結婚指輪は石あり石なしどっち?いつからつける?つけたままなの?

結婚指輪にもいろいろなタイプがあるのをご存知ですか?
シンプルなものから装飾が施されていたり、石がはめ込まれていたりするものがあります。
これから長く付ける事になる結婚指輪は長く付けられるものを選びたいですよね。
結婚指はは石あり石なしだとどちらがいいのでしょうか?
結婚指輪はずーっと付けっぱなしなの?
結婚指輪について確認していきましょう!

スポンサードリンク

 結婚指輪は石あり石なしどっちがいいの? 

結婚指輪といえば、昔は一般的なのが平坦で模様もないものでした。

wedding-rings-287149_640

最近はいろんなデザインされているものが増えてきて選択肢も増えたので、どんなものを選んだらいいか迷う方も多いようです。

婚約指輪に予算を掛けた場合は結婚指輪にあまり予算を書けない場合が多いです。

婚約指輪はあまり実用的ではないという事で結婚指輪のみにする場合、石が入っているものなどにしてグレードアップする場合が多いです。

wedding-ring-3852_640

宝石店の方はどちらかと言うと石が入っていないタイプの結婚指輪の方を薦める場合が多いです。

長時間している事が多い結婚指輪は、普段の生活の中では手を使わないことはないので、キズが付いたり歪んだりする事があります。

石が付いているタイプの場合指輪が歪む事によって石が外れてしまったり、石の周りに汚れが付き易い為、石がないものを進める事が多いです。

ですが、デザインされていないものの場合は傷などが目立ってしまう事が多いです
傷が目立たない方が良い場合はデザインされているものを選べは多少は軽減されます。

ring-260892_640

石が付いているタイプの場合、石の付け方には二種類あってはめ込んでいる場合と爪で留めてある場合があります。

爪で止めてあるタイプを選ぶと石は取れにくいですが、爪があると衣類などに引っ掛かりやすかったり赤ちゃんなどができて育児する場合には赤ちゃんを傷つけてしまう場合があるので不向きです。

傷つけたり引っ掛けたりしない為はめ込みになっているものも多いですが、知らない間に石を紛失してしまうというリスクもあります。

もちろん材質によっても違いがありますが、プラチナや金というのは基本的には柔らかく変形しやすいです。

特に純度が高ければ高いほど柔らかいので力を入れると変形してしまうものなどもあります。

土台が変形する事で石が取れ易くなるので、長時間付ける場合は石なしのものを選ぶか、固めの材質で太めのものを選ぶ事で解消される場合が多いです。

もし、身にはつけていたいけど歪んだりなくしたりするのが怖いという場合はネックレスにつけておくのもいいでしょう。

永久的にメンテナンスをしてくれる保証が付いているものなどもありますのでいろいろ検討してみましょう。

 結婚指輪はいつからつけるの? 

結婚指輪なので入籍した時や挙式して指輪の交換をした時から付けるカップルが殆どです。

入籍から挙式までの間が短い場合は、挙式までまって挙式の時にはめてもらってそのままという方が多いです。

結婚した!という実感も湧くので早く付けたい!という方も多いようで、入籍から挙式まで半年や一年近く間が空いてしまう場合は入籍すると付ける方が多いのではないでしょうか?

婚約中は婚約指輪を付けて、入籍か挙式かの早い方で付けるという事でいいでしょう。

ただし、生活している間に必ずキズは付いてしまうので、挙式時に一年はめた指輪はキズだらけになっています。

キズだらけの指輪を交換するのが嫌であれば挙式まで待つか、お揃いのデザインリングなどを用意してもいいでしょう。

スポンサードリンク

 結婚指輪はつけたままでいいの? 

結婚指輪は基本的には外さなくても大丈夫です。

お葬式などの時でも結婚指輪は外さなくても問題ないくらいですので、外さないと駄目というルールはありません。

ただし、宝石店の方から
”石が取れる可能性があるので家事の時には外してください”
”やわらかい材質なのでお出かけの時だけにしたほうがいいですよ”
といわれる場合もあります。
その場合は普段付けにせずお出かけの時だけ付けるといいでしょう。

家事の時には外さなくてもいいとは言いますが、衛生面などを考えるとパンを捏ねたり、ハンバーグのタネを素手で捏ねる場合などは指輪と指との間や指輪の後ろ側などに汚れが付いている事も考えられるので外してから行うようにするといいでしょう。

また、かぶれやすい方などは洗顔時や水仕事などをするときは外して指輪も洗浄するなど衛生面も心がけるようにするといいでしょう。

 まとめ  

日常的に付けている結婚指輪ですが、指輪の専門家は石無しの結婚指輪を進める場合が多いです。
好みや使用方法、強度や石の装着方法などを考慮して納得のできるものを選んでみましょう!
結婚指輪は入籍や挙式などをきっかけに付ける場合が多いです。
結婚指輪は日常的に付けて問題ありません。
邪魔になる場合や衛生面で外した方がいいかな?という時のみ外すといいでしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です