結婚式場予約のタイミングは?直接と相談カウンターどっち?内金は?


来年くらいに結婚しようか?って彼に言われると式場どこにしようかな?ってニヤニヤしてしまう方も多いのではないでしょうか?
来年だとまだ時間あるけど、式場を予約するタイミングっていつなの?
予約するのは式場へ直接するのと結婚式場相談カウンターを通すのとどっちがいいの?
予約すると内金って必要なの?
そんなお悩みにお答えします!

スポンサードリンク

結婚式場の予約のタイミングっていつなの? 

交際相手と上手く行っていて、結婚の話しが出てくるようになると、結婚式場の予約の事も考えたらいいかな?と考え始めますね。

結婚式場ってどの位前から予約するのがいいのか気になりますよね。

結婚式を挙げたいと希望する日から半年から一年程度前から予約するのが一般的です。

一般的には半年から一年くらい前と言われる結婚式場選びですが、

結婚式シーズンの大安などのお日柄がいい日
三連休など予約が集中しそうな日

などは更に半年から一年程度前からの予約でないと式場を抑えられないというケースも多いです。

ここの式場じゃないと嫌だ!
こんな結婚式がしたい!
この時期じゃないと嫌だ!

というような譲れない条件があるのであれば、最低でも一年前には結婚式場を抑えておく事をオススメします。

あまりこだわりはないという方でも、招待状を2ヶ月前に発送する事を考えると、その前に式場や大まかな招待者などが決まっている事が必要なので、最低でも4ヶ月から半年前には式場が決まっていないと遅いです。

準備の事を考えると、半年前でもスケジュールがキツい感じになる事も考えられるので、余裕を持って会場選びをするのがいいでしょう。

どのタイミングで結婚式場を予約するかは、何ヶ月前まで!というのを意識するよりも、時期や人気のある式場なのかなどの場合は早めに予約したり、式までの期間が短ければ短いほど、効率的に準備ができるよう工夫してみるといいでしょう。

 結婚式場の予約は直接がいいの? 

結婚式場を探す場合、式場に直接頼むのがいいのか、結婚式場相談カウンターなどに頼むのがいいのか迷いますよね。

基本的にはどこかを通すとマージンが取られる可能性があるので、直接予約した方がお得になる場合も多いです。

しかし、結婚式場相談カウンターなどでもいろいろなプランがあったりしますので、お得なプランなどがある可能性もあります。

じゃあ どっちがいいの?と悩みますよね(笑)

結婚式場へ直接頼むのは

  • 希望の式場があって交渉事は得意!
  • お得になるなら手間はおしまない 
という方がいいです。

結婚式場相談カウンターなどにお願いするのは

  • 希望の会場はあるけど交渉事は苦手
  • 会場の探し方がわからない
  • 会場の候補が絞られていない
  • 式場のプランナー意外にもアイディアを出してくれる人が欲しい
という方がいい

という感じで考えるといいでしょう。

相談できる人や仲介してくれる人がプランナーさんの他にも欲しいというのであれば、相談所を利用するのもいいでしょう

お得に式を挙げたいという場合であれば、窓口を通さず直接交渉した方がいいかもしれませんが、交渉次第では窓口でも同じような金額で出来る場合もあります。

ここだったらこのサービスあるのになあ とか あっちのドレスは15万だったのにここだと20万だしなあ〜 と上手に交渉してみましょう。


スポンサードリンク

結婚式場の予約に内金は必要? 

結婚式場を下見に行って気に入った場合、予約しませんか?と薦められる事が多いです。

その場合、”じゃあ この日でお願いします” とお願いすると、”仮契約””仮抑え” という感じになります。

そこで、いついつまでいくら収めてくださいね。と言われる事があります。

いわゆる内金とよばれるものです。

内金を支払う事によって式場が他の方に使われないように確保できるようになるので、内金が必要ですと言われた場合は支払う必要があります。

内金は数万円から数十万まで会場によって違います。

内金なので、そのまま契約すると費用の一部として計上されます。

しっかりと話しを聞いて、ここにしよう!と決めた場合は入金してしまって問題ありません。

内金を入金すると本契約になり、入金後”やっぱり別の会場がよかったとキャンセルしても、内金は返金されない事が殆どです。

今日予約してくれればいくら値引きできますという甘い言葉に誘われて入金してしまう方が多いようですが、仮抑えはしたいけど、他もまだ見てないし、、、という場合は、内金は入金しない方がいいです。

たいていは”一週間以内に入金してくださいね”という感じです。

結婚式場を下見にいく時には一日で数件下見できるようにしておき、その中で希望に添った式ができそうだったり、信頼できる会場を選ぶようにして決めるとあとで内金の事でトラブルになるのを防ぐ事ができます。

まとめ

結婚式場を予約するのは半年から一年くらい前が一般的ですが、人気がある日などは一年以上前から予約しないと抑えられない場合がるので、早めに予約するといいでしょう。
式場の予約は直接するとお得ですが、交渉に自信がなかったり、式場の探し方が判らない方などは結婚式場相談カウンターなどを利用するといいでしょう。
予約の際には内金を求められる事があります。
入金してしまうとキャンセルしたい場合戻ってこないので、十分考えてから支払うようにしましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です