海外ウェディンググアムの費用新婚旅行と一緒ならかなり格安に?

わたしはグアムで挙式をしました。わたしが海外挙式をしようと思ったのは、資金面で日本で披露宴をするのが不可能だと感じたからです。

かかった費用のことについて詳しくお話したいと思います。

スポンサードリンク

海外ウェディング グアムだと費用は?

いくつか日本の結婚式場も見学に行きましたが、親族と親しい友人のみの招待で少人数の披露宴でもだいたい300万円前後の費用がかかることがわかりました。

それから新婚旅行に行くことを考えると500万近くお金がかかることになります。

そこで、新婚旅行を兼ねて家族だけでグアムで挙式をすることにしました。

まず、式場を押さえないといけないのでプロデュース会社というところに行きました。

海外挙式はパックになっていることが多いのですが、自分で衣装を持ち込むのか、プロデュース会社でレンタルや購入をするのかで金額が大きく変わります。

また、現地で披露宴をするかしないかによっても金額が違います。

わたしは衣装は自分で外部で購入して持ち込み、現地での披露宴はなしという1番安いプランで申し込みました。

詳細を詳しく説明していきますね。

海外ウェディング 衣装の費用はこんな感じ

ウエディングドレスに関しては、持ち込み料が30000円ほどかかりますが、それを加味してもプロデュース会社で買ったりレンタルするよりも外部で購入した方が費用は抑えられます。

私が購入したウエディングドレスは、アクセサリーやベールなどの小物込みで27万円ほどでした。

ちなみにプロデュース会社で購入すると、1番安いシンプルなウエディングドレスでも25万円ほど、アクセサリーや小物は別途購入と説明されました。

費用のことも気になったのですが、どうせ購入するなら自分が気に入ったドレスを着たいという思いがあり、オーダーメイドで作ってもらうことにしました。

主人のタキシードは通販で2万円ほどで購入できました。

タキシードの持ち込み料は1万円でした。

タキシードもレンタルではサイズの関係で選択肢がほぼなかったので自分で購入することにしました。

海外ウェディング フォトに費用をかけました

オプション関係の費用としてはアルバム代が1番お金がかかりました。

わたしは挙式時のDVDは恥ずかしくて後で見ないだろうと考えて注文しなかったので、アルバムのグレードを少し良いものにしました。

スポンサードリンク

街中でのタウンフォトも行ったのでデータ数も多く、アルバムに関してはとても満足しています。

プラン内のアルバムは8万円くらいでデータも20枚程度と説明があったので、25万円くらいのアルバムにアップグレードしました。

データ数は150枚程度と聞いていましたが、実際は200枚ほどのデータをもらうことができました。

タウンフォトは別で頼んでいて、プラス10万円ほどだったと記憶しています。

タウンフォトのデータは30枚くらいと聞いていて、最終的には50枚くらいのデータをもらいました。

アルバムに入れられる写真は限られているので、残りは写真屋さんで自分でアルバムにしました。

データがたくさんもらえたので、式には来られなかった祖父母にもアルバムを作ってプレゼントすることができました。

海外ウェディングの参列者や費用は?

また、海外挙式で気になったのは誰を招待するのかということでした。

費用負担の関係で、お互いの両親のみ招待することにしようと考えていたのですが、兄弟は旅行がてら実費で参加してくれるとのことだったので、最終的には両親と兄弟のみ招待しました。

両親の分の旅費はこちらで負担し、航空券と宿泊費を合わせてもだいたい1人10万円ほどでした。グアムだったので航空券代もそれほどかからず助かりました。

ホテルは挙式するチャペルがあるホテルを選んだので少し高めでしたが、新婚旅行を兼ねていたのでそれほど高いという感じはしませんでした。

わたしと主人は、少しグレードの高い部屋を取っていたので、航空券と宿泊費合わせて1人15万円ほど旅費がかかりました。

その他には、挙式時に介添スタッフさんやカメラマンさん、ヘアメイクさんなどのスタッフの方にチップを渡しました。

だいたい全員分で日本円にすると1万円くらいでした。また、旅行中の食事代やアクティビティ代、お土産代でおよそ20万円くらい使いました。

挙式前に日本でエステに通ったので、それがだいたい5万円くらいでした。

ブーケはプロデュース会社で頼むこともできましたが、生花のブーケは1つ3万円くらいしたので、ネットで造花のブーケを購入して自分で持って行きました。

ウエディングドレスやブーケなどを全て自分で購入したので、飛行機に持ち込む荷物がかなり多くなってしまったのですが、義両親や自分の両親にも荷物を持ってもらって運んでもらいました。

ウエディングドレスはシワになってしまうかなと心配していたのですが、搭乗前にスタッフの方にウエディングドレスがあると伝えると、ハンガーにかけて吊るしてくださったのでシワにならずに済みました。

シワになってしまったら現地でお金を出してプレスしてもらう予定だったので、出費せずにすんで良かったです。

最終的にプロデュース会社に支払ったのは挙式のプラン代金と旅行費用のみだったので、120万円ほどでした。

オプション代が高いので、オプションをつけたり現地に友人や親族を招いて披露宴をしたりすると費用がかさむ印象でしたが、家族のみでアットホームに挙式するのであれば日本で挙式披露宴をするよりも格段に費用が抑えられました。

ドレスやタキシード、その他の小物や旅行にかかる保険などの費用などを足しても200万円程度だったので、二人の貯金で十分賄えましたし、新婚旅行も同時に行けたのでかなり節約になりました。

節約した分、アルバムやドレスにお金をかけることができたり、挙式後の生活にも少しゆとりがあったので新婚生活をスムーズにスタートすることができて良かったと思います。

両親もあまり海外旅行の経験がなかったので、負担にならないように比較的近場のグアムにしましたが、わたしたち夫婦にとっても移動での疲れがなく、時差もほぼないので時差ボケすることもなく、体力的にも無理なく挙式を行うことができました。

物価は日本より少し高めだった気もしますが、グアムなら両親の分の旅費を負担しても大きな金額にならなかったのも助かりましたし、親孝行ができたので大満足の挙式でした。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました