ウェディングドレス持ち込み料の相場は?納得いかない!特典なしもある?


ウェディングドレスをどれにするか決める場合、式場では提携店から選んで!というのが一般的ですよね。
他店で選ぶと持ち込み料は発生しますが持ち込みは可能ですよという場合もあります。
持ち込み料の相場っていくらなの?
納得いかない場合はどうする?
ドレスを持ち込んだら他の特典なしってあり?
そんなお悩みにお答えします!

スポンサードリンク

ウェディングドレスの持ち込み料 相場はいくらなの? 

ウェディングドレスを提携店以外から持ち込む場合の持ち込み料は式場によって様々です。

2万〜3万あたりが相場と言われていますが、5万〜10万程度かかる所もあります。

披露宴を二部制などで行う場合、会場によっては二回分の持ち込み料がかかる場合などもあります。

他店からの持ち込みの場合は持ち込み料がかかるが、購入したり、自作のドレスなどであれば持ち込み料は不要ですという場合もあります。

ドレスは沢山あるからその中から選んでくださいねという話をされると、提携店の中に気に入ったものがあるだろうと考えますよね。

ドレス沢山あるならその中から選べば良い話し。
持ち込む可能性低いし関係ないでしょ?
と持ち込み料の事など気にしなかったら

ドレスが少ない!
気に入ったものが無い!

という状況になり困ったという方もいます。

持ち込み料は事前に確認できるので、契約前にしっかりと確認する事が大切です。

ウェディングドレスの持ち込み料が納得いかない! 

提携店にあるドレスは気に入らず、他店のドレスを持ち込みたいけど持ち込み料に納得がいかない、、、という場合もありますよね。

しかし、持ち込み料の話しは式場と契約を済ませる前に必ずされている筈です。

式場と契約する時に持ち込み料の話しをされたのであれば、持ち込み料が納得いかなくても払う必要はあります。

式場側では提携店からドレスを借りてもらえると利益がでるのに、他店から借りられると利益が無くなるので、式場としては持ち込み料は必要なのです(笑)

理由はそれだけではありません。

他店からのドレスを持ち込む場合、式場側では前日までドレスを見る事ができない場合が殆どです。

当日破損していた
サイズが合わなかった

という場合などは式場側で対応する必要もあります。

その他、持ち込み料は前日にドレスを持ち込みしてもらう為”ドレスの保管料”という名目で言われる事も多いです。

ドレスを保管する場所を実際に確保しておく必要もあります。

”当日自分で持ち込むので無しに、、、”と言っても”決まっている事なので”と一蹴されることもあります。
一蹴する理由には、何かあった時のドレスの管理も必要と考える場合も多いです。

値引きの交渉はしてもいいですが、無しにしてもらうのは難しいと考えるのがいいかもしれません。

どうしても気に入ったドレスはないし、”持ち込み料は無料にはできません”と言われた場合は式場を変更することも考えたり、持ち込み料を負担してくれるドレスショップもあるようなので、探してみるといいでしょう。


スポンサードリンク

ウェディングドレスを持ち込みしたら特典なしになることもあるの? 

ウェディングドレスを持ち込みする場合、持ち込み料を無しにして貰いたい!と交渉するケースも多々ありますよね。

ドレスの持ち込みは可能であっても、持ち込む場合、

特典として付いていた値引き分がなくなる
適用になっていたプランが適用にならない

という場合もあります。

事前に説明がなかったり、言われていたにも関わらずよく理解していなかったりすると、
ドレスを持ち込みしたいと言った時点でトラブルに発展することもあります。

聞き逃すことの無いように事前に確認をしておきましょう。


まとめ

ウェディングドレスの持ち込み料の相場は2〜3万が相場ですが、5万〜10万程度と言われる場合もあります。
持ち込み料が高くて納得いかない!とならないように、事前に確認しておくか、値引きできないかの交渉を上手にしてみましょう。
持ち込み料を無しにする場合はこのプランは適用になりません。この部分のサービスはなくなりますと言われる場合もあります。
契約前に説明がある筈なので、聞き逃さないようにしましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です