結婚式の二次会に欠席したら祝儀や贈り物は?電報は迷惑なの?


しばらく疎遠だった友人から突然結婚式の二次会へ招かれる事も珍しくはありません。
しばらく疎遠だったし都合が悪くて断ってしまったけど、結婚するというのだからご祝儀は送った方が良いの?と悩んだりしますよね。
せめて電報くらいは送った方がいい?
電報を送ったら迷惑になってしまうという事はある?
二次会に呼ばれて欠席する場合、どんな対応を取ったらいいのかをご紹介します。

参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

結婚式の二次会に欠席するけど祝儀はいるの?

通常、結婚式に招待されず二次会だけ招待されて出席する場合、二次会の会費にご祝儀が含まれていると考え、別途ご祝儀は必要ないとされています。

しかし、自分の結婚式でご祝儀を頂いている相手の場合には、別途ご祝儀をお送りするのがマナーです。

自分の結婚式には呼んでいなくて、ご祝儀も頂いていないなど、とくに親しい間柄でなければ、二次会を欠席しても別途ご祝儀を送付するなどの気遣いは不要でいいでしょう。

親しい間柄であれば、”御祝いしてもらえなかった、、、”と思われる事もあるかもしれませんが、それほど親しい間柄でもなく、今後お付き合いをする予定がなければ失礼にはあたりません。

でも、聞いちゃったしな〜〜、、とか、以前お世話になったし御祝いを送った方がいいのかな?と気になる場合は、ご祝儀ではなく数千円程度の品物をプレゼントするといいでしょう。

結婚式の二次会を欠席したら贈り物はどうする?

二期会を欠席する場合、自分がご祝儀を頂いているのであれば、二次会は欠席するけど御祝いはしてあげたい!というケースもありますよね。

なにかプレゼントを送りたいと思うけどどうするのかマナーなのでしょうか?
注意点をいくつかご紹介しましょう

 結婚式場へは送らない 

結婚式当日にプレゼントを式場に送られても、置き場所に困ってしまったり、帰りの荷物が多くなってしまったりして迷惑になる場合があります。

御祝いを送る場合は当日式場に送るのではなく、事前に自宅へ送るか、落ち着いた頃を見計らって自宅に送る様にしましょう

 式直前のお花のプレゼントは避ける 

式に合わせてお花のプレゼントでも、、、、と考えがちですが、式直前の生花のプレゼントは避けましょう

式の直前は準備に忙しく、お花の手入れをしている時間はありません。
式当日はホテルに泊まり、次の日にハネムーンに出かけてしまうという場合もあります。
この場合、お花の世話が出来ないだけでなく鑑賞もできませんよね。

お花を送りたい場合はタイミングを見計らって送るといいでしょう。

 置き場所に困るようなものは送らない 

あきらかに場所をとってしまうようなものや、しまっておくにも場所をとってしまうようなプレゼントは相手の迷惑になるのでやめましょう。


スポンサードリンク

 結婚式の二次会 欠席したのに電報は迷惑なの? 

二次会を欠席して申し訳ないという思いからご祝儀を送りたいけど、ご祝儀を送るのは相手が負担に思うかもしれない、、、プレゼントも好みがあって選ぶのは難しいし、、、と迷ってしまう場合がありますね、
そんな場合は祝電をお送りするといいでしょう。

祝電はあとから見返す事もできるので喜ばれます
思ってもいなかった方からの祝電は意外性もあって喜ばれます。

いろんな種類の祝電があるので好みのものを選んで送ってみましょう。

二次会の中で電報を披露することは殆どないので、結婚式場へ送るか、事前に自宅へ送るといいでしょう

会場へ送る場合は、二次会に招待された場合であっても、二次会会場に送るのではなく結婚式場に送るのがオススメです。

結婚式場の方が対応に困る事がなく、しっかりと新郎新婦の元へ届けてくれます。

二次会の会場の場合はキチンと対応してくれるか不安なだけでなく、新郎新婦が持って帰らないといけなくなり、荷物になってしまいます。
新郎新婦の負担にならないような送り方を心がけましょう。

 祝電の文章はどんな感じがいいの? 

祝電を送る場合、
結婚式おめでとう 都合がつかず出席できなくてとても残念です。お幸せに!
というような感じの内容でいいでしょう。

お二人を御祝いしたいと思っていましたが、行きたかったけと行けなくて申し訳ないという気持ちが伝わる内容のものを送ってみましょう!

まとめ

二次会のみ招待されたけど欠席する場合、ご祝儀を送るかどうかは相手との親密度によって考えてみましょう。
今後のお付き合いは無いだろうと考える場合は特に送るなどはしなくても問題ありません
お世話になった、これからお世話になるかも、、、という方にはご祝儀や御祝いの品をお送りするようにしましょう。
お祝いの品を送ると相手が負担に感じるかもしれないという場合は電報を送るといいでしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です