結婚式に家族で出席だと祝儀は?御祝儀袋の書き方は?

 

家族で披露宴にお呼ばれ!

嬉しいことですが、「子供の分のご祝儀っていくら包むべき?」と悩みますよね。

出席するの子供の人数や年齢も様々です。

どう判断するべき?

子供の分のご祝儀袋はどう準備したらいいの?

大人同様子供も状況によってご祝儀が変わってきますよ。

家族で披露宴に出席する場合のご祝儀はいくら包んだらいいのかを紹介します。

参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

 

結婚式に家族で出席するとご祝儀はいくら包むの?

 

夫婦二人で出席する場合のだいたいの相場は判っても、子供が一緒だと変わってきますよね。

「いくらご祝儀を包んだらいい?」って悩みますよね。

子供のご祝儀の金額は年齢によって金額が変わってきます。

小さければ不要と言われています。

年齢や学生か社会人かなどによって判断する必要があります。

いろんなケースがあるので、紹介していきますね。

 

  • 友人の結婚式へ家族で出席の場合のご祝儀は?

友人の場合のご祝儀は夫婦で5万円が相場と言われています。

それにお子さんの分をプラスしたものを包むようにします。

お子さんが二歳程度までであれば食事の用意等も必要ないので特に上乗せする必要はありません

お子さんがお子様用の食事を用意してもらう必要があるのであれば、1万円程度上乗せするのがいいでしょう。

本来お子様用の食事は3000円から5000円程度で用意できるのですが、お子さんが騒いだり、別途気を使ってもらったりする場合などもあるので、一万円程度プラスするのがいいのでは?と言われています。

一方、学生であれば年齢にもよりますが一万円から二万円が相場とされています。

高校生にもなると子供用の食事ではなく、大人と同じものが用意される場合が多いので、大人と同じ額を包むのがいいでしょう。

夫婦二人で50000円に子供一人であれば一万円から二万円の上乗せで6万から7万という計算になります。

しかし、6万というのは割り切れる数字なので7万円になる事が多いです。

 

  • 親戚の結婚式に家族で出席した場合のご祝儀は?

親戚の結婚式へ出席した場合、1人あたりの相場は5万円と言われています。
夫婦で出席すると10万円ですね

それに子供の分を上乗せして包みます。

お子さんが成人していても、未婚で同世帯などの場合は一緒に招待されるケースもあります。

その場合まとめて包むのであれば、夫婦分10万円で子供一人3万円で13万円、お子さん二人の場合は一世帯で合わせて15万を包むのが相場と言われています。

 

お子さんの分のご祝儀の計算は難しいですが、席の確保をしてもらったり、別途食事を用意してもらったりなど、子供が小さくても費用がかかったり迷惑を掛けている場合もあります。

1人1万円から2万円程度は上乗せして包むようにするといいでしょう。

スポンサードリンク

結婚式の御祝儀袋 家族でまとめる場合の書き方は?

 

家族全員で招待された場合のご祝儀の包み方は二通りあります。

基本的には招待状が一通だったのであれば、一つの包みにまとめて入れてお渡ししても問題ありません。

同世帯であっても、夫婦と子供別々に招待状が来ている場合は別々にご祝儀袋を用意する必要があります。

招待状の数の御祝儀袋を用意すると問題ありません。

ご祝儀袋の表書きは、家族分をまとめて包むのであれば、代表して御主人の名前のみ記入で問題ありません。

金額で家族分という事が判断できますし、代表者だけの名前を記入て問題ありません。

誰からなのか判る様に連名で記入したいという場合は、連名でも問題はありません。

一番右に代表者名を書き、その左に年長者から名前を書いて行くようにします。

 

スクリーンショット 2015-11-17 10.14.28
 

ただし、連名で記入するのは三名までがマナーです。

三名以上の場合は代表の名前だけ記入して、中に氏名を書いたものを入れるといいでしょう。

招待状が一通の場合、御祝儀袋も一つで問題ありませんが、成人したお子さんで就職している場合などは生計が別になっているはずなので親とは別に包むのがいいのではないでしょうか?

ただし、「引き出物を用意していなかった!」と慌てさせてしまう場合もあるので、ご家族と相談してみましょう。

スポンサードリンク

まとめ

ご祝儀は席や食事を用意してもらうお子さんであれば、上乗せして包むようにするのがマナーです。

ご祝儀袋は招待状一通に対して一つで問題ありませんが、社会人になっているお子さんの場合は別々で包むのでも問題ありません。

少なく包むよりは多く包んだ方があとあと肩身の狭い思いをせずに済む場合もあります。

地域性や前例なども考慮しつつ検討してみましょう!

 

ご祝儀に関するお悩み記事はこちら

 

 

 

スポンサードリンク

コメント