結婚式の和装でかつらから洋髪は可能なの?地毛でもできる?

結婚式を神前で行う場合などは和装で行う場合が多いですよね。
披露宴も和装にこだわり着物のみという方もいらっしゃいますが、白無垢で挙式した後披露宴ではドレスを着たいという方も多いですよね。
そこで、鬘を付けた後で洋髪に変えるという事は可能なの?と心配になる方も多いのではないでしょうか?
せっかくの挙式なので鬘ではなくて地毛で髪を結ってみたいという希望がある場合もありますよね。
鬘から洋髪に変えるのは可能なの?地毛で結うのは可能なの?
そんな疑問にお答えします!

スポンサードリンク

結婚式の和装 かつらから洋髪は出来るの? 

挙式の時に和装される方は頭も和装様に仕上げて角隠しや綿帽子などをつけるのが一般的ですよね。

昔はすべて和装という時期もありましたが、今は和装から洋装へとお色直しをする方も多いので、ヘアースタイルを変える事って可能なんだろうか?と心配になりますよね。

鬘の状態から洋髪にするのは大変そうなイメージもありますが、式場の美容師さんなどは慣れているので問題ない事が殆どです。
ただし、時間がかかってしまう事もあります。

衣装替えのイメージとしては、白無垢→色打掛→ドレスの流れになる場合が多いですよね。

その際の髪型は、かつらに綿帽子か角隠しの状態から、かつらのみにして洋髪で終了というのが一般的です。

この流れであれば、挙式が白無垢、お出迎えも白無垢 入場時に色打ち掛けでお色直しでドレスを着るという流れですよね。
この場合はお色直しの時に洋髪に変更するのが一般的です。

鬘から洋髪に変更するのに時間がかかってしまう場合などは、中座する時間が長くなる事が考えられます。

もう一つの流れとしてかつらに綿帽子や角隠しで洋髪へ変更しそのままの髪型でドレスに変更という流れも考えられます。

挙式は白無垢で、お出迎えも白無垢、入場時色打ち掛けでドレスにお色直しという流れはほぼ同じですが、お出迎え前に洋髪に変更するという流れです。

この場合は挙式から披露宴までの間にヘアーチェンジをしてしまう流れです。
挙式から挙式から披露宴までの間は30分から一時間程度ある場合が多いので、その間に髪型を変更することは十分に可能です。

変更に時間がかかる場合は挙式から披露宴までの間を長くとる必要が出て来るため、ゲストの方達の待ち時間が長くなってしまう心配があります。

披露宴中の中座は多少長くてもゲストの方達は食事や余興などを楽しんでいるのでさほどきになりませんが、なにも無い状態での待ち時間は長く感じる場合もあります。

鬘の状態の時から洋髪に変え易い様にセットして時間短縮できる場合などもあります。
和装の間でヘアチェンジする場合は和装でした髪型とドレスの髪型が同じだと”同じじゃない?”と気づく方もいるかもしれません。
和装とドレスの違いで雰囲気はだいぶ変わりますが、使う小物を変えるなどの工夫をしてみるといいでしょう。

メイクなども鬘と洋髪では変わってきますので、ヘアメイクさんとよく相談して決めるといいでしょう。


スポンサードリンク

 結婚式の和装 日本髪は地毛でもできるの? 

結婚式で地毛で髪を結うのを楽しみにしている方などもいますよね。
鬘は重くて大変だと聞くから、自分の髪の毛で出来たらいいのにと思う方も多いかもしれませんよね。

自分の髪の毛で結う事ができれば、重さに耐える必要もなく、自然な仕上がりになるので憧れる方も少なくはありません。

しかし、地毛で行うにはいくつかの問題があります。

  • 日本髪にできる美容師さんはいるの?
  • 日本髪を地毛で結い上げる事ができる美容師さんがいるかどうかという問題があります。
    技術がなければできません。
    結い上げてくれる方がいるかどうかをまずは確認してみましょう。

  • 髪は日本髪にできる状態なの?
  • 日本髪に地毛で出来るかどうかは髪の長さや髪の量などによっても変わってきます。

    まず、髪の長さが足りないとできません。
    髪の量が少なければ形になったとしても、鬘のような感じにはならずに貧弱な感じになってしまい、せっかくの着物に負けてしまう場合があります。

  • 時間は大丈夫?
  • 地毛で鬘並みの状態にしようとするとかなりの時間がかかってしまいます。そして、髪を結う時に整髪料で固めるような状態になります。

    ずっと和装で髪型も変えない場合は問題ありませんが、洋髪に変える場合は整髪料を落とすだけでもかなりの時間がかかるためお色直しでヘアチェンジを希望する場合などは断られる事もあります。

    挙式や披露宴は和装だけで済ませても、二次会などがあったりすると結い上げたままでいくか、洋髪にしてから行く場合はかなり時間が経ってから行く事になります。

式や披露宴の流れ、披露宴後の予定などを考慮して美容師さんと相談してみるといいでしょう。

まとめ

結婚式は白無垢→色打掛→ドレスの流れが一般的です。
日本髪から洋髪への変更は美容師さんも慣れている筈なので心配しなくても問題ありません。
地毛で日本髪を結いたい場合、できる場合とできない場合があります。
髪の毛の長さや量でできるかできないか決まってきます。
自分の髪で結い上げて貰いたいという場合は可能な状況なのかを
美容師さんに相談してみるようにしましょう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です