結婚式の二次会招待状は必要?本人からでもいい?メールでもいいの?


披露宴の二次会って結婚式のように招待状って必要?って悩みませんか?
招待するとき詳細の連絡は必要だけど、招待状って必ず必要なの?
招待は新郎新婦本人が行ってもおかしくないの?
メールで招待してもいいの?
そんなお悩みにお答えします!

スポンサードリンク

結婚式の二次会は招待状って必要なの? 

結婚式の二次会の招待状は届く場合と届かない場合があります。

二次会は経費をあまり掛けずに行いたいという事から、往復ハガキなどで招待状を送るケースは少なくなっています。

披露宴の招待状を送る前に詳細が決まっている場合などは、披露宴の招待状と一緒に二次会の案内を送る場合もあります。

最近は二次会などであれば案内はメールやLINEなどで済ませる事が主流になっていて、ハガキで招待状が来なくても気にならないという場合が多いようです。

”二次会の招待状は丁寧にしたい!”
”忘れられると困る”
”出欠をしっかりハガキで確認したい”

という場合は招待状を送るといいでしょう。

 結婚式の二次会 招待状はいつ送るの? 

披露宴の二次会の招待状は基本的には二次会の一ヶ月半から二ヶ月前がいいと言われています。

仕事やプライベートの予定を空けてもらう為には出来るだけ早く連絡をした方がいいです。

結婚式をオンシーズンに行う場合だと早めに連絡をしておかないと他の人の招待を受けてしまっているという可能性もあります。

仕事がシフト勤務の場合だとシフトを組む前、プライベートでは予定を組まれる前に連絡しておくようにするといいでしょう。

 結婚式の二次会 打診メールの内容って? 

披露宴の二次会に出席してもらう為の打診メールは、友人などが中心だと思うので、あまり文面に気を使う必要は無いかもしれません。

かしこまった文章は失礼に当たりませんが、あまりにも馴れ馴れしかったり逆によそよそしい感じにならなければ問題はないでしょう。

ささやかではありますが二次会を開催する事になりました。
是非○○さんにも参加してもらいたいんだけど、予定はどうですか?
という感じでメールなりLINEなりを送ってみるといいでしょう

結婚式の二次会 招待状は本人が送るの? 

披露宴の二次会は幹事が招待状を送るものなのか、新郎新婦が送るものなのか悩みますよね。

招待状を送る場合、新郎新婦が送っても幹事が送っても問題はありません。
幹事にゲストの住所やアドレスを教えてしまうのは個人情報漏洩になるのでオススメできません。

個人情報の関係からいくと二次会の招待は新郎新婦が行った方がいいといえます。

幹事がメールを送っても知らないアドレスからのメールだと”誰?”と開封されないままスルーされてしまう事もあります。

勝手にメールアドレスを幹事に教えてしまうと”勝手に教えないで!”とクレームになる場合もあります。

正式な招待状や招待メールを送る前に打診メールを送るというケースもあります。

今度二次会をするので来てもらえないか?という内容のメールを送るとある程度の人数を確定する事ができます。

最終確認などを幹事にお願いしたい場合は、出席してくれそうな方には幹事から正式な招待メールを送るので、メルアド教えてもいい?と確認してokを貰ってから幹事にお願いするといいでしょう。


スポンサードリンク

結婚式の二次会 招待状はメールでもいいの? 

二次会の招待状はメールで行う事も珍しくなくなって来ています。
探すといろいろなテンプレートが配布されています。
おしゃれな招待状を作りたい場合は活用してみるといいでしょう。

二次会の案内をメールで送る場合の注意点はいくつかあります。

一つ目は先ほども述べましたが、幹事がメールを送る場合は事前に新郎新婦から”幹事から連絡がいきます”と連絡しておく事です。

知らない人からのメールは見ないというだけでなく、着信拒否にしている可能性もあり、そもそも届かないという事もあります。
知らない人からのメールも確認できるようになっているかも聞いておきましょう。

二つ目は一斉送信でいきなり招待はしないことです。

事前に”あとから詳細連絡するから宜しくね”と伝えてある場合,一斉送信は問題ないです。
”一斉送信で失礼します”と一言入れるといいかも知れません。

打診メールもなくいきなり一斉送信で”いついつあるからよければ来てね”というメールが来たらどうでしょう?

やっつけ感満載で、”いかなくてもいいかな?”と思われてしまう可能性もあります。

仲いいと思っていたのに一斉送信で片付けられるような間柄だった?と不快に思う方もいないとはいえません。

とりあえず誘っている、人数合わせで誰にでも声をかけている感がでないよう一斉送信する場合は配慮を忘れないようにしましょう。

まとめ

二次会の招待状はハガキよりもメールなどが主流になって来ているため、メールでも問題ありません。
新郎新婦が送っても幹事が送っても問題ありませんが、個人情報漏洩にならないよう配慮しましょう。
メールは一斉送信でも問題ありませんが、配慮のない一斉送信は欠席の人が増える可能性があります。
事前に個別に打診メールを送り、後で詳細を送る事を話しておくなどしておくといいでしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です