身内の結婚式子供の服装はどんなのがいい?花束贈呈向きとかあるの?

身内の結婚式にお呼ばれされたときって、友達などの結婚式の時と違って家族みんなで出席することもありますよね。

そんな時子供の結婚式のお呼ばれの服に迷ったりしますよね。

ベールガールやベールボーイに加えてフラワーガールやフラワーボーイ、リングガールやリングボーイなどを任されることもありますよね。

また花束贈呈などもあります。

子供も一緒にお呼ばれの場合の服装などについてまとめてみました。

身内の結婚式 子供はどんな服装がいい?

親類の結婚式の服装は小さいお子さんなら特にカジュアルな服装を除いてはお呼ばれ着を着ていけばいいと思います。

幼稚園や保育園、小学生で指定の制服があるのであれば制服でもいいですね。

ただし制服で出席する場合は毎日着用しているものですので、ブラウスやYシャツに汚れが付着していないかなどを確認してくださいね。

ブラウスやYシャツだけ新しい物を着用したほうがいいかもしれません。

あとは制服で出席する場合には忘れがちなのが靴です。

普段保育園や幼稚園や学校などはスニーカーや運動靴など歩きやすい靴を履いて行っていると思いますので、フォーマル用の靴を用意しておくことも忘れないように注意してくださいね。

それ以外だと女の子はワンピース、男の子はスーツ調のもがたくさん売っています。

またマナー違反にならないか心配だったり、着る機会がほとんどないものなのでもったいないと思われる方は式場でもレンタルできる場合がありますので、一度新郎新婦さんの方に聞いてみてもいいですね。

結婚式の子供の服装 男の子だったら?

結婚式の男の子の服装のおすすめを少しご紹介します。

グレーとネイビーの2色のカラー展開で、ジャケット、シャツ、ベスト、ズボン、蝶ネクタイ、ブローチといったセット内容で大人顔負けのデザインです。

おしゃれでシャープな印象ですね。

サイズ展開も豊富ですので、小学生のお子さんも着用できますね。

ワイン、グレー、ネイビー、ブルーの豊富なカラーでチェック柄がとてもおしゃれです。

90cmからですので小さなお子さんでも着用できますね。

入園式や入学式などでも着用できそうですね。

こちらは赤ちゃん向けのフォーマルウエアです。サスペンダーと帽子がとてもかわいらしくておしゃれです。

赤ちゃんでもおしゃれにばっちり決めることができます。

次に女の子のお呼ばれ着について見ていきたいと思います。


結婚式の子供の服 女の子だったら?

では続いて女の子の結婚式の服装のおススメです。

とても大人っぽい印象のドレスです。

120cmからのサイズ展開ですので年長さんくらいから着用できそうですね。

とても上品でエレガントなデザインですので、ピアノの発表会などでも活躍出来そうですね。

淡いカラーとバックの大きなリボンが印象的なかわいいドレスです。

ドレスの下にこのようなパニエを履いておくとスカートがさらにふんわりとしてかわいさが増すと思います。

おなじみマールマールのドレスです。小さいころはワンピースとして大きくなればスカートとして着用することができますので、お呼ばれ服はほとんど着用することなくサイズアウトすることがほとんどですが、これだと長く着用することができるのでおすすめです。

淡い色身なので大きくなってからもコーディネートしやすいですよ。

結婚式 花束贈呈する予定の子供はどんな服装がいい?

結婚式の日に花束贈呈ということは視線がお子さんに一時的に集まるわけですから変な服装はさせられませんませんよね。

先にも触れたように制服がある場合は制服がフォーマルウエアとされていますので制服でも問題ないです。

せっかく人の目が集まる場面ですのでかわいらしいドレスやかっこいいスーツなどでびしっと決めたい場合には先ほど紹介したようなドレスやスーツもおすすめです。

主役は新郎新婦さんですので派手なカラーは避けたほうがいいです。

最近では淡いカラーの方が小さい子供さんが着ていてもかわいい気がします。

当日は女の子はかわいく、男の子はかっこよく、花束贈呈の大役を果たせればいいですね。


まとめ

子供が結婚式に参列する機会はそうそうありませんので、子供にとってもいい機会だと思います。特に女の子のドレス姿は華やかでとてもかわいいですよね。

男の子も普段着ることの内フォーマルウエアでバッチリきめて凛々しく見えることでしょう。

でも主役は新郎新婦さんです。

二人の新しい門出を子供達と一緒にしっかり祝ってあげてくださいね。

また花束贈呈などの演出を自分の子供が任されて緊張されている親御さんもいらっしゃるかもしれませんが、司会者さんはじめ式場のスタッフさん方も泣き出したり、うまく渡せない子供さんへの扱いも慣れておられますので、緊張せずにお子さんに任せてあげてくださいね。お子さんにとってもきっといい経験になると思いますよ。

コメント