田舎じゃ結婚できないと嘆く長男に捧ぐ!婚活アピールのコツ

田舎で暮らす長男は、なかなか結婚できないと言われていますよね。

田舎に住んでいる私は、ご近所さん達からよく息子が結婚できず悩んでいるという話を聞きます。

特に長男がなかなか結婚できず悩んでいる、という話が多いんですよね。

本当に都会の長男よりも田舎の長男の方が結婚できないのか、田舎の長男には結婚できない理由があるのか興味を持ちました。

調べてみると、なぜ田舎の男性は結婚できないのか見えてきました。

さらに、田舎での婚活の大変さや結婚相手を見つけるコツがわかってきました。

なぜ田舎だと結婚できないのか、田舎の婚活の大変さと成功させるコツ、こんな風にアピールすると都会の女性は田舎に嫁ぐ決心するよ、というのを紹介しますね。

田舎の男性が結婚できない理由

都会の場合、結婚するのに対して長男だから次男だからと深く考えない傾向があるので、長男だから結婚できないという事はないです。

田舎の男性で特に長男の場合、長男というだけでお嫁に来てくれる人がいないと悩むことが多いです。

なぜ田舎の長男が結婚できないのかを調べてみると、お嫁に来てくれる人がいないというのは田舎特有の理由がありました

その理由がこちら。

  • 長男だという重み。
  • 農作業とかはしたくない。
  • 親せきや近所づきあいの大変さ。
  • 田舎特有のしきたりのわずらわしさ。

では、1つずつ詳しく見ていきましょう。

長男だという重み

女性からすると、田舎の長男のイメージはこんな感じが多いのではないでしょうか。

  • 実家を継がないといけない
  • 両親との同居必須
  • 将来親の面倒みないといけない

長男だと家の事すべてが重くのしかかってくるようなイメージが。

長男の嫁という役割が務まるんだろうか、と不安に思う人は多いです。

同居して嫁姑問題で悩みたくないし、親が年を取ったら介護しないといけないのは嫌だという理由で、義両親とは適度な距離を保っていたいと考える女性は多いですよね。

農作業とか無理

実際はそうとも限らないのに、どうしても田舎は農業などをやっていて、手伝わされるイメージがありますよね。

私は家庭菜園程度はしているのですが、小さい規模でも作業するとへとへとになります。

都会に住んでる女性は、農作業なんかしたことないって人も多いので、作業がきつそうというイメージだけで、そんな所に嫁ぐのお断りだよねとなってしまいます。

親せきや近所付き合いの大変さ

嫁ぐ家が本家だったりすると、お正月やお彼岸やお盆などは親せきが集まってくる確率が高いです

親せきの人が現れる時の予想はつくけど、近所の人は神出鬼没。

田舎であれば田舎なほど近所の人はずかずかと家に入ってくる、というのも田舎あるある。

逆に、なかなか近所の輪の中に入れてもらえない、住民だと認めてもらえるまで時間がかかったというケースも。

近所の人との距離感が自分と合わないと、苦痛と感じる事も多いです。

田舎特有のしきたりがめんどくさそう

田舎特有のしきたりがあるというのも田舎あるある。

  • 近所のお寺での行事には強制参加。
  • 町内のお祭りには準備から参加。
  • 近所の法事のお手伝いに行く。
  • 町内の集まりに料理やお茶出しにいく。

長い間住んでいる人はそれが当たり前と思っていることでも、まったくそんなことはないという地域から嫁いでくると、そんなことまで参加しないといけないのと思っちゃうんですよね。

田舎での婚活の大変さ

田舎ならではの婚活の大変さもあります。

調べてみるとこんな大変さがありました。

  • 出会いの少なさ。
  • 婚活パーティーの少なさ。

田舎は人の出入りが少ないので、新しい人と出会う機会があまりないですし、若い人が少ないと当然婚活パーティーが行われる機会が少ないんです。

参加できても、以前行ったパーティーと同じようなメンバーだったという事も。

田舎での婚活はなかなか難しいね。

結婚が早い人もいますが、幼馴染や学校で出会った人だったり会社の同僚だったりと、近場での出会いが多いんですよね。

早い者勝ちって感じです。

結婚相手を見つけるコツ

婚活がなかなかうまくいかないと、成功させるためのコツってあるのかなって思いますよね。

いいコツはないのかと調べてみたところ、こんなコツがありました。

積極的になる

出会いがなくてうまく婚活が進まないと、婚活自体消極的になってしまいますよね。

ですが、積極的に行動しないと婚活はうまくいきません

どうせ出会いがないし、こんな田舎には誰も嫁にきてくれないという気持ちは捨てて、「遠距離恋愛でもなんでもやってやる」という気持ちで積極的に婚活を行うようにしてみましょう。

地元にこだわらない

地元で相手が見つからないのであれば、地元にこだわるのはやめましょう。

地元にこだわらず、視野を広くもって遠距離恋愛をしてみるといいです。

とにかく相手がいそうな場所で婚活することが大事です。

田舎に嫁ぎたいという女性がいそうな場所で婚活することが特に重要。

そこでオススメなのが田舎婚です。


田舎婚は、もともと田舎に嫁ぎたい人だけが登録しているので、田舎は嫌だということはありません。

逆に田舎に憧れを持っている人が多いので、結婚相手が見つかる可能性が高いです。

田舎の人が都市部の人と交際しようとすると、遠距離恋愛って敬遠されないのかって心配になりますよね。

田舎婚の場合は、最初から遠距離恋愛になる事は想定済みなので問題ありません。

田舎婚とは

田舎婚について、もう少し詳しく説明していきますね。

田舎婚とは、田舎に住む嫁を迎えたい男性と田舎へ嫁ぎたい女性をつないでくれる婚活サービスです。

田舎婚で婚活する事で、都会の素敵な女性を紹介してもらう事ができます。

結婚したくてもなかなか出会いのない田舎の男性と、田舎へ憧れをもち移住を希望する女性、双方の希望がマッチしているので成婚率も高め。

田舎婚のオススメポイントがこちら。

  • 機械によるマッチングではなく、1人1人に付いたアドバイザーが提案。
  • 当日の服装から会話の内容まで相談も可能。
  • 登録料、入会費、初期活動費、成婚料無料。

アドバイザーがついてくれて、相性のよさそうな相手を紹介してくれたり、服装や会話まで相談に乗ってくれるのは心強いですよね。

料金は月額プランが4つ。

  • 1か月 21,780円(税込)
  • 3か月 月額16,600円(税抜) 1括54,780円(税込)
  • 6か月 月額14,980円(税抜) 1括98,780円(税込)
  • 12か月 月額9,800円(税抜) 1括129,360円(税込)

毎月自動更新なので、更新しない場合やプラン変更などは更新日の20日前まで連絡が必要で、途中解約やプラン変更をする場合でも返金などの対応はしてもらえないので注意してくださいね。

料金を見ると、短期勝負で行く方は費用があまりかからないのが魅力的。

長期で腰を据えて活動したいという方も、期間が長いほどお得になっているのもいいですね。

田舎に嫁ぐ事を決心してもらうには

やっと婚活でいい関係を築けそうな人ができても、田舎に嫁ぐ決心をしてもらうには、背中を一押しする事も重要。

そこで、私ならこうして貰ったり言われたりしたら、不安にならずに嫁げる背中の押し方をご紹介します。

家や地元に縛られてないよアピール

とにかく地元に縛られてないことをアピールする事です。

せっかくの休みにデートしようとしても、毎週のように「消防団の集まりがあるから行けない」とか、「地元のこの行事があるから無理だ」とか言ってませんか。

地元を理由に断わられてばかりいると、地元にしばられてるなと感じて敬遠しちゃいます。

結婚したくて交際してるのに、地元の人や行事ばかりを大事にして所が見えると、結婚してからもこんな生活なんだろうな、自分より地元の付き合いを大事にするんだろうなと思うんですよね。

それじゃ嫁ぐ気もなくなっちゃう。

なんでもかんでも彼女なんだからと優先にして欲しいわけではありません。

でも、とにかく地元地元地元といわれるとがっかり。

「じゃ私いらないよね」「何のために結婚したいのよ」「地元の人にさっさと結婚しろって言われるのが嫌だからとりあえず結婚できればそれでいいってことなの」と思ってしまいます。

彼女が義両親や地域との密着性が苦手という場合もありますよね。

その場合は両親との同居はしないようにして、近くだったり、思い切って車で通える程度で離れた場所に新居を構えることも考る必要も。

程よい距離感で過ごせることを、彼女にアピールするといいでしょう。

嫁の味方になる事をアピール

田舎にお嫁に来るという事は、友達も知り合いもいないという可能性が高いですよね。

知らない土地で頼りになるのは夫になる人だけ。

だからこそ、「味方になるよ」「守るよ」という事をアピールをして安心感を与えることが大事。

実家暮らしで両親を大切にして、地域の人ともうまく過ごしてきた田舎の人は、家や地域を大切にするのが当たり前だし、「両親や地元の人を大事と思うのがどこが悪いんだ」と思うかもしれません。

親孝行な所や地域を大事にしているのは素敵と感じてもらえる場合もありますが、嫁いでも二の次にされるのではと不安を与えかねません。

自分を大事にしてくれて、味方になってくれる人だとわかると、それだけでも安心して嫁いできてくれますよ。

まとめ

田舎の男子、特に長男は結婚できないというのを聞いて、田舎の長男はなぜ結婚できないのか、田舎の婚活事情はどうなのか、どうすれば田舎に嫁いでくる決心をしてもらえるのかを調べてみました。

長男は家や両親の面倒をみないといけない、親せき付き合いや近所付き合い、田舎のしきたりが大変という事で、なかなか結婚相手が見つからないという事がわかりました。

田舎での婚活はそもそも人が少ないという事もあって、出会いが少ないのでほんとに大変。

田舎婚を利用することによって、地元での出会いが少なくても、田舎へ移住したいと思っている女性と出会う事が出来るので、結婚できる可能性が高くなります

ですが、いくら憧れている田舎であっても、孤立無援になるのではと不安になる都会の女性は多いんですよね。

そんな女性に「しっかり守るよ」という事を伝えれば、嫁ぐ決心をしてくれる可能性も高いです。

田舎に嫁いでくれる素敵な女性と出会って、婚活を成功させてくださいね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました