二次会の会費って新郎新婦はだすの?足りない時はどうする?


結婚すると聞きつけた友人が”二次会やろうよ〜 企画してあげるよ 任せてっ!”と言ってくれると”ありがたい〜”と思いますよね。
しかし、”二次会の会費お願いしてもいい?費用足りない分は負担宜しくね”との連絡が、、、
友人主催って新郎新婦はご招待じゃないの?
会費って必要?
足りない分の費用って負担しないと行けないの?
そんなお悩みにお答えします!

スポンサードリンク

二次会の会費 新郎新婦は払うの? 

二次会を友人主催で開催する場合、新郎新婦が会費(という名目で)を支払う事はまずありません。

友人が発起人となって二次会を開いてくれる場合、基本的には新郎新婦はご招待という扱いになります。

新郎新婦が友人などに幹事をお願いして二次会を開く事を決めた場合、最終的な決算は新郎新婦がしますので、会費として払う事はありません。

しかし、友人達が発起人となってすべてを仕切ってくれて、ご招待という状況の場合であっても、会費として支払う必要はありませんが、”寸志”としていくらか包んでいくのがいいでしょう。

ご招待とはいっても新郎新婦の為に開いてくれているお祝いの会です。
忙しい思いをして準備してくれた友人達にお礼の意味も込めて自分達の会費だけではなく、幹事などの会費や景品代の一部程度は包んでいくといいのではないでしょうか。

二次会の会費 足りない場合はどうする?

新郎新婦が幹事を決めお願いして行う二次会の場合は、不足分は新郎新婦が払うのがいいでしょう。

友人が主催して行ってくれる二次会の場合、会費に新郎新婦の会費や景品分も上乗せして会費を設定し、会費の中ですべて賄うようにするのが一般的なので、新郎新婦が不足分を支払うという事は少ないです。

会費の中で賄うはずなのに足りなかったというのは、幹事側の運営が上手く行かなかったと判断してもいいのかもしれません。

しかし、ドタキャンする人がいる事を考えていなかったり、ドタキャン分も考慮していたにも関わらず、予想を上回ってしまった、、、という場合があると、会費だけでは賄えなくなってくる場合もあります。

あまり上乗せせず、新郎新婦の会費や景品代を捻出しないといけない幹事さん達はかなり苦労します。

どうしても足りなくて幹事さんが自腹で払ったというケースも多いです。

会費が高いと出席者が少なくなるケースも少なくないです。
食事代にあまり上乗せし過ぎると、上乗せしてる事がばればれで”なんでそんなに余分に払わないといけないの?”と苦情がでたりなど、やりくりはなかなか大変です。

友人主催であっても新郎新婦に対していい印象を持たないゲストも出て来る可能性もあります。

二次会の費用を負担するつもりがあるのであれば、
”費用は大丈夫?””こっちで景品代は持つよ”とか
”○○万円はだすから費用に当ててね”と事前に打ち合わせしておくといいでしょう。

すべて任せて!と言ってくれる幹事さんであればお願いしても問題ありませんが、最終的に赤字にならなかったのか確認し、不足分は支払うなどの気配りは必要ではないでしょうか。


スポンサードリンク

二次会の費用 新郎新婦はだすのが当たり前なの?

二次会の費用が足りない場合、新郎新婦がだすのは普通なの?とちょっと疑問に思うかもしれません。

新郎新婦主催の場合、食費以外の部分は新郎新婦が出すのが一般的です。

しかし、幹事主催の場合はすべて会費から賄うため新郎新婦が費用を負担する事は少ないです。

しかし、一銭も出さないというのはさすがに心苦しいですよね。
費用が不足しているようであれば新郎新婦が負担してもおかしい事ではありません。

いくらでも節約したい!という場合はケーキやシャンパンタワー無料や幹事、新郎新婦の料金が無料などのサービスを行っている所もあります。
できるだけ多くサービスが受けられるよう交渉してみたり、ぎりぎりまで会費を上げるなど臨機応変に対応するといいでしょう。

まとめ

二次会の会費を新郎新婦が払う事は基本的にはありません
しかし、寸志として包んでいく事はあります。
二次会の費用が足りない場合などは新郎新婦が負担する事は少なくありません。
幹事主催といっても幹事に任せっきりにせず、気配りを忘れないようにするといいでしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です