ジューンブライドは結婚式と入籍どっち?費用は変わる?ジンクスは?

結婚式をあげるなら幸せになるための験担ぎもしたい所ですよね。
その代表格とも言えるジューンブライド。
6月に結婚したい!と考える方も多いのではないでしょうか?
しかし、式は6月だけど入籍は別の月にという事で、これって本当はジューンブライドじゃないのかしら?って心配になりますよね?
ジューンブライドって挙式?入籍どっちの事をいうの?
6月に披露宴をしたら費用は変わるの?
ジューンブライド以外に験担ぎってあるの?
そんな御悩みにお答えします!

スポンサードリンク

ジューンブライドは結婚式なの?入籍なの?

そもそもジューンブライドというのは、直訳すると”6月の花嫁”ですよね。

ヨーロッパからの言い伝えで、”6月に結婚すると幸せになる”と言われているのがジューンブライドです。

その為、”幸せになりたい!”という新郎新婦が、じゃあ6月に挙式しましょう!となった訳です。

そもそも日本では6月は梅雨の時期なので、挙式自体は避けられている季節でした。

しかし、”6月に結婚すると幸せになるジューンブライドっていうのがあるらしいよ”というのと、皇太子様や秋篠宮様などが6月に挙式されている事などが後押しになり、梅雨の時期にも関わらず挙式をする方が増えて来ました。

6月に挙式はするけど、入籍自体は年度内に済ませておきたい! もしくは、新婚旅行から帰ってきて落ち着いてからなので、7月以降にずれ込む、、、という方もいますよね。

本来、ヨーロッパの方では挙式の時にサインをしたら結婚したと認められるので、挙式日と婚姻日が違うという事はありません。

日本の場合は役所に届け出て初めて結婚したと認められるので、挙式日が結婚した日とはならない方も多いです。

結婚の届け出には”同居を始めた日”というのを記載する所もあるので、実質的には同居、挙式、入籍の三つがジューンブライドの対象となります(笑)

対外的には”挙式日”が結婚した日として認知される事が多いので、挙式日が6月であれば、ジューンブライドと言って良いでしょう。

しかし、入籍や同居日が6月の場合でも、ジューンブライドには代わりありません。
気持ちの問題だと思うので、3つの内のどれかが6月の場合は自分の中で”ジューンブライド”と思って、幸せを引き寄せましょう!

ジューンブライドだと費用はどうなの? 

先ほども説明したとおり、6月は梅雨の時期の為結婚式は避けられる月でした。

売り上げが落ちる事に頭を悩めたブライダル業界がジューンブライドを推して挙式の数を伸ばして来たとも言われています。

じゃあ6月に式をあげると気候が悪いんだから費用を安くしてくれるんじゃないの?と思いますよね。

ですが、基本的には挙式や披露宴は建物の中で行われるため、雨の季節だからといって値引きするような事はありません。

仏滅など御日柄の良くない日などは値引きしている所もあるかも知れませんが、6月だからといって値引きすると言う事は特にありません。

雨が降ると言う事に関しても建物内で行うものなので、特になにか対策していると言う事もない所が多いのではないでしょうか。


スポンサードリンク

ジューンブライドのジンクス 更になにかできる? 

ジューンブライドのジンクスは 六月に花嫁になると幸せになれるというものです。

ジューンブライドで験担ぎを! という方であれば、他にもなにか幸せになる為の験担ぎ
ってあるの?と気になるところですよね。

ありますよ!!
それは サムシングフォーと呼ばれるものです。

詳しく紹介していきましょう!

  • サムシングオールド(なにか古いもの) 
  • サムシングニュー(なにか新しいもの)
  • サムシングボロウ(なにか借りたもの)
  • サムシングブルー(なにか青いもの)

以上四つの”なにか”を身につけよう!と言う物です。

家に伝わるジュエリーなどを身につけるとサムシングオールドになります。

披露宴で着るドレスの新しいベールや手袋など新調した物を身につけるとサムシングニューになります。

仲のいいお友達からドレスを借りたり、ハンカチを借りたりするとサムシングボロウになります。

身につけるジュエリーの一部に青い色の石を使っているものを付けるとサムシングブルーになります。

私はブーケを作ったりしますが、サムシングブルーを意識して、青系の小花を入れたり、真っ白のブーケを作る場合などは新婦さんの手元になるリボンの部分を青系のリボンにするなど、目立たないながらも一個か二個でも青を入れるようにしています。

まとめ

ジューンブライドは挙式した日という考えが多いですが、入籍した日と捉えても問題ありません。
ジューンブライドだからといって特に挙式費用に変化はないようです。
ジューンブライド以外の験担ぎとしてはサムシングフォーというのがあります。
験担ぎで幸せを引き寄せてみましょう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です