ウェルカムボード手作りでサプライズプレゼント!会場にも合い好評!

中学校の同級生が結婚すると聞いて、「何かサプライズでプレゼントできないかな?」と考えて、絵が得意だった私はウェルカムボードを贈ることにしました。

私は中学生の時から絵を描くのが好きで、誰に見せるわけでもなく絵を一人で描いていたのですが、結婚することになったその友達は唯一私がこっそり描いている絵を見て、とても褒めてくれた子でした。


ウェルカムボードを手作りしサプライズでプレゼント!

私が描いた絵をみて、それは才能だから、ずっとやめないで、描き続けた方がいいよ。真剣にそう言ってくれました。

私は自分に自信がなく、絵を描いていること自体も人に見られて恥ずかしい思いをしたくないと思っていたので、その一言がとても嬉しくて心に残っていました。

そんな友達が、これから幸せになる。私も最高の形で送り出してあげたい。

中学生の時に陰ながら応援してくれた友達に恩返しがしたい。そう強く思いました。

私の背中を押して絵を描く勇気をくれた友達に、自分の絵で喜んでもらうためすぐに制作に取り掛かりました。

友達には「結婚式前日まで見せないから、楽しみにしてて!」と伝え、

式の雰囲気やイメージ

旦那さんとどう言った家庭にしてきたいか
どんな家に住みたいか夢のある話をたくさん聞きました。

たくさん話した事をピックアップして全て細かくメモにして下絵を作り始めました。

ウェルカムボードはディズニーのイラストをモチーフに!

ヒントは昔からディズニーが大好きで、家族旅行でもディズニーランドへ行っていたこと、特にドナルド・デイジーが好きとのこと。

旦那さんのプロポーズもなんと、ディズニーランドで指輪を受け取ったというのでこれはディズニーらしいキラキラした雰囲気がきっと好きだろうなと思い、テーマはデイジーのイメージでウェルカムボードを描くことに決めました。

ここでドナルドとデイジーのイラストを描いたら、他と変わりがなくつまらないと考えて、あえて色だけドナルドとデイジーのカラーを使って描きました。

ディズニー婚が流行っていて、似たようなウェルカムボードは溢れていたので、他と差をつけるボードにしたいとアイディアをまとめました。

ウェルカムボードを手作りしてプレゼントしてみたら会場の雰囲気にもマッチして大好評!

1ヶ月ほど描いた作品は、自分でも自信を持って紹介できるほどの仕上がりです。

前日、会場へ運んで式場の方に見せた時も、周りのお花のデザインにとても合っていると好評でした。

結果はもちろん大成功。新郎新婦共にとても喜んでくれました。

特に、式が終わった後に置き場所に困らないよういつまでも家に飾れるようなシンプルなデザインで作ったので、ご親族の方々にも「いいボードだね」と気に入っていただけました。

よくある似顔絵や顔写真、おめでとうなどの文字は入れず、式後の事を考えオシャレなインテリア重視で作ったのがポイントです。「何十年と時間が経っても、部屋に飾って結婚当初の事を思い出してもらいたい」

「末長く素敵な家庭を築いてほしい」

という願いが込められています。

最近はウェルカムボードを大きく派手に飾る人も多いですが、式が終わった後何年も経つと、ホコリをかぶって置き場所に困り処分している人もいて少し寂しく思っていたので、ずっと思い出の物として飾れるような作品にこだわりました。

友達からも、「ボード制作の業者に頼んだものとは違ってすごくオシャレ!世界にひとつだけのオリジナルウェルカムボードだね。」と大満足の様子で、時間はかかったけど作ってよかったなと思いました。

実は式の中で、お色直しのドレスのカラー当てゲームがありました。

それは私も知らされていなかったのですが、会場受付の後アンケート用紙にドレスの色を書いて提出した時にピンときました。

ウェルカムボードで使ったデイジーのイメージカラーの紫にしよう!とても自信がありました。

そして、お色直しでドレスはやっぱりデイジーの紫色でした。

景品はペアのテディベアだったのですが、それより当たった事がとても嬉しくて、飛び跳ねて喜んでしまいました。ウェルカムボードを作成してくれた友人として紹介してくれた時は、少し恥ずかしかったのですが、当てたのはたった二人だけで、そのうちの一人に選ばれて誇らしい気持ちでした。

中学の時から変わらずモデルのようにすらっとしていて綺麗な花嫁さんで、その姿を見ただけで涙が出てきました。

あの時たった一人だけ、私の絵を褒めてくれた彼女が、ついに幸せを手に入れたんだなと思ったら、本当に嬉しかったです。

あの時絵を描く事をやめていれば、こんな素敵な仕事を任せてもらえなかったし、世界位にひとつだけのウェルカムボードも生まれなかったんだなと思うところが多くありました。

本当に絵を続けて良かった。心からそう思いました。

ウェルカムボードと一緒に記念撮影した時、「ドレスを見ながら描いたんじゃないの?!」とみんなに言われるほど、イメージも色もピッタリで自分でも驚きました。

その時撮影した写真は今でも宝物です。

ウェルカムボードは結婚式場に来てくれた人たちを最初に出迎えてくれる大事な役割があります。一生に一度の大切なパーティーですから、中途半端な気持ちではもちろん作れませんが、友達や家族が描いてくれたものは一生の宝物になると思います。

もしウェルカムボードをどうするか悩んでいる方がいれば、絶対に自分と関わりのある絵の描ける知人に依頼するのがオススメです。

式が終わった後も、ある意味捨てられませんよね。
商品としてものをもらうより価値があると思います。私は実はそんなに絵が上手いわけではないんです。

ただ好きで、たくさん描いてきた経験はあります。

業者の人が作ったものは、もちろん華やかで人目をひくけれど、そこにストーリーがありません。

新郎新婦との思い出を込めて描いた絵は、プロの絵にも勝てると私は信じています。

絵が上手い、下手、ではなくそこにどれだけの想いが詰まっているかが大事だと思います。

ギャグでもいいし、顔写真を真似たものでもいいし、手作りすることでそこに意味があるので、ぜひサプライズでウェルカムボードをプレゼントしてあげて欲しいです。

初めて見せた時に泣いて喜んでくれたのと、カラードレスの色が当たったことが、ダブルでサプライズとなりました。

これも偶然の出来事だったので、こうして後々語ることができて本当に良い結婚式のお手伝いができたなと感動しました。

でも、 誰にでもこんな絵を描いてくれる友達がいるわけでもなく、上手に自分で絵が描けるわけででもないですよね。

そんな場合はプロに任せてみましょう!

コメント