結婚式の仲人の挨拶って?服装は?祝儀はいくら包むの?

結婚式の仲人を頼まれるとなかなか断れないものですよね。
緊張するから嫌だ!と言いながらも”名誉な事なんだよ!”と聞くとちょっと嬉しかったりもしますよね。
しかし、挨拶ってどんな風にするの?服装はどう?
ご祝儀はいくら包むべきなの?と悩みは尽きませんね。
仲人についてのお話です。
参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

 結婚式で仲人の挨拶するならこれが大事! 

仲人を引き受けると避けられないのは仲人挨拶ですよね。

お二人を結びつけた仲人さんであてっも、一日限りの頼まれ仲人であっても、お二人の事を事前に知らないとスピーチは薄っぺらなものになってしまいます。

仲人を引き受けたからには、一度二人とゆっくり話しをする時間を作るなどして、二人の生い立ちや人となりを知る時間を作るようにしてみましょう。

お互いに忙しく、まったく打ち合わせをする時間が取れない場合などは、二人の経歴や二人の事などを書いて貰ったものを貰うようにするといいでしょう。

 結婚式の仲人の挨拶の流れはこんな感じで! 

仲人の挨拶の流れは

  • 自己紹介
  • 出席者へのお礼
  • 挙式終了の報告
  • 新郎の経歴
  • 新婦の経歴
  • 二人の慣れ染めや人柄
  • これからの二人へのご指導のお願い
  • 締めの言葉

以上のような流れで進むとスムーズです。
この流れを意識して構成してみましょう。

 結婚式の仲人の挨拶はこんな感じで! 

本日媒酌人を務めさせて頂きます○○と申します。

本日はご多用中の中○○家○○家の結婚披露披露宴にご臨席いただき誠にありがとうございます。

○○さんに○○さんをご紹介した縁で仲人という大役を仰せつかりました。
媒酌人としてご挨拶申し上げます。

○○家○○家ご両家の婚儀が滞りなく行われましたことをまずはご報告申し上げます。

新郎○○さんは○○大学○○学部を優秀な成績で卒業され、○○株式会社○○部○○課へ勤務していらっしゃいます。

大変仕事熱心で後輩からの信頼も厚く、まじめに働く一方で夏はマリンスポーツに冬はスノーボードを楽しむなど趣味にも熱中する一面ももっている活発な成年でもあります。

新婦○○さんは○○大学○○学部を優秀な成績で卒業され、○○株式会社○○部へ勤務しておられましたが、結婚を機に惜しまれながら退職されていらっしゃいます。

○○さんは大変人懐っこい性格で友人も多く、一緒にいるだけで周りが朗らかな気分になるような笑顔をふりまく素敵な女性です。

○○さんに○○さんを紹介したときにも笑顔の可愛い方だということで大変気に入った様子でした。

その後の交際の様子をお伺いしても、お互いを思い合う心があるお似合いのカップルで、素敵な家庭を築いていくのでは?と確信いたしております。

若い二人の門出にあたり皆様にも宜しくご指導、ご支援を賜りますようお願い申し上げご挨拶とさせて頂きます。

こんな感じの流れで、お二人の経歴や人柄などがわかるように構成してみましょう。

スポンサードリンク

 結婚式 仲人の服装って? 

仲人さんの服装は正装がマナーです。

ただし仲人さんがいる結婚式では少ないケースかとは思いますが、アットホームな式を望んで
いて、新郎新婦のご両親が略正装などで出席する場合は仲人さんも略正装で出席します。

新郎新婦のご両親と同じ格の服装をするのがマナーです。

男性側であればモーニングやタキシードですし、女性側であれば留袖が一般的です。

場合によっては礼装用のスーツや色留袖でも良い場合もあります。
新郎新婦や両家の御両親とも相談してみましょう。

 結婚式の仲人のご祝儀は?  

結婚式の仲人のご祝儀は10万円が相場と言われています。

新郎から頼まれたのであれば新郎側へ10万包んでお渡しするのでもいいでしょう。

両家との付き合いがあり、両家に渡す必要があるのであれば、両家に五万づつお渡しするのでもいいでしょう。

ご祝儀を分けるのは縁起が悪いという考えから一方へお渡しするケースも多いです。

頼まれ仲人で新郎の上司などの場合、少ないのもちょっと、、奮発して包んだ方がいいのかな?と思いがちですが、多く包むと相手方のお返しが倍が相場と考えるケースもありますので、相場程度で包むのがいいでしょう。

 まとめ  

仲人さんの挨拶は二人の経歴と人柄がわかるような挨拶を心がけてみましょう。
お二人の事をよく知らない場合は、事前に話しをする機会を設けたり、アンケート的なものをお願いするなど、事前に人柄を把握しておくと挨拶にも幅がでます。

服装は新郎新婦の御両親と同じ格のものにするのがマナーです。
両家の御両親より格上にならないよう気を配りましょう。

ご祝儀の相場は10万と言われています。
仲人さんへのお礼がご祝儀の二倍から3倍と言われていますので、相手の負担にならないように配慮しましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です