結婚式のご祝儀兄弟ならいくらなの?いつ渡す?

ごきょうだいのご結婚おめでとうございます!
兄弟姉妹が結婚するのは大変うれしいことですよね。
きょうだいって家族なのにご祝儀は必要なの?
きょうだいにご祝儀を包む場合はいくら包むべきなの?と悩む方も多いのではないでしょうか?
いくらをいつ頃渡すのがいいのかについて解説します。
参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

 結婚式のご祝儀 兄弟ならいくらなの? 

ご兄弟の結婚式に出席する場合

兄弟なのに御祝い包むの?

と感じる場合が多いようです。

特に自分が結婚した時ご祝儀を貰わなかったりしたら、なおさら感じるかもしれませんね。

兄弟でも状況によって変わってくるので、ご祝儀を包まなくて良い場合と包まないといけない場合があります。

ちょっと不公平な感じも受けますが、いたしかたない場合もあります。

それそれの状況によって考えてみましょう。

 結婚式のご祝儀 兄弟が学生の場合は? 

基本的に学生の場合であれば未成年と同じで、収入がないと考えるのでご祝儀を包む必要はありません。

バイトなどをしていてしっかりと収入がある場合もありますが、ご祝儀は包まなくてもいいでしょう。

 結婚式のご祝儀 兄弟が未婚の場合は? 

未婚の場合で両親と同居しているのであれば、御両親と一緒に包むケースもあります。

年齢などによっては同世帯であっても別に包む場合もあります。

まだ就職したてや年齢が若く収入も少ないというのであれば、両親と一緒に包むという場合もあります。

しかし、1人暮らしをして自立して生活していたり、年齢的にも1人で包むのがいいのでは?という場合などは1人で包む事が多いです。

友人などの場合、3万円が相場とされていますが、親族の場合5万円程度が相場です。
状況に応じて包み方や金額を考えてみましょう。

 結婚式のご祝儀 兄弟が夫婦で出席の場合は? 

夫婦で出席の場合、友人の場合であれば5万円が相場と言われていますが、親族の場合は7万から10万円が相場といわれています。

だいたい10万円以上包むケースが多いようです。

特に姉妹などの場合は旦那さんのメンツに関わるので10万円は包む!という方が多いようです(笑)

 結婚式のご祝儀 兄弟が夫婦と子供で出席する場合は? 

夫婦と子供の場合は夫婦7万円から10万円に子供の分を上乗せします。

子供の年齢にもよりますが、1人1万円から2万円上乗せする場合が多いようです。

お互いお金のかかることなので、お互い様ということでやりとりなしにしましょうと話し合ってご祝儀は包まないというご家庭もあります。

御家庭内でよく話しあってみましょう。

スポンサードリンク

 結婚式のご祝儀 兄弟へはいつ渡すの? 

ご祝儀は当日ではなく事前に届けるというのがマナーなのをご存知でしょうか?

親族だけではなく、友人なども事前に届けるのがマナーとされています。

近くではないので渡しに行けないというケースのみ当日受付で渡すというのが基本なんですよね。

殆どの人が受付で渡すケースが多いので知らない場合が多いです。

兄弟の場合であれば、特にいつ渡さなければいけないというマナーはありません。

遠方からの出席であれば、当日に渡しても問題ありません。

近くにいるのであれば事前に手渡ししてあげましょう。

なかなか会う機会がなければ、立ち寄る機会があった時でも問題ないでしょう。
せっかく届けるのであれば、お日柄の良い日の午前中を選んで届けるといいでしょう。

 まとめ 

家族内でご祝儀のやりとりってするものなの?と思う方もいるようです。
ご家庭によっても違うかもしれません。
いくら包むか相談してみるといいでしょう。
事前に渡すのがルールなので、御日柄のいい日を選んで届けるようにしてみましょう!

おすすめ記事!
結婚式 新婦の姉の服装や役割 挨拶まわりはするの?
結婚の顔合わせの食事会に兄弟も行くの?服装は?手土産はいるの?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です