披露宴新郎謝辞は両親への感謝を入れるのは駄目?妻の呼び方は?

654bb6cf1a1c3a7c293f04bcb125d506_s

新郎の謝辞は披露宴のラストを飾る新郎の見せ場の一つとも言えますね。
新郎が述べる謝辞は来て頂いたゲストへのお礼の言葉に終始するのが一般的です。
その謝辞の中に両親への感謝の意を表した文を入れたいけど駄目なの?
謝辞の中で新婦の名前を呼ぶ場合はなんて呼べばいいの?
新婦を呼び捨てにするのは失礼なの?
そんなお悩みにお答えします。

スポンサードリンク

 披露宴での新郎の謝辞で両親への感謝の言葉を言うのは駄目なの? 

披露宴での新郎の謝辞は基本的には来て頂いたゲストに対して
”本日は披露宴に御越し頂きましてありがとうございました”
というご挨拶をするのが一般的ですよね。

謝辞はお礼や決意以外述べてはいけないかというとそんな事はありません。

両親への感謝の気持ちを表す一文を入れてはいけないという事はありません。

両親への感謝の気持ちを表す事はとても素敵な事ですです。

新婦は両親に向けた手紙を読む事が多いので、その中で両親への感謝の気持ちを伝える事は可能ですが、新郎が両親への感謝を表したいと思っても、新婦とは違って感謝の気持ちを表す事ができる演出ってなかなかないので出来ない場合が多いです。

両親へ感謝の気持ちを伝えるのであれば、謝辞の中に入れても問題はないでしょう。

突然”ありがとう 感謝してます”というという言葉が聞けた両親は感動の涙を流すほど喜びます。

ただし、気をつけなければいけない点があります。

謝辞はもともと簡潔に短く!が鉄則です。

謝辞で長々と両親への感謝のコメントをするのはゲストの方へ不快感を与えかねない場合があるので注意が必要です。

謝辞はゲストへのお礼を述べる場なのに、母とはこんな事があってこれに感謝していて、父はこんな事をしてくれて感謝していると長々と言われても挨拶なのかスピーチなのかわからなくなってしまい”長いよっ!”となりかねません。

両親への感謝の事場を盛り込む場合、簡潔にして入れるのがポイントではないでしょうか?

簡潔に入れる事でゲストがやり過ぎでは?と感じる事もなくなりますし、両親に感謝の言葉を伝える事ができて、両親にも喜んでもらうことが出来ます。

そしてもう一点気をつけたいのは、自分の親にだけ感謝の言葉を述べるのではなく、両家の両親に対して感謝の言葉を述べる事を忘れないという事です。

どちらも自分の両親なのですから両家の両親に対して感謝をを述べるようにしてみましょう!

 披露宴での新郎謝辞の例文はこちら! 

本日はお忙しい中私達二人の結婚披露宴に列席いただきありがとうございます。

スポンサードリンク

皆様からの沢山の温かい祝福のお言葉を頂き、また、このような心あたたまる披露宴になりましたこと皆様のおかげと心より感謝申し上げます。

皆様から頂いた言葉を深く胸に刻み○○はいい男と一緒になったと言って頂けるよう、○○を守り、仕事に精進していく所存です。
とはいっても未熟な二人です。
これからも皆様からご指導いただけると幸いです。

そして、この場でなければ一生言えないと思うので、この場をお借りしまして今まで育ててくれた両親へ感謝の気持ちを伝えさせて下さい。

○○さんのお父さんお母さん。
○○さんをいままで大事に育ててくださってありがとうございます。
私の所にお嫁に出してくれて感謝で一杯です。
必ず○○さんを幸せにしますので、末永くよろしくお願いします。

そしてお父さん お母さん
○○を本当の娘のように可愛がってくれてありがとう。
これからは二人で親孝行していきます。
今後ともよろしくお願いします。

○○
両親を大事にしてくれてありがとう
これからもよろしくね。

簡単ではございますが私からのお礼の言葉とさせて頂きます。
本日はありがとうございました!

こんな感じでいかがでしょうか?

簡潔ながらも人柄や温かさが伝わるようなエピソードを盛り込みながら感謝の言葉にしてみましょう。

 新郎謝辞での妻の呼び方ってどうする? 

披露宴では新婦の事を呼び捨てでいいのだろうか?とちょっと迷う場合がありますよね。

呼び捨てでも構わない場合と呼び捨てではちょっと、、、という場面があるので、使い分けする事が重要です。

基本的には挙式後であれば呼び捨てで問題ないですし、呼び捨てでなければ、え?いつまでさん付けで呼ぶの?と違和感がありますよね。

しかし、大事に育てて来た御両親にとっては娘が呼び捨てにされるのは違和感がある場合もあります。

披露宴の中で新婦の両親に話しかけるような場合は”○○さんとさん付けするのがベターです

本人に向かって言う場合や招待客に向かって言う場合などは呼び捨てでも問題ないでしょう。

ただし、出席者が年配の方が多い場合などはあまりよく思わない場合が多いのでさん付けで通すと心証がよくなります。

いつもはちゃんだったり愛称などで呼んでいても披露宴ではさんづけや呼び捨てにするといいでしょう。

 まとめ 

披露宴での新郎謝辞に両親への感謝の気持ちを盛り込む事は問題はありません。
新婦と違い、感謝の意を表す機会がないので、御両親は喜ぶ場合が多いです。
しかし、盛り込み過ぎると謝辞なのかスピーチなのかわからなくなりますので簡潔にいれるとよいでしょう。
新婦のご両親は娘を呼び捨てにされると慣れない内は違和感がある場合もあります。
新婦を呼ぶ時は新婦の両親へ向けて話す時はさん付けし、それ以外は呼び捨てするなど使い分けするようにしましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です