたのですが、その後、どんなに待ってもAさんの方からは電話はかかって来なくて、私の方から電話して、留守電にメッセージを残しても、一切連絡はありませんでした。

私が「失敗したなぁ!」と思ったのは、電話でやり取りしている時に、「話聞いてる?」と言われてショックを受けて、すぐに「聞いてる話が面白かったからだよー。今の良い方、ちょっとショックだったなぁー!」と、切り返せなかったことです。

婚活 相づちだけではなく気持ちをしっかりと表現していれば、、、

私は小さい頃から、自分の意見をはっきり言える方ではなかったので、傷ついてもショックを受けても、怒っても、ぱっとその場で切り返すことが出来なくて、ずっとつらかったのですが、その時もやっぱりぱっと冗談交じりに切り返せなくて、「傷ついた事実」も自分の中に隠してしまったことは、今でも後悔しています。

会う前の電話の時に、「自分を好きになってくれた人は、きちんとフらないと、相手の時間がずっと止まっちゃうじゃん?」とまで言っていたAさんから連絡がなくなったこと、連絡しても返事がなくなったことは、とても悲しかったです。

Aさんの留守電に泣きながら「私の時間を止めないで」と残したメッセージにも返事がなかったことで、Aさんは私と話したり会ったりすることが楽しかったのではなくて、いわゆる出会い目的、体目的だったのかも知れないな、ということが分かって更に悲しかったです。

話していて楽しかった気持ちはなんだったのかな、とか、初めて会うことが決まった日から、どんな服とメイクとヘアスタイルで会いに行こうかなと、ワクワクした日々を送っていた気持ちはなんだったのかな、とか、すごくむなしかったです。

そしてやっぱり、自分の気持ちはきちんと表現出来ないと、損をするんだなぁと思ったことも、切なかったです。

婚活は有料会員がハイレベルで安心かな?と感じました。

それから、良し悪しはあると思うのですが、恋活サイトも婚活サイトも、もちろん出会い系サイトも、ある程度のレベルのユーザーが集まりやすいのは、有料サイトの方が確率が高いなぁということも、学習出来ました。

Aさんも私も、「自分と1年以上付き合って別れたら、必ずその後に結婚するんだよねー」という話を笑ってしていたのですが、私とAさんは、たった1回のデートで壊れてしまうほど、簡単で薄っぺらい1か月ちょっとでした。

私は今は、10年程前に別の有料サイトで出会った別の男性と結婚して、しあわせに暮らしていますが、Aさんにひとつ言えることがあるとしたら、「あなたは今、しあわせですか?」ということだけです。

最低で自分勝手な人だったけど、自分の気持ちを溜め込まないようにしようとか、出会い目的の男性は本当にいるんだとか、色々なことを学ばせてもらった人だからです。

<関連記事>

お見合い会話の流れは?タブーやコツはある?つまらない時はどうする?

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました