結婚式には両親が離婚してても招待するの?席はどうする?親族は呼ぶの?

結婚式や披露宴をする場合、両親が離婚をしている場合は両親共に招待すべきなの?片方は呼ばない方がいいの?と悩みますよね。
両方を呼んでも問題ないものなの?
席は元夫婦で並んで座ってもらうものなの?
親戚は呼ぶものなの?
そんな御悩みにお答えします!

スポンサードリンク

 結婚式には両親が離婚して離ればなれでも招待するの? 

御両親が離婚されている場合、離れて暮らしている側の親って招待するべきなの?と悩むケースがありますね。

一緒に暮らしていたり、育ててもらった側の親は当然出席しますが、離れて暮らしている側の親が出席するかしないかは状況によって様々です。

未成年の時に御両親が離婚をしていると、親権を持った方の親御さんと一緒に暮らすことになりますよね。

一緒に暮らしている親の事を考えて、離れた親の事を呼ばないケースも多いです。

親権をお父さんが持つとお父さんと暮らす事になるので、必然的にお母さんと会う機会が減ります。

一緒に暮らしてない親とはなかなか会えないというケースも多く、まったく連絡を取り合っていないという場合などは招待しないというケースもあります。

両親に出席して貰いたいと考えている場合、離婚した両親が出席するかどうかの一番の決めては、新郎新婦が出てもらいたいと考えているか出て欲しくないと考えているかではないでしょうか?

お母さんに時々でもあっていると、結婚式に来てもらいたい!と考えますよね。
来て欲しい!という気持ちがあるのであれば招待するといいでしょう。

しかし、お母さんを呼んでもいいかどうかは、御両親の離婚後の関係が良好かどうかなども大きく関わってきます。
両親がどうしたいのかを双方に確認してみる事も重要です。

お父さんが”絶対会いたくない!”という場合もありますし、離婚後の方が仲良くなって良い関係を築いているので呼んでも問題ないという場合もあります。

絶対会いたくない!とはいっても可愛い息子の結婚式ですがら、”呼びたいのなら呼んでもいいよ”といってくれる場合もあります。

いずれにしろ、離婚してしまっているお母さんの立場はとても微妙です。

お父さんが再婚している場合などはとくに悩みは大きくなりますよね。

周りで反対する方がいる場合、お母さんを呼ぶ事によってお母さんが肩身の狭い思いをする事も考えられます。

お母さんが嫌な思いをするようなら諦める事も視野にいれましょう。

結婚式に呼ぶ事は難しそうだけど、どうしても晴れ姿を見てもらいたい!というのであれば、前撮りの時に呼んだり、チャペルなどでの挙式の場合は挙式のみ見てもらったり、披露宴の様子を写真やdvdなどで見てもらうなど考えてみましょう。

スポンサードリンク

 結婚式は両親が離婚している場合席はどうする?  

お母さんと離れて暮らしている方の場合のお母さんの席は、両親として出席してもらうのであれば、お母さんも家族席に座ってもらうことになるので、元夫婦が父と母として並んで座ってもらう事になります。
両親の関係が良好であれば、同じテーブルに付いてもらいましょう。

お父さんやお母さんが同じテーブルに並んで座るのは嫌だ、、、という場合はお母さんに別の席に座ってもらう必要があります。

人数が少ない式なのであれば、大きな円卓にして少し席をはなしてみたり、母としての役割をしてもらわないのであれば、親族席や友人席などに座ってもらう事も考えてみましょう。

しかし、最後に両親として挨拶の時や御見送りの時などに並んでもらうのであれば、両親が別々の席から出て来るのは違和感がありますよね。

式に出席しているのに、親として扱われる事がなく,一般の親族や友人と同じ扱いにされるのは親にとっては少し残酷に見える所はあります。

ここは可愛い子供の為に数時間だけ我慢してもらうよう説得してみましょう。

 結婚式には両親が離婚してる場合は親族は呼ぶの?  

親族の場合も、親交がなければ呼ばなくても問題ないでしょう。

しかし、親交がある場合で呼びたい!という場合は、やはりまずは両親に相談してみましょう。

離婚してしまった相手の親戚に会うのは大変気まずいものです。

離婚した相手は仕方ないけど、親戚は勘弁して!とう方もいます。
両親の意向を聞いてみるといいでしょう。

 まとめ  

離婚していても親は親なので是非出席してもらいたいですよね。
両親の関係が良好か良好でないかなどでも違ってきますが、
出席して貰いたい!と考えるのであれば、招待して問題ありません。
本当に呼んでも窮屈な思いや嫌な思いをしないのか、
席はどこに座ってもらって、何をしてもらうのかを十分考えてみるといいでしょう。
自分と両親が納得でき、幸せな披露宴ができるよう話しあってみましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です