結婚式披露宴の謝辞父がいない場合は母親でもいいの?文例は?

披露宴の終盤では、両家を代表してのご挨拶をしなければいけませんよね。
新郎の父が出席していれば新郎の父の役目ですが、なんらかの理由で出席できない場合もありますね。
そんな場合は誰が行うのが良いの?
お母さんが行っていいの?
お母さんが行うならどんな内容がいいの?
文例も紹介しています。
参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

 結婚式の披露宴での謝辞 父がいない場合は誰がやるの? 

披露宴の謝辞は男性が行うイメージが大きいですよね。
両家の代表と言う事で新郎の父が行うのが一般的です。

しかし、両親が離婚して母親と一緒に暮らしていて父親とは交流がないため披露宴には呼ばないとか、すでにお父様は他界してしまいいらっしゃらないというケースもあります。

なんらかのケースでお父さんが披露宴に出席しなかったり、できない場合があります。
その場合は誰が行うのでしょうか?

通常であれば父親の代わりはお母さんが務めます。

え? やはり男性だし新婦の父ではないの?と思うかもしれませんが、やはり嫁いで来てもらう側の方で行うのが一般的です。

新婦父より新郎母が上なの?と思うかもしれませんが、どちらが上下という事ではありません。

あくまでも男性側の親族が挨拶するもので、(婿入りなら女性側になります)男性側で誰もいない場合は女性側にお願いするという事です。

お母さんもいらっしゃらない場合などは、兄弟がいれば兄弟が行ったりします。

兄弟が小さかったり、いなかったりする場合は親戚の伯父さんなどにお願いするケースもあります。

新郎のお父さんがいらっしゃらないと謝辞は誰に、、、となりますが、

お母さんも人前に立つのは嫌だと言ってる、、、
その他に適当な人がいない、、、

などの場合で、

新郎側で新婦のお父さんにお願いしたいという希望がある
よかったらうちでやりますがと新婦の父が言っている
新婦のお父さんにお願いした方がいいのでは?という意見が出ている

と言うのであればお願いしてもいいでしょう。

披露宴に父親が不在の場合、挨拶をなしにして新郎のみ挨拶にするケースもあります。
誰に頼んでも角が立ちそうだし、、、という場合であれば無くても問題はありません。

スポンサードリンク

 披露宴の謝辞 母親がするならどんな事を盛り込む?  

お母さんが謝辞を行うのであれば、男性の力強い挨拶ではなく、母親ならではの何十年間の息子さんに対する思いをそのまま詰め込んだような、女性ならではのやさしい感じの謝辞が良いのではないでしょうか?

息子さんとの小さい頃からのエピソードなどありませんか?

逞しい子だった
こんな一面を持った子だった

などのエピソードをまじえつつ

母一人で大切に育ててきたこと
ステキな花嫁さんに出会えて安心していること

などを盛り込んでみましょう。

 披露宴の謝辞 お母さんの文例はこれ1 

新郎の母の謝辞の一例をご紹介しましょう。

新郎 ○○の母○○でございます。
両家を代表いたしまして、一言ご挨拶を申し上げます。

本日はお忙しいなか若い二人の為にお集りいただき、また、沢山の御祝いや心温まるお言葉を頂戴いたしました事、心より厚く御礼申し上げます。

息子は小さい頃甘えん坊で、父親がいない事でとても寂しい思いをしていた筈でした。
それでも”お母さんは僕が守るんだ!”と言ってくれ、今までずいぶん支えて来てくれました。
そんな息子には今度は明るく優しい○○さんと支え合い、幸せになって笑いの絶えない家庭を作って貰いたいと願っております。

まだまだ未熟な二人でございますので、今後ともご指導いただきますようお願い申し上げます。

本日はなにかと行き届かない点がございました事お詫び申し上げます。

本日は誠にありがとうございました。

息子さんの人柄や二人で幸せになって欲しい事などを盛り込んで母らしい謝辞を考えてみましょう!

 まとめ  

披露宴の謝辞は新郎のお父さんがいらっしゃらない場合、新郎のお母さんや兄弟などが行うのが一般的です。
新郎側で適任者がいない場合、新婦のお父さんが行っても問題ありません。両家で話しあって決めてみましょう。
新婦のお母さんが行うのであれば、新郎とのエピソードなどを盛り込み、やさしい感じの謝辞になるようにしてみましょう。
最後の挨拶ですので、短めに簡潔にまとめる事が重要です。
頑張ってみましょう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です