お見合いの内容はどんな感じ?会話の内容はどんな事に気をつけるの?

e0e3d678ec95aa0df3a0dbeece39af84_s

結婚適齢期になると自分でも”そろそろ結婚しないと”と思いますよね。
周りからもそろそろ身を固めたら?と結婚を急かされる事もあります。
しかし、出会いが少なかったり思うように異性に声をかけられなかったりするとお見合いを薦められる方も多いのではないでしょうか?
お見合いしてみたら?っていうけど見合いってどうなのかな?
お見合いはどんな感じで行われるのか気になる所ですよね。
そこで、お見合いにはどんな内容でどんな感じで進められるのか、会話の内容はどんな事に気をつけたらいいのかを解説していきましょう。

スポンサードリンク

 お見合いの内容ってどんな感じまなの?

お見合いの内容はいくつかあります。
ご紹介して行きましょう

 お見合い 友達の紹介の場合は?

友人や職場の先輩などから紹介してもらう場合があります。
職業として行っている訳ではないので、紹介して!と言わないと紹介してくれなかったり、中には心配して”この人と会ってみたら?”と紹介してくれる場合もあります。

友人が二人を紹介してくれて、その後は二人でというケースや、友達を交えて飲みながら堅苦しくなくというケースもあります。

紹介相手の中には”妹なんだけどどう?”という場合ありますし、いつも飲んでる仲間なんだけどどうかな?という場合もあります。

口頭でこんな経歴でこんな感じの人なんだけど会ってみない?と言われる場合もあります。

身上書を頂戴!とい言われて相手に身上書を渡してもらって良ければ会うという場合もあります。

知り合いからの紹介だと、上手く行く場合はいいですが、上手く行かない場合はちょっと後味の悪い感じになる事もあるので、対応には気をつけるといいでしょう。

 お見合い 知り合いからの紹介の場合は?

いわゆる紹介おばさん的な感じの方からの紹介もありますよね。
紹介する事を生業としている場合もありますし、単に好きで行っている場合もあります。

顔が広い人が行っていたり、良く人を観察していて二人が会うかどうか見極める目を持っている人などが行っていて頼りになる場合もあります。

ボランティアではない場合もあるので、結果はどうであれお世話になったお礼を忘れない様にするといいでしょう。

知り合いが仲人さんとして両親ともに正式なお見合いをする場合もあります。

こちらは紹介したらあとは二人でというケースが多いです。

 お見合い 結婚相談所の場合は?

最近は結婚相談所といっても実際に来店して会員登録する所だけでなくインターネットなどでも登録ができて、経歴など希望に会う方をマッチングして紹介してくれる所も多くなって来ています。

大手が行っている場合もありますし、個人や市町村などで率先して行っている場合もあります。

こちらは入会料がかかったり、紹介してもらうたびに料金がかかったり、結婚が決まると成約料がかかったりする場合もあります。

お見合いの形式としては一対一で会うものからパーティータイプのものまであります。
パーティー形式だと結婚相談所の方がサポートしてくれる場合もあります。
自分の好みのプランのものを探してみるといいでしょう。

 お見合いってどんな感じなの?

友人や知り合いなどから紹介してもらう場合は、引き合わせて貰ってあとは本人同士で連絡を取り合う感じですね。

私も紹介してもらった事がありますが、紹介者と一緒に居酒屋に飲みに行って、その時に連絡先交換をして、その後本人同士で連絡を取り合って会う約束をしたりという感じでした。

紹介者の方との関係がどんな感じかでも違って来るかもしれませんが、初めて会う場合って何を話していいのか判らないので、紹介者の方が同席してくれると話しやすです、

結婚相談所の場合は、仲介人が部屋の中で二人を引き合わせて少し話した後は二人におまかせというのが一般的です。

パーティー形式などの場合、まずは個別に1人ずつと話しをしてみて、その後フリータイムで気に入った方の所に行って話しをするという感じのパターンが多いです。

個人的に友人や知り合いから紹介してもらう場合は、知り合いに紹介するということで誰でも良いという訳には行かないので、この人ならという人を紹介してくれるので安心できます。

結婚紹介所の場合、成約金の支払いがある場合などは成約しないとお金が入ってこないのでかなり親身になってくれる所もあります。

紹介所によっては料金が高くてさっぱり紹介してくれないというところもあったりしますので気をつけるようにしましょう。


スポンサードリンク

お見合いでの会話で内容に気をつける事は?

お見合いの席だと緊張してしまい、あまり話せないという方もいるかも知れません。

相手に対して配慮を欠いたような内容の話しでなければ何を話しても問題はありません。
デリカシーのない人は嫌われますので十分配慮が必要です。

愚痴ばかりを言う人も、この先ずっと聞かされるのかな?と嫌な印象を受けてしまいます。

家族構成などが気になるのであれば家族構成などを聞いてもいいでしょう。
しかし、家族構成を聞いて、”こうでしょ?”と決めつけるような発言は相手にとっていい印象を与えません。

趣味や休日の過ごし方などでその人の性格や生活スタイルなども判るので聞いてみるといいでしょう。
ですが、初対面であまりプライベートに踏み込むのも嫌がられますので気をつけましょう。

初対面から馴れ馴れしいのは言うまでもなくNGです。
図々しいのもNGです。
いい格好をしようと知らないものを知ったかぶりなどをしても直にぼろがでるので辞めておいた方が無難です。

お金がないのに無理して一つのものを半分にしてまでしておごろうという態度はやめたほうがいいです。

相手に対して、”こんな事はしてもらえるの?””こんな事は出来るの?”など値踏みをするような感じで聞くのもイメージが良くありません。

以上の事を参考にして好感を持たれるような会話ができるように考えてみましょう。

たとえは、相手の人生、生活、人柄を知ろうとする質問だったり、相手の話を引き出すような会話のキャッチボールができるようなに質問を考えてみるといいでしょう。

まとめ

お見合いは友人や知り合いの紹介の他、結婚相談所などで紹介してもらう方法があります。
殆どが紹介者に相手を紹介してもらったら、あとは本人同士でどーぞというケースが多いです。

会話の内容に悩み事も多いかもしれません。
話す内容は相手に失礼にならないような内容を心がけるようにします。
相手からうまく話しを引き出すような質問を考えてみましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です