結婚式の二次会幹事は友達?幹事代行は費用の無駄?おすすめはある?


二次会を行う事を決めたのはいいけど、幹事を誰にするのかって悩みますよね。
友人にお願いしないとダメなのかな?代行業者にお願いするってケースもあるらしいけど代行業者ってどうなの?
代行業者にお願いするとなれば費用がかかるし、費用分が余分にかかるって事にはならないの?
そんな御悩みはありませんか?
こちらで解決しておきましょう!

 結婚式の二次会 幹事は友達と業者どっちがいいの? 

二次会の幹事って誰に頼むか悩む事が多いですよね。

友人が”まかしとけっ!”と言ってくれる場合はお願いするというケースが多いですが、必ずしも友人にお願いしないといけないという事はありません。

友人に頼もうと思っても、2次会の準備方法が全くわからなかったり、イベントを仕切るの得意な人が近くにいないという事で業者にお願いするという方もいます。

二次会はゲストのみんなで楽しんで欲しいという理由であえて友人などには頼まないというケースもあります。

友人は仕事をもっている場合が殆どなので、幹事というわずらわしい仕事をおしつけるのは申し訳ないと思う方も少なくないです。

二次会は幹事の手腕でいい二次会になる場合もあれば、残念な二次会になる場合もあります。

司会も上手いか下手かによって盛り上がり方に違いが出て来る場合ってありますよね。

プロと友人ではやはり差が出るのもです。
残念な二次会にしたくない!という理由から代行業者にお願いするケースも少なくありません。

友人グループがいくつかある場合など、大人数のグループのみが盛り上がり、数人のグループなどは蚊帳の外で白けムードになってしまうという事も考えられます。

そんな場合、友人であれば”申し少しなんとかするべきだったかな、、、”という結果になってしまう事があっても、プロならではの手腕で皆を楽しませるパーティにしてくれる事もあります。

全員が楽しかった!といってくれるように持って行ってくれるのがわかると、”やはりプロに頼んでよかった!”と思える瞬間ではないでしょうか?

 結婚式の二次会 幹事代行は費用の無駄?  

幹事を置かず代行業者にお願いするとすれば、費用がかかるし、友人にお願いした方が費用が無駄にならずに済むのでは?という気持ちになりますよね。

しかし、友人にお願いしたからといっても費用がかからないというわけではありません。

通常であれば、新郎側新婦側合計で4名に幹事をお願いする事になりますよね。

打ち合わせの飲食代や幹事や司会者などにお礼をするのが一般的です。

新郎新婦が同席して打ち合わせをする事も多いです。
新郎新婦がいるのに割り勘で、、、というわけにも行かないですよね。
幹事さんにはお礼をお渡しするのが一般的です。

打ち合わせの度に食事代を払ったり、手伝ってもらったお礼渡したりすると代行業者に頼むと変わらない金額がかかることなるので、代行業者にお願いしても費用が無駄という事はありません。

幹事さんとの打ち合わせが3回あったとします。

平均で1人一回2500円の費用だとすると、2500X6で45000円

お礼として1人へ5000円だとすると20000円
10000円だとすれば40000円です。

二次会の会費も幹事分は負担する事が多いので、1人6000円だとすると24000円です。

合計すると、109000円ですよね。

もちろん打ち合わせの費用の負担回数や金額によって変わってきますが、10万は負担する必要がある可能性はあります。

代行業者を利用する場合、
1人2500円の負担で30人だとすれば75000円
1人3000円の負担で30人だとすれば90000円
1人3000円の負担で50人だとすれば150000円
という計算になりますよね。

人数によっては代行業者の方が安くすむ場合もあります。
特典分が無料になる事を考えるとさらにお得になるケースもありますよね。

二次会の準備は時間ないし面倒くさい!と幹事の友人に丸投げすると起こられますが、代行業者さんは”おまかせください!”と言ってくれます(笑)

どうせ同じ費用をかけるのであれば、友人に迷惑をかけ、気を使って支払いやお礼をするより、仕事として働いてくれる業者さんにお願いした方が気楽な場合もあります。

その他、これやりたい!とか、これ用意しなきゃ!というものがオプションとしてサービスで付いている場合もあります。
オプションとして付いていると経費が削れる部分もあります。

二次会の内容などもプロならではの企画を提案してくれ、友人にお願いした場合では叶わなかった事も叶えてもらえる場合もあります。

いろいろな業者さんから話しを聞いて検討するといいでしょう。


結婚式の二次会 幹事代行でおすすめってある?

では、代行業者さんのオススメを二つほどご紹介しましょう。

一つ目は”二次会サポーターズ”です。

二次会サポーターズでは

  • 新郎新婦の衣装
  • 撮影 データ編集
  • ウエルカムボード
  • チェキの撮影(フイルム代込み)

などが特典として付いています。

101名以上の場合サービス料は無料なので、大人数で行う場合は利用しない手はありません。

一日三組と限定なので早めに申し込みしてしっかりと特典を受け取りましょう。

二つめは”二次会本舗”です



二次会本舗の面白い所は司会をプロのお笑い芸人が行ってくれるところではないでしょうか?

芸人さんであれば、盛り上げる事はなれています。
顔見知りの芸人さんであれば、ゲストも盛り上がりますよね。

基本プランには30もの特典がある為、余分な費用をほぼ削減する事ができます。

まとめ

結婚式の二次会の幹事は友人が行うものとは限りません。
友人に迷惑を掛けたくないという事でプロにお願いするという方も多いです。
費用は人数に応じてかかりますが、特典が多数付いているので余計な負担がなかったり、友人にお願いすると打ち合わせ代やお礼などの費用が必要になるので、その費用を当てたと思えば決して無駄という事にはまりません。
”迷惑じゃなかったかな?””これしてもらったからなにかお礼を、、、”と悩む事もないので、業者さんにお願いする事を検討してみるのもいいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です