結婚式に新郎の母がドレスは駄目?洋装はどんな時?マナーはある?


お子様のご結婚おめでとうございます!
新郎のお母さんとして出席する場合、留袖で出席するイメージが強いですが、洋装で出席って駄目なの?
洋装でも問題ない場合って?
洋装はどんなものならいいの?
そんなお悩みにお答えします!

スポンサードリンク

結婚式に新郎の母がドレスだと駄目なの? 

結婚式の母親の服装といえば、新郎側だけでなく新婦側の母も留袖を着て正装している印象が強いですよね。

黒留袖を着て出席するのが当たり前のイメージではありますが、洋装で出席するのが駄目ということではありません。

フォーマルなドレスを着て出席されるお母さんもいらっしゃいます。

正式なフォーマルドレスであれば正装しているという意味では黒留袖を着ているのと同じなので問題はありません。

ですが、新郎の母が洋装で出席しているのを見ると留袖よりも格が落ちているようなイメージを受ける場合があります。

どうしても 留袖>洋装というイメージが強いのです。

「新郎の母親だけ浮いた格好してる」と思われてしまうかもしれません。

中には

着物を着るのがめんどくさい、、、
着付けに時間がかかる
準備が大変
着付けやセット代が勿体ない

と感じるお母さんもいるようです。

洋装でも和装でも問題はありませんが、新婦のお母さんが
”留袖を着ます”というのであれば、新郎のお母さんも留袖を着た方がバランスが取れますよね。

新婦側とのバランスも大切です。

息子さんの一生に一度の晴れ舞台です。
特別な理由がない場合は、ドレスよりフォーマル度が高く見える留袖を検討してみてはいかがでしょうか?

 結婚式で新郎の母が洋装で出席する場合って? 

さまざまな理由で着物はちょっと、、、というケースもあります。

理由としては、

  • 病気や怪我などで着物を着るのが難しい
  • 着物を着て出席したいけど、病気をしたりすると着物を着るのが難しいケースもあります。

    体力が低下して長時間着物を着るのは辛い、、、
    手術をしたばかりで着物を着るのは痛いし苦しくて辛い、、、。
    怪我をしてしまい着物を着るのが大変、、、

    などなど身体的な面で着物を着るのが難しいケースがあります。

  • 遠方から出席する為和装に着替えるのが難しい
  • お子さんと離れて暮らしているため着物を持参したりするのも大変
    式までの間に着替える時間がない、、、
    など物理的に無理な場合があります。

  •  結婚式の雰囲気に合わる
  • 教会で式を挙げ、レストランウエディングで完全に洋風のイメージで結婚式を行う場合、新郎新婦から洋装のイメージなので和服は着ないでねといわれる事もあります。

といったケースですね。

事前に打ち合わせをしておかないと、新婦側から
”なんで留袖着ないのかしら?”
と思われる可能性もあります。

新婦のお母さんに、
”こういう理由で和装にしたい”
という意向を息子さんを通してでもいいので、伝えてもらうと安心です。


スポンサードリンク

 結婚式で新郎の母が着るドレスにマナーがあるの?

ドレスを選ぶ場合、黒留袖と同じ格の物を選ぶようにしましょう。

黒のロングドレスを選ぶのが基本です。

アフタヌーンドレスで足首が隠れる程度の長さのドレスを選ぶようにします。

アフタヌーンドレスとは昔、午前中に家事(の指示)を行い、午後から社交行事のため外出に着たドレス…という意味合いから名付けられたようです。

ワンピース型の衣服でスカート丈はくるぶしまでの総丈かそれ以上の長さのもので、七部袖以上の長い袖を持ち、襟ぐりも浅く、肌が露出しないようになっているものをいいます。

披露宴が夜に行われる場合などはイブニングドレスを着用する場合もあります。

スーツなどの上下が分かれているものなどは略礼装になるので向きません。

黒は暗いイメージになりがちなので、華やかなアクセサリーなどで暗くならないよに注意しましょう。

 結婚式で新郎の母が着るドレスはこれ! 

新郎の母として結婚式に出席する場合の洋装は、イメージが湧きづらいという方も多いかもしれません。

いくつかご紹介しましょう。

一般的にはこんな感じのイメージでしょうか。

最近はお子さんが結婚するといっても若い方も多いので、こんな感じのものでもいいでしょう。

落ち着いた品のあるような物を選んでみましょう!


まとめ

新郎の母として結婚式に出席する時の服装は留袖が一般的ですが、
ドレスでも問題はありません。
フォーマル度や式場の雰囲気などで決めてもいいでしょう。
フォーマル度が高い場合は留袖を着るのがオススメです。
洋装で出席する場合は黒のアフタヌーンドレスがイブニングドレスを選び、
暗くならないように工夫してみましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です