結婚式の二次会幹事は必要?何人いる?新郎側だけでもいい?

ご結婚が決まった皆様 おめでとうございます。
二次会を行う事を決めても、適任者がいない、、、と幹事選びに頭を悩ませていませんか?
幹事ってやっぱりいるよね?
何人いるの?
新郎側の友人だけに幹事をお願いするのってあり?
そんなお悩みにお答えします!

スポンサードリンク

結婚式の二次会 幹事は必要? 

幹事って仲のいい友人が少なかったり、頼める環境になかったり、負担を掛けたくない、、と考えたりすると、自分達でやっちゃおうかな?と考えますよね。

人に頼むのが面倒だったり、苦手だったりすると”自分でやった方が早いし”と思ったりしますよね(笑)

実際に幹事を友人などにお願いせず、新郎新婦が自分達で二次会の準備を行ったという方も少なくありません。

新郎新婦自身が二次会の準備まで手が回るのであれば、幹事はお願いしなくても問題ありません。

自分達でやれないかな?と考え始めると幹事ってどうしても必要なの?と考えるかも知れません。

特に飲み会のような感じで行う二次会の場合、幹事はいなくてもなんとかなります。

ですが、飲み会方式で二次会を行う場合であっても、すべてを新郎新婦が行う事は難しいです。

二次会には新郎新婦は遅れて到着する事も多いですよね。

幹事をお願いしない場合であっても、受付や会計、司会などはお願いしておく必要があります。

自分達が当日はこなせない事や新郎新婦が行うものじゃないんじゃないの?と思うようなものは友人などへお願いするのがいいでしょう。

幹事がいてくれるとありがたい!と感じるのは、色々企画して準備が必要な場合です。

出欠の確認や会場の手配に始まり、どんな事を行うのかを考えたり準備したり、景品やプチギフトなどの買い出しなどやる事は意外に多いですよね。
披露宴の準備と二次会の準備を同時にこなすのは大変です。

出来るだけ幹事をお願いする人を見つけてお願いするといいでしょう。

自分達で二次会の準備をと考える場合、披露宴の準備を早めに済ませ、二次会の準備の時間を確保するなど効率的に動くようにするといいでしょう。

 結婚式の二次会 幹事は何人必要なの?

新郎側から2名新婦側から2名の計4名に幹事をお願いするのが一般的です。

幹事を何人にお願いするかは二次会の内容や規模によります。

少人数の飲み会形式で行う二次会であれば、幹事は1人でもなんとかなります。

人数が多い二次会であれば新郎側と新婦側それぞれ3名づつの計6名でも問題ないでしょう。

 結婚式の二次会 幹事は二人でもいいの? 

どうしても幹事をお願い出来る人が四人もいなくて、なんとか二人だったら引き受けてくれる人が見つかるかもという場合もあるかも知れません。

そんな場合は二人にお願いするといいでしょう。

ゲストの人数にや二次会の内容にもよりますが、小規模の二次会であったり、凝った演出を希望しなければ2人でもなんとかなる場合もあります。

ただし、基本的には二人で幹事をこなすのはかなり大変です。

やる事が多ければ、あまりの大変さに途中で辞退されるという事もないとはいえません。

幹事の人数が少ない場合は、準備が簡単な演出にしたり、新郎新婦が積極的に動くようにするといいでしょう。

いつ頃どんな準備が必要かなどを洗い出し、分担表などを作成したりして、効率よく動けるよう、あとどの位の仕事が残っているかなどを明確にしながら進めるといいでしょう。


スポンサードリンク

結婚式の二次会 幹事は新郎側だけでもいいの? 

二次会の幹事は新郎新婦双方の友人などにお願いするのが一般的です。

しかし、新婦側にはお願いできる人がいない!という事で新郎側の友人のみに幹事をお願いする事もあります。

新郎側のみ幹事をお願いし、友人同士だけで幹事を行う場合、気心が知れているのであまり気を使う事なく進める事もできます。

無理に知らない同士の新郎側新婦側一人づつお願いするよりも、知り合いの新郎側二人にお願いする方がスムーズに進む事が多いです。

注意したい点としては、新郎側の友人という事は男性二人に幹事をお願いするという事になります。

男性二人でも二次会の準備や進行は十分できます。

しかし、男性二人になにもかも任せると細かい所まで気が回らない場合もあります。

女性から見てもう少し配慮が欲しいなあと思われてしまう場合もあります。

女性目線での気配りが欲しい場合などは新婦がフォローすると問題ないでしょう。

まとめ

披露宴の二次会の幹事は、新郎新婦で準備する事が可能であればいなくても問題はありません。
しかし、当日すべてを新郎新婦が仕切る事は無理なので、お手伝いをしてくれる方は確保しておきましょう。
幹事は二次会の規模や内容によっては二人でも問題ありません。
新郎側でお願いした方のみでも問題ありません。

幹事の人数が少なかったり、男性のみの場合は新郎新婦が率先して動くよう心がけるといいでしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です