お見合いの仮交際の回数や期間って?メールの頻度はどうすればいい?

お見合いをして「この人感じいいな~」とか「素敵な人だなあ」と思った相手とは「交際したい」と思いますよね。

結婚相談所でお見合いをした相手の場合、お互いに気に入ると仮交際からはじまり本交際へと移って行きます。

交際に関して、どの程度の回数や期間で仮交際から本交際へと移るのかって気になりますよね。

仮交際のあれこれ

確認していきましょう!

 
スポンサードリンク

お見合いの仮交際の回数に決まりはあるの?


仮交際はお見合いをして、
「もう一回会いたいです」という連絡をして、承諾されもう一度会った時点で「仮交際」となります。

いわゆる「おためし交際」といいう感じですね。

「仮交際のデートは何回まで」という回数の決まりはないです。

この人と結婚を前提にして付き合っていくかどうかの決断ができるまでということです。

ですが、いつまでも決断せずにずるずるとというわけにはいかないので、「数回」と考えるといいでしょう。

判断が早い方だと一回目で判断する方もいます。

まあ、3回から5回を目安にして考えるといいでしょう。

お見合いの仮交際の期間って?

お見合いをしてからの仮交際の期間は一ヶ月程度が基本と言われています。

仮交際でのデートの回数は基本は数回程度と言われていますが、お互いの職業や環境などによっても変わってきますよね。

週一ペースであえる状態であれば、一ヶ月程度の仮交際であれば4~5回

半月に一度や一ヶ月に一度しか会えないようであれば、1~2回しか会えません。

なので、厳密に一ヶ月で本交際に移るかどうかを決めるのではなく、5~6回会ってから決めたいというのであれば、三ヶ月程度かかる場合もあります

仮交際に半年かけるのはあまり長すぎるのでお勧めしません。

一ヶ月から二か月程度を目標にして進めてみましょう。

「忙しくて会えない!」と時間だけずるずる過ごさせるのはお互いに良いことではないので、極力会う時間を作るようにしてみましょう。

仮交際の人数は何人までOKなの?

仮交際の期間中、他の方ともお見合いしていて「こっちの方ともお話ししてみたい」という場合がありますよね。仮交際期間中は、他の方と交際をしてもOKとなっています。

ですが、OKだからっていっても「何人まで?」と悩みますよね。

一般的には二人

多くても三人です。

三人以上はダメ?
なんで二人?

と思われるかもしれませんが、

実際問題として、三人と交際するのは、

あれ?この話したのこの人とだっけ?

という問題が出てきたりしますよね。

スポンサードリンク

会いませんか?と言われた時に、別の方と会う約束をしていたりすると、会えない事によって、「もうひとり交際相手がいるのかも」と思われたり、「なかなか相手の事を理解することができない」という事が起こってきます。

二人でもかなりそういう状態に陥る可能性が大きいのに、三人ともなるとかなりの確率で起こる事が考えられますよね。

なので、二人までに絞るのがベスト。

その上で、一ヶ月から二か月までの間で一人に絞るようにするといいでしょう。

仮交際から本交際へ移るタイミングっていつ?

仮交際をしていくと、交際へと進むか別の人を探すかという決断をしなければいけません。本交際への移行のタイミングとしては、

仮交際をしていくうちに「真剣に結婚を前提として交際したい!」という気持ちが出てきたときと考えていいでしょう。

本交際へと進む場合は「結婚してください」と申し込むわけではないので、すぐに結婚しなければいけないというわけではありません。

仮交際の時はこの人と付き合うかどうかを見極める期間
本交際はこの人と結婚するかどうかを見極める期間

と考えるので、

結婚を前向きに考えて交際していきたい
この人となら結婚を考えてもいいかな

と感じたら

「結婚を前提にお付き合いしていただけませんか?」
「真剣にお付き合いしていきたいです」

という感じで相手に伝えて、結婚を意識しながら交際をしていくという考え方です。

本交際に入ったら結婚しないといけないの?

交際に入るときに、「真剣に」「結婚を前提として」 という言葉を掛けているんだから、結婚は必須?

と考えてしまいがちですが、そんなことはありません。

結婚を考えながら付き合っていくうちに

なんだか思っていたのと違うかも
知れば知るほど印象と違ってくる
結婚に対する意識が合わない

など「ちょっと結婚は無理かも」と思ってしまう事もあります。

真剣に話し合って相手と向き合った結果がそうであれば、結婚してもうまく行かない可能性の方が高いですよね。

であれば、お断りした方がいいです。

結婚できるかどうかをすり合わせる為の交際期間なのでお断りしても問題ありません

お断りしましょう。

お見合いの仮交際だとメールのやり取りの頻度ってどのくらい?

仮交際に進むと、連絡先を交換しているので、自分たちで連絡を取り合い、次に会う約束を取り付けたりなどしますよね。

でも、メールの頻度ってどのくらいが適切なの?と悩んだりして、なかなか送れないという方もいますよね。

メールの頻度としては「毎日か一日おき程度がいい」と言われています。

メールの頻度は相手の性格によって本当に様々なので悩む所です。

「メールは面倒なのであまり好きじゃない」という人もいれば、「暇な時は常にやり取りしたい」という人もいます。

面倒という人に対して、一日に何度も送ってしまうと、「正直うざい」と思われてしまう可能性が高いです。

逆に少なくないと不安という人に対して、二日に一回でしかも一通きりという状態であれば、「私に対してあまり気がないのかも」という風に思われてしまい、お断りされるという事態にもなります。

なので、

 

毎日送る
回数は少な目
内容は簡潔

を心掛けて送ってみるのがベストです。

 

返事に困るような内容を送るのは控え、簡潔に返事ができるような内容にしてみるといいです。

ペースはいいかな?と感じるようであれば、そのままでOKですし、何度送っても嫌そうなそぶりはないし、結構早く返事もくるし、返事が必要な感じの内容が送られてくるというのであれば、回数を重ねても問題ないでしょう。

どーなんだろう?

と悩む場合は、

「メールの頻度多いですか?」
「もうちょっとメールで会話しても大丈夫ですか?」

と相手に聞いてみるのも手です。

お互いにストレスが溜まらない頻度を探ってみましょう。

まとめ

仮交際の期間やデートの回数は「週一回のペースで一ヶ月程度」が基本と言われています。

都合が付かずなかなか会えないという方もいますが、時間を作って積極的に合うようにするといいでしょう。

仮交際の人数は二人までがベスト。

メールの頻度は毎日か一日おきがおすすめ。

最低でもこの程度の頻度であったり話をしたりしないとなかなか相手の事を知る事ができません.

真剣交際へと進む為にも相手が迷惑と思わない程度に連絡を取り合ってみましょう!

<関連記事>

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました