披露宴の招待状上司への渡し方やタイミングや宛名は?付箋はいいの?


結婚式が決まるとゲストへ招待状をお渡ししますよね

友達なら気軽に渡せるけど、上司に渡す場合って気を使いませんか?

招待状を上司に渡す時にマナーはあるの?

招待状を渡すタイミングにも気を使う必要があるの?

宛名やスピーチの依頼などはどうするの?

マナーがなってない!と言われないように確認しておきましょう!

スポンサードリンク

 

披露宴の招待状 上司には手渡しが基本です!

 

会社の上司に披露宴の招待状を渡す場合、郵送ではなく手渡しするのがマナーです。

披露宴の招待状を郵送で上司の自宅などへ送ると常識がない!とおしかりを受ける場合があります

まずは上司に”何月何日に結婚式をすることが決まりましたので、ぜひいらして頂きたいのですが、、”という打診をします。

OKそうだったら「では、何月くらいに招待状をお持ちしますので、よろしくお願いします」と伝えておきましょう。

だいたい結婚式の2ヶ月前位には招待状はできて来ますので、出来上がったら早めにお渡しするようにします。

上司に挨拶や乾杯の音頭などをお願いしたいのであれば、式当日には○○をお願いしたいので宜しくお願いします!

後日招待状をお持ちしますと一言挨拶しておくといいでしょう。

 

披露宴の招待状 渡し方にマナーはあるの?

 

 

上司に招待状を渡す場合、事前に連絡をして自宅へ伺って手渡すのがおすすめです。

結婚の挨拶に伺いたいのでご自宅へお伺いしたいのですが、と都合を確認してみましょう。

祝辞やスピーチなどをお願いする場合などは特に二人でお願いがてらお伺いするのがおすすめです。

二人揃ってお伺いすることで丁寧さがでます。

上司の方が結婚相手をよく知らない場合などは相手を知ってもらう良い機会になります。

スピーチなどを依頼される側にとっては相手がどんな方なのか知っていた方がスピーチもしやすいですし話しの幅も広がります。

伺った時に二人の生い立ちやなれそめ、人柄などを知ってもらうといいでしょう。

会社で毎日逢うのであれば会社で渡しても問題ない場合もあります。

ただし、ちょっといいですか?などと呼び出すのは失礼にあたります。

こそこそと渡す必要はないですが、周りの迷惑にならないように渡す様にしましょう。

スポンサードリンク

披露宴の招待状 会社で上司に渡すタイミングっていつがいいの?

 

 

会社で上司に招待状を渡す場合のマナーとしてNGなのは就業時間内に渡す事です。

仕事中の時間に渡すのは私事なので避ける様にしましょう。

招待状を渡すのに良いと考えられるタイミングとしては、

就業時間前
お昼休み
就業時間後

があげられます。

就業時間前や就業時間後は上司の方に余裕がありそうであれば問題ないでしょう。

しかし、朝は仕事の準備でばたばたしていたり、終業後は帰宅を急いでいる場合もあるかもしれません。

そこで一番いいのはお昼休み時間です。

お昼に出かけるのが通常であれば、戻って来てからの方がいいでしょう。

いまお時間頂いてもよろしいですか?とお声がけしてから招待状をお渡しするようにしましょう。

披露宴の招待状 上司の場合宛名はどうする?

 

 

 

上司への招待状に役職名などはいるの?と心配される方がいますよね?

宛名は役職名はいれずに名前だけでも問題ありません。

山田 太郎 様

で問題ありません。

手渡しの場合は住所は書かなくても問題ありません。

披露宴の招待状 挨拶のお願いは付箋を入れてもいいの?

 

 

披露宴で上司にスピーチや挨拶をお願いする場合まずは口頭でお願いするのがマナーです。
口頭でのお願いせずに付箋などを付けてお願いするのは失礼に当たります。

上司に挨拶をお願いしたいのであれば、事前に挨拶をお願いしたい事を伝えておきます。

その上で招待状へ”誠に恐れ入りますが当日ご挨拶を頂戴したくお願い申し上げます”と書いた付箋をいれるのは問題ありません。

メッセージカードなどで入れるとなおいいでしょう。

挨拶などは事前に依頼し了解を頂き、更に招待状に添えた付箋で念を押す感じにします。

不安であれば、さらに前日などに、”ご迷惑をおかけしますが、明日宜しくお願いします”と一言連絡しておくといいでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

 

結婚式の招待状を上司へ渡す場合は手渡しするのがマナーです。

上司へ招待状を渡す場合は、ご挨拶やお願いを兼ねて事前にご自宅に届けに行きましょう。

二人で伺ってご挨拶をするとより丁寧です。

会社で渡す場合は就業時間中を避けて、できるだけ迷惑にならないような時間帯を選んでお渡しするようにしましょう。

挨拶や乾杯の音頭などは事前にお願いし、案内状に付箋などで念押しという感じにするのがいいでしょう。

 

 

招待状に関する記事のまとめ

 

 

 

スポンサードリンク

コメント