結婚式の礼服にポケットチーフは必要?色や折り方はどうするの?

結婚式に出席する男性の礼服の胸元に、ちらっとポケットチーフを覗かせておしゃれを演出しているのを見かけますが、必ず必要な物なのかって悩みますよね。

私の夫が結婚式にお呼ばれしているのですが、ポケットチーフっているんだっけと悩んでいました。

そのほかにも、色はどうしたらいいのか、大きさはどのくらいのものがいいのか、折り方はどうするのかなども悩んでいました。

そこで、結婚式の時のポケットチーフのマナーについて調べてみることにしました。

調べてみると、ポケットチーフにもマナーがありました。

ポケットチーフは必要なのか、色や大きさに決まりはあるのか、折り方はどうするのかなどを紹介していきますので参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

礼服にポケットチーフは必要か

礼服やおしゃれなスーツなどを着て結婚式に出席する場合、ポケットチーフをつけている方を見かける事がありますよね。

ポケットチーフって必要な物なのか悩みますよね。

結婚式の時に着る礼服にポケットチーフがなくても、マナー違反ということはありません。

ポケットチーフは必須ではないですが、あると華やかになりますよね。

マナー違反ではないので、出席者の殆どが付けているという訳ではありませんが、あった方がフォーマル感もでますしおしゃれな印象を受ける方も多いです。

ポケットチーフがあるとおしゃれ感がワンランクアップするよね。

ちょっとおしゃれに見せたかったり、フォーマル感を出したいのであればポケットチーフを付けてみるのがおすすめ。

ポケットチーフは手を拭いたりして使うものと思う方もいるかもしれませんが、実際は手を拭いたりなどして使用するものではないんですよね。

あくまでも飾りです。

手を拭くためのハンカチは、別に用意しておくようにしてくださいね。

ポケットチーフの色に決まりはない

ポケットチーフって色に決まりがあるのかって悩みますよね。

使用するポケットチーフの色に決まりはありません。

でも、白ってイメージが強いよね。

ポケットチーフの色は白でなくてもかまわないですが、披露宴に出席する場合ワイシャツの色は白がマナーとされていますので、ポケットチーフもワイシャツの色に合わせて白にするのがおすすめです。

白以外の色にする場合は、「ネクタイの色に揃える」「スーツの色に揃える」という方法があります。

ただ、ポケットチーフの色をネクタイやスーツの色と揃えた方がいいという意見がある一方で、ネクタイの色などと揃えるのは「野暮ったい」「センスがない」という意見もあります。

ネクタイとポケットチーフは同じ色や同じ柄のセットで販売されている場合などもあるので必ずしも駄目という訳ではないです。

好みやバランスをみて判断するといいでしょう。

ポケットチーフをハンカチで代用したら駄目なの

ポケットチーフを付けていきたいけどもっていないという場合は、ハンカチで代用できないのかと考える方も多いですよね。

調べてみたら、基本的にはハンカチで代用しても問題はないことがわかりました。

ただし、注意点がありました。

ハンカチを利用する場合の注意点はこちら。

  • 絹、または光沢のある生地のものを選ぶ
  • 無地のものを選ぶ
  • 薄手の小さめのものを選ぶ

礼服に付けるものなので、やっぱり光沢がある方が映えますしフォーマル感もでます。

それに、礼服は無地が殆どなので柄物のハンカチでは合いませんよね。

厚手のものを選んでしまうと、ポケットの中でごろごろしたり、パンパンになってしまったりという事も。

事前に確認してみて、合うものがないようなら1枚購入するがオススメです。

ポケットチーフの大きさは

ポケットチーフの大きさってどれぐらいなんだろうって悩みますよね。

調べてみたところ、いろんなサイズがある事がわかりました。

25㎝の小ぶりな物から45cmの大振りなものまで。

どんなものを選んでいいのか迷いますが、25cmだと小さくて沈んでしまったり、45cmだとパンパンで入らなかったりなどポケットの大きさ次第なんですよね。

礼服のポケットの大きさを確認してから購入するか、35cm程度のものを選ぶといいでしょう。

礼服 ポケットチーフの折り方

ポケットチーフを付けていきたいと思っても、折り方がわからないってことありますよね。

そこで、折り方はどうするのか調べてみました。

すると、色んな折り方がある事がわかりました。

ポケットチーフの折り方はこちら。

  • TVホールド。
  • パフ。
  • クラッシュ。
  • トライアングラー。
  • スリーピークス。

ポケットチーフってこんなに折り方に種類があったんですね。

ポケットチーフの折り方にも、ラフな感じとフォーマルな感じがあって、結婚式向きなものとそうでないものがありました。

結婚式向きなのはこちら。

  • TVホールド。
  • トライアングラー。
  • スリーピークス。

TVホールドとトライアングラーはオールマイティーでスリーピークスがフォーマル度が高いと言われています。

TVホールドが見た目おとなしめでシンプル、スリーピークスがフォーマル感があり華やかさもあるのでどちらかがオススメ。

折り方はとっても簡単。

TVホールドの折り方の工程はこちら。

  • 4分の1に折る。
  • ポケットの幅に合わせて三つ折りにする。
  • ポケットの深さに合わせて下側を折る。

正方形に折りたたんだらあとはポケットの幅に合わせて三つ折りにするだけなのでとっても簡単です。

こちらの動画でも確認してみてくださいね。

続いて、スリーピークスの折り方の工程はこちら。

  • 三角に折る
  • 更に三角に折り、頂点をずらす。
  • 更に三角に折り、頂点をずらす。

意外に簡単ですよね。

こちらの動画でも解説しているので参考にしてみてくださいね。

きっちりと三角に折ってちょっと頂点をずらすと綺麗にできます。

不器用さんでも簡単に短時間でできますよ。

スポンサーリンク
data-full-width-responsive="true">

まとめ

今回は、結婚式へお呼ばれした時にポケットチーフは必要なのか、色や大きさに決まりはあるのか、折り方はどうすればいいのかなどを調べてみました。

ポケットチーフは無くてもマナー違反にはならないが、華やかさとフォーマル感が出るのであった方がいい。

色や大きさには決まりはないが、無地でポケットに合った大きさを選ぶのが基本。

折り方にもフォーマルなものとカジュアルのものがあり、フォーマルな折り方をするのがいいという事がわかりました。

夫に伝えたところ、折り方も難しくないしやっぱりあった方がいいね、とつけていくことにしたみたいです。

皆さんも、ちょっとつけるだけで華やかさもでるので、着けていってみてくださいね。

<関連記事>

結婚式親族は黒留袖で色留袖は駄目?髪型やアクセサリーはどうする?

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました