サムシングフォーとは?由来ややり方は?用意は誰がするの?


結婚式をあげるならせっかくなのでなにか幸せになるおまじないでもって思いませんか?
そこでなにやらサムシングフォーというのがあるらしいとたどり着く方が多いですよね。
でも、サムシングフォーってなに?
どんな由来があるの?
やり方ってどうやるの?
そんなお悩みにお答えします!

スポンサードリンク

サムシングフォーとは? 

サムシングフォーとは、直訳すると

”なにか四つ”
”四つのなにか”

って感じでしょうか?

サムシングフォーと呼ばれる四つの何かをすると幸せなれると言われています。

では その四つとは何なのかというと、

  • サムシング オールド
  • サムシング ニュー
  • サムシング ボロー
  • サムシング ブルー
  • の四つです

    何をするのかと言うと、

    結婚式当日に、

    なにか古いもの
    なにか新しいもの
    なにか借りたもの
    なにか青いもの

    を身につけると幸せになれると言われています。

サムシングフォーの由来って? 

サムシングフォーはもともと”マザーグース”の詩のサムシングフォーが元になっていると言われています。

なにかひとつ古いもの、なにかひとつ新しいもの
なにかひとつ借りたもの、なにかひとつ青いもの
そして靴の中には6ペンス銀貨を

こんな歌詞です。

ビクトリア王朝時代に欧米で親しまれた歌なのですが、日本でもあやかろうと広まって行きました。


スポンサードリンク

サムシングフォーのやり方って? 

では、サムシングフォーの四つのやり方をそれぞれ説明していきましょう!

  • サムシングオールド
  • なにか古いものを身につけましょう

    古いものと言ってもアンティークなものであれば良いと言う訳ではありません。

    一般的には代々受け継いでいるものなどを身につけます。
    例えば、指輪だったりネックレスだったりですね。

    お母さんから借りたり、おばあちゃんから借りたりなど様々です。

    とくに受け継いでいるようなものなんてないんだけど、、、という方は、サムシングフォーの詩の通り、6ペンスを利用してみるといいでしょう。
    ネットなどでも購入可能なので探してみてください。

    6ペンスを購入したら、式当日、靴の中にそっと忍ばせておくといいですよ。

  • サムシングニュー
  • こちらはなにか新調したものを身につけます

    ドレスをオーダーメイドした方などは完全に当てはまりますね。

    ドレスは新調しなくても、ドレスのベールやグローブなど買い取りの場合もありますよね。
    そんな場合はニューに当ててしまうといいでしょう。

    挙式の為に新調したものを身につければOKなので新しい下着だったり、ストッキングだったり新しく購入したものを当ててみましょう。

  • サムシングボロー
  • なにか借りたものを身につけます。

    例えば、友人が利用したベールやグローブやジュエリー系のものなどでもいいでしょう。
    ハンカチなどでもOKです。

    ドレスなどを友人から借りるケースもありますが、ドレス関連のものは、友人は思い入れの多いからとか、汚されたり破損される可能性もあるから貸したくないと思う人も多いです。

    レンタルより安く済むし、ボローとして利用できるし友人から借りちゃえ!と思うかもしれませんが、一度着たドレスを洗濯もせずそのまま返す訳にもいきませんよね。

    ドレスの洗濯代って結構するんですよね。
    友人に借りたい場合はよく考慮して交渉しましょうね。

    借りたものって両親や祖父母などからでもいいの?と悩みますよね。

    借りたものは親や祖父母という縦のつながりより、友人などの横のつながりで、”夫婦仲が良い””こんな夫婦になりたい!”など幸せにあやかりたいと思う方から借りるといいでしょう。

  • サムシングブルー
  • なにか青いものを身につけましょう。

    ウエディングドレスは白が基本なので、そこに青いものを取り入れるのって結構難しいかも知れません。

    そこで、皆さんがしているのは、見えない部分に身につけるという作戦です。

    例えば

    青系の宝石が入ったアンクレットをする。
    青いガーターベルトをする
    青いハンカチを持つ

    などです。

    とにかくどこかに青いものが一つ入っていればokです。

    ブーケの中に薄い青い小花を入れてもらうという方もいます。

    以上四つのなにかです。

    いろいろなものが考えられます。
    工夫して取り入れてみるといいでしょう。

     サムシングフォー 用意は誰がするの? 

    サムシングフォーを行うと決めた場合、誰が用意するの?と悩むかもしれません。

    基本的に用意するのは、自分です(笑)

    言い出したのが友人だったりしても、友人が四つ用意してくれる訳ではありません。

    両親が用意してくれる可能性がないとは言えませんが。ボローまでしてくれる可能性は少ないですよね。

    友人から借りる分くらいは自分で借りないといけません。
    基本的には他人を当てにせずに自分で行うといいでしょう。

    まとめ

    サムシングフォーは新婦さんが幸せにあやかる為のおまじない。
    ご家族や友人の協力が必要ですが、迷惑をかけないようにして、古いもの 新しいもの 借りたもの 青いもの を身につけて幸せにあやかりましょう!

    スポンサードリンク
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメントをどうぞ

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です